辞めたいけど辞められないを卒業するには?三日坊主にならない方法

三日坊主を乗り越え、なりたい自分を目指そう

 

「やめたい」と思った習慣や行動をすぐにやめることができますか?「朝寝坊をやめて朝活の時間を作ろう」「間食をやめてダイエットしよう」「今年こそは無駄遣いはやめよう」などと目標に掲げる人も多いでしょう。しかし、固く心に誓った目標だったはずが、誘惑に負けてつい二度寝してしまったり、甘いものに手が伸びてしまってあっけなく挫折したことはありませんか?そんな自分の意志の弱さにうんざりした経験がある人は決して少なくないと思います。このように、やめたくてもやめられない習慣は、もしかしたら“やめ方”を見直すとうまくいくかもしれません。今回は、三日坊主を乗り越えて目標を達成するためのヒントをお伝えします。

メリットとデメリットを洗い出そう!

そもそも、ある習慣を「やめたい!」と思うのは、その習慣をやめることによって自分に利益があると考えるからです。そこで、まずはその習慣をやめることで生じるメリットとデメリットを書き出してみましょう。

例:“間食をする習慣”をやめる
・メリット→「着たいデザインの服が着られる」など
・デメリット→「休憩時間に口が寂しくなる」など

ポイントはできるだけ具体的に思いつく限り書くこと。そうすると、自分で考えていたよりももっと大きなメリットがあることや、案外簡単に乗り越えられそうなデメリットかもという発見ができ、その習慣をやめる価値を把握できます。また、目標が明確になることでモチベーションアップにつながり、誘惑に負けそうになったときの回避策を考える材料にもすることができます。

簡単な目標から設定し、達成できたらご褒美を!

まずは“変えやすい習慣”から変えてみましょう。変えやすい習慣とは、変える前と後の違いが少ない習慣のことです。例えば、ほとんど運動をしたことがない人が、いきなり早朝ランニングを習慣にしようとするのは大幅な習慣の変化です。強い意志で始めたとしても、疲労や天候不良をきっかけに休んでしまいそのままずるずるやめてしまうなど、継続が難しい要因が多くなるでしょう。それなら例えば、最寄りの駅ではエスカレーターを使わず階段を歩く、というのはどうでしょう。これならあまり苦労せずに取り組めるかもしれません。このように思い切った決断や過度な努力をせず、小さな目標を1つずつクリアしていくことが大切です。また、目標が決まったら期限を設けましょう。期限も長くて1ヶ月程度に設定し、達成できたら自分にご褒美をあげる仕組みにすることがポイントです。達成の喜びが倍増すると、モチベーションアップにつながり、次のステップが踏み出しやすくなるのです。

一緒に頑張る仲間をみつけよう!

同じ目標を持つ仲間と取り組むことも効果があります。めげそうになったとき、頑張っている仲間の姿をみて自分も頑張ろうと思えたり、また同様に自分の頑張りも仲間の行動に影響するので、一人で頑張るよりも家族や仲間のサポートがあったほうが、うまくいく確率が高まります。

“やめたいことをやめる”メリットは、「自分の望んだ行動習慣が手に入る」ということだけではありません。「それを達成した自分に自信が持てるようになる」ということも、大きな力となるでしょう。一度「自分はできる」という経験ができた人は、「自分はもっとできる」と考えることができ、次の新しいスタートが切りやすくなります。
もう一度“やめたいことをやめる”にチャレンジして、なりたい自分を目指してみませんか?

参考:島井 哲志『「やめられない」心理学』集英社新書、2008年

【執筆】
ピースマインド・イープ 松野 さおり


■ピースマインド・イープ株式会社
高度な専門性を活かしたメンタルヘルス関連サービスを提供。日本最大級のオンラインによる心理カウンセリングサービスを提供するほか、オフラインでも直営カウンセリングルームを全国展開し、数多くの方々のメンタルケアを支援しています。人間関係、仕事・キャリア、家族・夫婦、育児・教育など、誰しもが抱える悩みやストレスについて、専任のカウンセラー(臨床心理士・精神保健福祉士等)がお応えします。

・カウンセリングとは
//health.goo.ne.jp/mental/read/index.html
・健康用語
//health.goo.ne.jp/mental/yougo/index.html

その他のメンタルヘルスコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧