ストレスや疲労には食生活の見直しが有効? 「食」と「こころ」の関係

食習慣の改善でこころ元気に!

 

あなたの周りにはすぐキレる人はいませんか?あるいはあなた自身、どうも最近イライラしやすいとかやる気が出ない、と思うことはありませんか?原因はその人の性格や、抱えているストレス、疲労などいろいろと考えられますが、実は「食べ物」が大きく関係しているかもしれません。
メンタル不調という言葉が身近になり、ストレス対処などメンタルケアの方法も少しずつ浸透してきました。よく休養をとる、うまく気分転換や発散をする、自分を癒すなど、意識して取り組む人が増えています。いずれも有効な方法ですが、意外に見落とされがちなのが「食生活の見直し」です。

こころは食べ物でできている?

私たちの“心”、すなわち“脳”は、胃腸や心臓のように身体の臓器のひとつです。一般成人の脳は、全体重の2%ほどの重さしかないのですが、全身で使うエネルギーの約20%を消費しているそうです。脳細胞というのは、身体と同様に食べ物の影響を受けやすく、栄養バランスが悪いとこころの健康維持が難しくなります。脳の神経伝達物質の変化が、うつ病の原因のひとつであることは知られるようになりましたが、このような精神疾患を栄養療法で治療する方法があります。
では、どのような食生活を心掛けたらよいのでしょうか。できるだけ添加物を避け、多くの食材をバランスよく食べることが第一ですが、ほかにも特に注意しておきたいポイントをご紹介します。

甘いものにご用心

疲れたとき、特に頭を使ったなというとき、甘いものが欲しくなる人が多いのではないでしょうか。確かに脳の主なエネルギー源は糖質=血液中のブドウ糖です。血糖値を一定に保つことが脳のエネルギーを維持することにつながります。ところが、急激に血糖値が上昇すると血糖値を下げるインスリンが多量に分泌されます。すると急激な低血糖状態となり、今度は血糖値を上げるアドレナリン・ノルアドレナリンが分泌されるのです。このアドレナリン等が分泌されるときは動悸やイライラを伴いやすく、このような血糖値のアップダウンが精神的な不安定を招きます。
血糖値の調節に障害が起きると、疲労感、脱力感、不安感、憂鬱気分などにつながることがあるので、甘いものの摂取の仕方には要注意が必要です。特に、精製された糖質=白砂糖、白米などは吸収が早く急激に血糖値を上げます。もしスイーツを食べたいときは、食後にとること。朝食に菓子パンを食べるなど、空腹時の糖質摂取は避けましょう。

たんぱく質をしっかり摂ろう

たんぱく質は身体をつくる主原料であると同時に、脳の神経伝達物質の合成にも欠かせない、重要な栄養素です。また、血糖値の急激な上昇、下降を防ぎます。ダイエット中の人はたんぱく質というと植物性たんぱく質を摂取する傾向がありますが、吸収効率のよい動物性たんぱく質が不足しないように注意しましょう。
このほか、ビタミンやミネラルも脳にとって重要な栄養素です。ストレスにさらされるとたんぱく質やビタミンは大量に消費されますので、常に摂取を心掛けましょう。

「食べる」ことは単に栄養素を補給するだけではありません。人と語りあう、料理を通じて家族への愛情を表現する、感謝するなど、「食べる」ことは様々なかたちでこころの豊かさにつながります。
あまりの忙しさで、ついおろそかになってしまう食生活。ちょっと見直してみませんか?

参考文献:
・溝口 徹著『「脳の栄養不足」が老化を早める』青春出版社、2009年
・笠井奈津子著『~子供の「できない」を「できる」に変える~子育て食事セラピー』河出書房新社、2010年

【執筆】
ピースマインド・イープ 津田 るみ


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

オーソモレキュラー


「栄養療法」「分子整合栄養医学」などと訳される「オーソモレキュラー療法」。簡単にいうと、適切な栄養補給で病気や不調を治す治療法です。血液検査から診断した状態に合わせ、栄養の摂り方を医師が指導します。
「細胞は摂った栄養で作られますが、... 続きを読む

ダイエットにどうしてたんぱく質が必要?

たんぱく質が不足するとダイエットは失敗する! かつては「たんぱく質を多く摂ると太る」と敬遠されがちだった肉や魚、乳製品などですが、ここ数年は「たんぱく質をきちんと摂らないと、きれいにやせない」ということが分かり、にわかに脚光を... 続きを読む

糖質を抑えたい人におすすめ! 白米の代用になるヘルシー食材とは?

LAで人気上昇中。炭水化物抜きダイエットを強力サポートする低カロリー食材。 満腹感もあり白米の代用になるという、その活用法やレシピをご紹介します。 ご飯並みの満足感が得られる 新ヘルシーフード 炭水化物抜き、糖質オフ、グルテンフリー、低... 続きを読む

やせるためには欠かせない!たんぱく質ダイエットレシピ

「ダイエットするなら食事の量を減らすのが一番!」「ダイエットするならお肉や魚は厳禁!」なんて言っている人、いませんか?
以前はダイエットの敵として扱われてきたたんぱく質ですが、最近の研究では必要量を摂... 続きを読む

白砂糖が体に悪いといわれる6つの理由-冷え・老化・イライラを起こす?

健康&美容に百害あって一利なし? 精製された白い砂糖を摂取することによるさまざまな弊害と、白砂糖の替わりに使える調味料を紹介します。 調味料で消費量1位!
精製された砂糖は、健康美容の大敵 甘〜いお菓子は、男女問わずみんな大好き。人生... 続きを読む

女性ホルモンの減少を防ぐ!「植物性エストロゲン」のススメ

コラムニスト&ライターとして活動しているHARAKOです♪エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスによって、排卵や妊娠期間などが決まるのと同時に、お肌や身体の調子も変わってきます。そこで今回は、美肌を作るホルモンとも呼ばれる「エストロ... 続きを読む

スティーブ・ジョブズから学ぶ自分のブランドの確立の仕方とは?

ipodやMacで有名なアップル社のCEO、スティーブ・ジョブズは、その経営手腕のみならず、人の心に深く響くスピーチや言葉の数々においても世界中から評価されています。 彼の言葉には、弱みも強みに変える生き方や一貫したビジョンが反映されていま... 続きを読む

高齢者との付き合い方-注意する3つのこと|「老い」を受け入れる

総務省発表の「推計人口」*によると、ついに65歳以上の高齢者が日本の総人口の23%、さらに、後期高齢者といわれる75歳以上は11%に達したそうです。まだまだ、と思っていても、自分の親も老いていきますし、すでに高齢者との接し方で困難を感じてい... 続きを読む

健康と美容にはプロテインが必須 ダイエットにメンタルケアに有効

プロテインは女性の心とからだの健康や美容にも必要不可欠。 現代人、特に女性の食生活は、プロテインが不足ぎみ。プロテインの必要性と、その効率的なとり方をご紹介します。 今の食事はプロテインが不足ぎみ! プロテインというと、筋肉質な男性... 続きを読む

冬瓜が血糖値を下げて空腹感を抑える

中性脂肪と血糖値を下げて空腹感を抑える。 トウガンには運動と同じダイエット効果がある ●解説してくれる人 医療法人社団延山会理事長・医師・医学博士/岩本 光存欣(みつあき) 先生 ●先生のプロフィール な... 続きを読む