【HRT】えっち・あーる・てぃー

 [HRT]とは耳慣れないコトバかもしれませんが、Hormone Replacement Therapyの頭文字をとった略語で「ホルモン補充療法」のことです。
「結論からいうと、閉経期(通常45~55歳)を迎え、女性ホルモン、とくにエストロゲンの分泌量の著しい低下に伴う更年期症状を緩和・軽減するためのもっとも有効な治療法です。
 また、更年期以降のQOL(生活の質)を維持向上する目的にも対応するものです。30代や40代前半の女性でも、卵巣機能の低下により更年期と似たような症状に悩んでいる方に勧める(基本的には低容量ピルを考慮)こともあります」(加藤季子先生)
 ホルモンについての理解や認識が進まない日本では、未だ普及していませんが、欧米ではサプリメント感覚でもっと気軽に使われているようです。

シワ・性交痛・骨密度まで改善

 女性ホルモン(主にエストロゲン)の分泌は30歳頃をピークに減り始め、閉経期になると急激に低下します。(下図参照)
「エストロゲンは、脳中枢にある視床下部から分泌される性腺刺激ホルモンの指令によって、卵巣から分泌されます。
 ところが、閉経期になると卵巣機能が衰えて指令どおりに分泌できなくなり、性腺刺激ホルモンはオーバーヒート状態になります。これが自律神経の乱れやホルモン系のアンバランスを招き、さまざまな更年期症状を引き起こします」(加藤先生)
 おもな症状とその自己チェックは右の表の通りですが、もし51点以上なら要・治療レベルとみなされます。そこでエストロゲンを補充して症状を改善しようというのがHRTです。
 原因は、エストロゲン分泌量の減少とはっきりしているので、その補充は理にかなっており、有効性はきわめて高いわけです。  そのほかエストロゲンの分泌量低下が引き起こす問題は——
● 骨量・骨密度が低下して骨粗しょう症を起こしやすくなる
● 肥満、高脂血症、動脈硬化のリスクが高まる
● 皮脂量や皮下組織が維持しにくくなってシワが出やすくなる
● 粘膜、とくに膣粘膜が乾燥しやすくなり性交痛が常態になる

 「HRTはそうした女性特有のQOLの低下を間違いなく改善してくれます。性交痛による“できない・しない”は、個々人の感性や価値観にも左右されますが、パートナーとの関係も含めて女性の性意識や性生活を制限的、閉鎖的に変化させてしまうことは否めません。HRTによる解決を、考慮しても良いのではないでしょうか」(加藤先生)

大腸がん・子宮体がんを減らす

 HRTは、女性の強い味方のはずですが、日本人にはホルモンは怖いという偏見があります。
「加えて、乳がんを誘発するのでは?という不安が広まっているようです。かつてアメリカで、通常は検診により400人に1人の割合で乳がんが見つかるところが、HRTを受けた人では1.25人に増えたというデータが発表されたことがあります。これが不安に火をつけたのですが、最近の日本女性のデータでは、乳がんは増加しないと報告されています。むしろHRTは大腸がん、子宮体がんを減らすという報告もあります」(加藤先生)
 また、異物を体内に入れることになるのでは?という不安についても、エストロゲンはもともと体内にあったもので、異物には当たりません。また、補充の当初は子宮出血や乳房の張りがみられますが、これはホルモン補充によるいわば自然現象で、副作用には当たらないそうです。
「一口にホルモン補充といっても、受ける人の状態や希望に応じて投与量・方法はさまざまです。気軽な健康維持法として、少量を長期的に続けることも、もちろんできます。閉経期、および閉経後の30年以上もの人生を女性ホルモン抜きで過ごすのか、女性ホルモンを補充しつつ健康な生き生きライフを目指すのか、選択できることだけは認識してほしいと思います」(加藤先生)

女性ホルモンのピークは30歳前後。性周期や乳腺の維持、お肌のはりと艶など、女性らしさの根源であったエストロゲンは40代から急激に減少します。


加藤季子先生
九州大学医学部卒。都立築地産院医長、愛育病院医長(婦人科、思春期外来担当)を経て、05年に東京・月島にアイル女性クリニックを開業。著書に『ワーキングマタニティ』(主婦の友社)など多数。