【ツイントース】ついんとーす

 ツイントースはミネラルの吸収を助ける新機能成分。たとえばカルシウムとツイントースを一緒に摂ると、カルシウムの吸収率が1.4倍に、体内キープ力が6.2倍にアップします。同様に鉄や亜鉛などの吸収率もアップ。野菜のチコリの根から作られる天然由来の成分です。

女性のカルシウム不足は特に深刻

 さて、ツイントースの説明に入る前に、ちょっとミネラルについて話をしましょう。

 ミネラルとは、タンパク質やビタミンとともに5大栄養素に数えられる大切な栄養素。体をうまく機能させていくための根本的な役割を果たしています。

 たとえばカルシウムが骨や歯を作り、鉄が赤血球に含まれている酸素を体中に運んでいること、亜鉛が細胞の生まれかわりに関係していることは、きっと御存知ですよね。

 でも日本人にもっとも不足しているのが、このミネラルだということを知っていましたか。

 下のグラフを見て下さい。栄養過剰や肥満が問題になっている現代でも、カルシウム、鉄、亜鉛は全く足りていないのです。これは体にとって深刻な問題です。

 カルシウムの不足は、骨がスカスカになる骨粗しょう症を招きます。女性は特にホルモンの関係から、50歳以上の実に4人に1人が骨粗しょう症にかかっているといわれています。また最近心配されているのが、骨粗しょう症の若年化で、ダイエットや偏食、インスタント食品の多用で、必要な分のカルシウム摂取ができていないのです。

 さらには子供達。骨や体を作るカルシウムの不足は、成長にも影響してきます。
 鉄も女性に不足しやすいもの。女性には生理があり、毎月のように大量の鉄分が失われていきます。鉄が不足すれば、貧血を起こしますからね。
 どうですか、ミネラルの大切さがわかりましたか。

 

ミネラルの吸収をアップさせる

 そのミネラルは、どうして不足してしまうのでしょうか。

 カルシウムや鉄などのミネラルがなかなか摂れない理由に、食物として摂っても体内に吸収されにくいという特性があります。例えばカルシウムを摂るために牛乳を飲んでも、約50%しか吸収されないのです。つまり、たくさん摂ったつもりでも十分に摂れていないということ。

 体内に入ったカルシウムなどのミネラルは、胃を通って小腸に入っていきます。その一部が小腸の"タイトジャンクション"という隙間を通って体内へと吸収されるのですが、このタイトジャンクションはとても狭くて、カルシウムもなかなか通ることができないのです。だから吸収されにくくなるのです。
 

そこで、ツイントースの登場です。ツイントースは、腸壁の細胞に信号を送り、タイトジャンクションをググッと押し広げて、カルシウムを通りやすくしてくれるのです。  さらに、大腸でもツイントースは活躍します。大腸内を酸性にして、ここでもカルシウムの吸収を高める手助けをするのです。もちろん鉄、亜鉛、マグネシウムなどに関しても、吸収促進効果が確かめられています。
そう、ミネラルと一緒にツイントースを摂ることが、吸収を高める秘訣です(右グラフ参照)。

カルシウムを溜め丈夫な骨を作る

ところで、ツイントースの働きはこれだけではありません。
カルシウムを体内にしっかりと留めて、骨の形成を助けるということまでやってくれるのです。

 現在、ツイントースはミネラル系サプリメントと併用して摂るように作られています。しかし、ミネラルの吸収をここまで高めるのなら、他の成分の吸収促進にも役立つのではないのか。

 たとえばポリフェノールなどの吸収もアップできないか? 他にももっと素晴らしい機能を持っているのでは? そんな研究も始まっています。

 ツイントースはこれから期待の新成分。是非、覚えておいてくださいね。 (富田響子さんと岡島貴子さんのお話をもとに構成しました)

富田響子さんと薬剤師の資格も持つ岡島貴子さん ファンケル中央研究所の担当
カルシウム不足に悩む女性の代表として、日夜ツイントースの機能を追究する。