人生の決断に迷ったら-まずはメリットとデメリットを紙に書き出して

自分の価値観を意識して

 

私たちは毎日様々な選択をしながら生活をしています。

今日のランチはAランチにしようか、Bランチにしようか。
この靴とあの靴、どちらを履こうか。
などなど・・・。

誰しも経験のあることではないでしょうか。このように、そんなに悩まずパパッと決められるような日々の生活上での選択ならばいいのですが、「AさんとBさんのどちらとお付き合いをしようか」「A社とB社、どちらに入社しよう・・・」などという人生に深く関わるような選択の場合は、当然ながらなかなか決断できないものです。

書き出すことで整理整頓

 決断が難しい場合、皆さんはどのような方法で選択をしているのでしょうか。昔からよく使われる方法に、紙にそれぞれを選んだ時と選ばなかった時のメリット・デメリットを書き出してみる、というものがあります。皆さんも、何かを選択するときは、頭の中ではあれこれ考えるかと思いますが、ここではただ頭で考えるだけではなく、紙に書き出すという作業がポイントになります。書き出すことで、考えていることを視覚で捕らえることができ、選択肢についての考えをより明確に整理することができるからです。例えば、単純に、どちらのメリットが多いのか、少ないのか、などの数量的なことも一目でわかりますね。

自分を知るチャンス

書き出されたメリット・デメリットは、ご自身の大切に思われていることであり、また反対に、ご自身にとって受入れたくないことだという認識が、特に重要です。それらはご自身にとっての価値観だと思いますが、紙に書き出し、一旦頭の外に出して、再度視覚から自分に取り入れることによって、「ああ、私は、仕事に対してこういったことを求めているんだな」などと意識でき、新しい自分を知る大切な機会にもなり得るのです。

忙しい日常生活の中では、立ち止まってゆっくり考えることは少ないですが、時にはしっかり立ち止まり、じっくり悩み選択してみることも大切です。
そして、もしも一度決断したことについて後悔を感じ始めてしまったときには、じっくりと悩んでいたときのことを思い出してみてください。そのときのメリットとデメリットは何だったのか。そのときのご自身は、何に重きを置いていたのか。自分の価値観を再認することで、後悔から抜け出すヒントを得られるかもしれません。

【執筆】
ピースマインド・イープ 鈴木 麻美


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム