自己評価が低いと新しいことに挑戦しずらくなる? 3つの高め方

自分の親友になろう

 

自己評価は、生きていく上でとても大事な役割を果たします。高い自己評価は、いろいろな新しい経験に挑戦していくエネルギーとなり、そうした経験が自己評価をさらに高めることにもなるでしょう。一方、自己評価が低いと、どうせ自分は何をやってもだめだと最初からあきらめて、次への一歩が踏み出せないまま、経験を積んで成果を出している人と比較し、自己評価がさらに低くなってしまうかもしれません。

自己評価とは

フランスの精神科医であるクリストフ・アンドレによると、自己評価は
「自分自身についてどう思うか」と、
「他の人からどう見られていると思うか」から成っており、より重要度が高いのは後者の方だといいます。自己評価という言葉から考えると、前者だけじゃないの?後者は他者評価じゃないの?と言いたくなるところですが、「他の人からどう見られているか」ではないことに気づくと、なるほどと思えるでしょう。もちろん、人が自分のことを認めていく過程では、社会的・客観的な評価も影響するでしょうが、それらを自分自身でどう感じ、どう受けとめているかが重要です。

アンドレは、よい自己評価が持てていると、困難な状況にあっても自分を信じて行動ができ、まわりの状況に流されず自分自身でいられると説き、自己評価を高めるための具体的な方法を多数紹介しています。それらを大きく分けると次の3つになります。

1 自分自身との関係を改善する
2 他人との関係を改善する
3 行動の仕方を改善する

自分自身との関係をよくするために

ここでは自分自身との関係を改善するための具体的な方法を、いくつか紹介しましょう。

●自分を受け入れる
自分を受け入れるというのは、本当は自分に問題があるとか、不安だと薄々感じている時に、否定せず「そうだ」とそのまま認めることです。ここで重要なのは、問題があるから仕方ないとあきらめるのでなく、問題があることをしっかりと見据えて、今後変わっていくことに結びつけるという点です。

●自分を批判しない
自分の悪いところや足りないところを反省しすぎて、やる気を失ってしまうようでは意味がありません。自分を批判しないために、事実とそれに対する解釈を区別して考えます。例えば、相手に挨拶されなかった時、自分が嫌われている、などと直線的に考えないことです。また、自分の中で真っ先に浮かんでくる否定的な言葉を使わず、もっと肯定的な言葉を探してみましょう。

●劣等感とたたかう
人は何かしら、自分が他人より劣っていると思う点(劣等感)を持ちながら生きています。劣等感を完全に消すことはできなくても、適度にコントロールすることで楽になれるはずです。この劣等感とたたかうには、次のようなアプローチが考えられます。ひとりで行うのが難しい場合は、カウンセリングを利用してみるのも手でしょう。

・ 劣等感を持つに至った原因(両親、教育、人間関係など)について考えてみる。
・ 気にしなくても大丈夫という、他人からの客観的な意見を素直に聞き入れる。
・ 劣等感も含めた、より大きい視点から自分を見つめ直してみる。

以上のような実践によって、自分との関係を改善するだけでも、かなりの効果が期待できます。こうした自分との関係改善の最終的なイメージは、親友に接するように自分に接することです。時には自分に厳しくしても批判ばかりせず、よく会話をして自分の心に耳を傾け、自分の欠点も受け入れてみましょう。少しずつでも自分と仲良くなれると、いつの間にかよい自己評価が持てて、生きやすくなっているかもしれません。

参考文献:クリストフ・アンドレ『自己評価メソッド-自分とうまくつきあうための心理学』、高野優、紀伊國屋書店、2008年

【執筆】
ピースマインド・イープ 藤縄 理恵子


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

自己評価はあてにならないってこと

会社の後輩が話題のエクササイズビデオをようやく手に入れた。そんなわけで今日は朝から「全身筋肉痛でキツイ」と大騒ぎ。 彼女は入社当時から比べると、明らかに太った。それもそのはず。ランチに行けば、ガッツリとしたメニューを完... 続きを読む

「若いな…」と思う他人の恋愛は?

「運命」や「永遠」を信じている 一日に何度もメールをやり取りする 毎日のようにデートをする 相手の周りの異性にとにかく嫉妬 相手... 続きを読む

恋人ができたら真っ先にしたいこと

外でデート 相手の部屋に行く 頻繁なメール交換 プリクラ撮影 その他 6... 続きを読む

ツボで解消!まぶたのたるみを即改善メソッド

上まぶた、下まぶた、どちらもたるんでいると老けて見られるし、何より見た目が最悪だと感じている女性も多いでしょう。そこで即効解消、まぶたのたるみに期待できるツボ押しを紹介します。ツボで解消!まぶたのたるみを即改善メソッド きゅうごという目... 続きを読む

自己効力感とは? 新たなチャレンジには自分の力を信じる力が必要

自己効力感とは、心理学者アルバート・バンデューラによって提唱された心理学用語で、自己に対する信頼感や有能感のことを言います。人がある行動を起こそうとする時、その行動を自分がどの程度うまく行えそうか、という予測の程度によって、その後の行動の生... 続きを読む

成功日記で自己評価を高める! 三日坊主にならない日記のつけ方

「嫌なことがあったときは、寝て忘れよう!」という言葉を聞くことがあります。確かに寝ることは、気分を変えるきっかけになります。しかし、実は寝ることだけではなく、寝る前にもつイメージが翌日の行動にとってとても大切なのです。仕事や外で嫌なことがあ... 続きを読む

苦しみから抜け出すヒント-自分自身を否定せず優しく受け止める

2009年が始まりました。皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?世界金融危機に伴う、痛ましいニュースが連日報道されています。確かと思われていたものが揺らぎ、世の中が混乱のさなかにあります。今の社会情勢のみに限らず、到底解決できないと思える... 続きを読む

深い悲しみから立ち直る方法とは-カウンセラーが教える心の対処法

誰でも、悲しみに出会いたい人はいないでしょう。私達は、明日もいつもと同じ日常がやって来る、と信じて生活をしています。けれど残念な事に、人は突然悲しい出来事に襲われる時があります。それは、なんの前ぶれもなくやってきます。その出来事のあまりの... 続きを読む

彼氏の両親に挨拶する際、やっておいて間違いないことランキング

ナチュラルメイクをしていく 手土産を持参する 上品で清楚なワンピースを着ていく 匂いがきつすぎる香水はつけていかない 派手すぎる... 続きを読む

あなたは自分のことが好きですか

“自分”を認めてあげれば“カラダ”も“周り(他人)”も応えてくれる 昨年のこの時期、月イチ連載としてスタートした『オグラ式 恋するダイエット』。 そのもととなるのが、多くのモデルやタレントに支持されてきたオグラ式... 続きを読む