【オルニチン】おるにちん

 オルニチンと言われて「聞いたことがあるわ」と思った人はかなりの健康情報通に違いありません。オルニチンは、最近登場してきた期待のニューフェイス。すでにサプリメント先進国アメリカでは実績をあげ、広く親しまれています。日本では2002年に食品として使用可能となり、オルニチン研究の第一人者である神谷駿一所長も「30代からの若く元気でキレイでいたいという人の強い味方になってくれるでしょう」と太鼓判を押します。
 

オルニチンの主な働きは・成長ホルモンを分泌させる→筋肉を作り、基礎代謝を高め、体脂肪を分解・細胞分裂を活発にする→肌の新陳代謝が促進・肝臓の解毒作用を高める→アンモニアを分解し二日酔いを解消-などが挙げられます。


体全体に働く個性派アミノ酸

 ところで、オルニチンって、何なのでしょうか。まずここからお話ししていきましょう。

 オルニチンはアミノ酸の仲間で“遊離アミノ酸”の一種です。
 私たちの体の血管や内臓、筋肉などの元になるタンパク質を構成しているのがアミノ酸ですが(必須アミノ酸9種類と非必須アミノ酸11種類)、これらとは別に遊離アミノ酸といって、脂肪内や血中などを巡りながら、必要なときすぐに働けるように準備しているアミノ酸があります。オルニチンもこの遊離アミノ酸の一種で全身にくまなく存在し、その働きは多岐に亘ります。では、その働きを詳しくみていきましょう。


●筋肉を作れば、脂肪は燃える
 オルニチンの働きでまず注目したいのが、成長ホルモンの分泌を促進させること。
「オルニチンは、脳の視床下部に働きかけて、成長ホルモンを分泌させます。そしてこの成長ホルモンが、筋肉づくりに大きく関わっているのです。」(神谷所長)
 つまりオルニチンは、成長ホルモンを分泌させて、体に筋肉をつけます。筋肉量が増えれば基礎代謝も高くなり、その結果、脂肪燃焼のよい体にしてくれるのです。また成長ホルモンは脂肪細胞に働きかけて脂肪を分解する作用を持つことが知られています。運動で筋肉をつけるにはかなりハードに鍛えなければなりませんが、オルニチンを摂取し、成長ホルモンを分泌させることで、効率的な筋肉作りが出来るものと期待されます。
 私たちは、30代を過ぎる頃から、筋力が低下し、さらに成長ホルモンの分泌も減少するという悪循環に陥り、痩せにくい体質になっていたのです。

ダイエット、美肌、お酒飲みにお薦め

●シミやシワも改善
 続いてのオルニチンの働きは、細胞分裂を活発にすること。「オルニチンは体内で“ポリアミン”という物質に変わり、肌の新陳代謝を促します」(神谷所長)。
 肌の代謝をよくするオルニチンは、美肌のためにも強い味方になってくれるようです。さらにまた、細胞分裂が活発になれば、肌に限らず爪や髪の毛も元気になるし、腸や血液など体内の免疫系も強化されて、免疫機能もアップします。


●肝臓の解毒作用
 肝臓でのアンモニアの解毒にもオルニチンが働いています。飲み過ぎ、食べ過ぎの肝臓にもオルニチンは活躍しています。

 さてこんなに働いてくれるオルニチンですが、食物から摂取するのは、とても難しい。「シジミにオルニチンが含まれていることはよく知られていますが、シジミでオルニチンを補おうとすると、大量に食べなければなりません」(神谷所長)。

 そこでサプリメントの出番となるのですが、摂り過ぎによる副作用はないのでしょうか。 「蓄積していくものではないので、毎日数グラム程度の摂取では過剰摂取の心配はありません。むしろ、補給後は身体に利用されて減っていくものですから、毎日継続的に補い続けることが大事です。」(神谷所長)


神谷俊一先生
協和発酵ヘルスケア研究所所長。農学博士。東京大学農学系大学院博士課程終了。
アミノ酸のスペシャリストで、特にオルニチン研究の第一人者。