【乳酸菌】にゅうさんきん

 ヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌。腸の環境を整える菌として知られていますが、最近ではほかにもたくさんの効果が あることがわかってきました。
花粉症などのアレルギーを改善するのです。
 そもそも、乳酸菌とはどんなものでしょうか。
「 乳酸菌とは、乳糖やブドウ糖といった“糖”を栄養分として、乳酸や酢酸などの“酸”を作る細菌のこと。生息する場所によって動物性、植物性にわけられま す。ヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料など、乳製品で増殖するのが動物性乳酸菌。漬物や味噌といった野菜や豆などの発酵食品に生息するのが、植物性乳酸 菌です」(松生恒夫先生)
 食品で乳酸菌を摂ると、この腸内の乳酸菌が増えたり、活性化したりして、腸内環境が改善されるのです。また、胃炎の原因となるピロリ菌を減少させる こともわかっています。

腸内環境が健康と美容の鍵

 腸内には乳酸菌以外にも多数の菌が生息しています。なんと、100 種類以上、100 兆個。大きくわけると、菌には善玉菌と悪玉菌があり、その細菌バランスのことを“腸内環境”や“腸内細菌フローラ”と呼びます。
「 悪玉菌が多いと、腸内に入ってきた消化物が腸内腐敗を起こします。その毒素で腸の蠕ぜんどう動運動が妨げられ便秘に。また、肌荒れ、ニキビ・吹き出物、化粧のりが悪いといった肌トラブルが起こります。さらに、腸には全身の免疫力をつかさどる機能が備わっているので、疲れやすい、風邪を引きやすいといった不調をも引き起こすのです」(松生先生)
 その悪玉菌を抑える効果を持つのが善玉菌の乳酸菌です。
「 乳酸菌は、ほかの善玉菌を増やしたりして、悪玉菌の活動を抑える働きがあります。腸の運動が活発になるので、便秘や肌トラブルが解消されるんです」 (松生先生)
 しかも、乳酸菌で腸の善玉菌が増えて腸内環境がよくなると、花粉症やアトピーなどのアレルギーも改善されます。
 最近では、腸の健康状態を表す“腸年齢”という言葉が一般的になってきました。腸の若さこそが、健康と美容のポイント。
腸年齢が高いと老化も早いといわれています。乳酸菌が作る「有機酸」は、腸管の新陳代謝を活発にするので、腸を若く保つことができるのです。

乳酸菌の賢い摂り方

 それでは、食品でたくさん乳酸菌を摂れば、腸の乳酸菌も増えるのでしょうか。
「 実は、食品で摂った乳酸菌がそのまま腸の乳酸菌になるわけではありません。食品で摂った乳酸菌はほとんどが胃酸で死んでしまいます。でも、それが腸 にいる乳酸菌やほかの善玉菌のエサになるのです。結果的に善玉菌を増やしたり、腸の働きを活発にして腸内環境の改善につながります」(松生先生)
 では、動物性と植物性、どちらが体にいいですか?
「 両方をバランスよく摂ることが大切です。乳製品ばかり食べると、脂質の取りすぎが気になる人も。また、漬物や味噌ばかりをたくさん摂ると塩分の摂り すぎが心配です」(松生先生)
 ここでちょっと、女性にとってうれしいニュースが。乳酸菌飲料と大豆製品(大豆イソフラボン)を幼い頃からよく摂ってきた女性は、乳がん発症のリスクが低いということが乳がんシンポジウムで発表されました。
東大と京大の共同研究で、40~55 歳の乳がん患者306 名と、乳がんのない女性662人を比較したもの。小学校高学年の頃から現在まで乳酸菌飲料を週4日以上摂取していた女性は、週3日以下の女性に比べて乳がんになっている率が34%も低かったのです。
 腸内細菌がイソフラボンの代謝に好影響を与える可能性があることもわかっています。
「 まだ一部の研究段階で、がん予防の効果は未知数ですが、乳酸菌の摂取を習慣にするのはとてもいいこと。乳酸菌を継続的に摂ることで腸内環境が改善されます。乳酸菌飲料も漬物も、美味しく食べることが継続のポイントですよ」(松生先生)

お話を伺った先生/松生恒夫先生
医学博士。東京都立川市で便秘外来を開設している、松生クリニックの院長。日本大腸肛門病学会専門医。『腸がスッキリきれいになる本』(法研 1,365円)ほか、大腸や健康についての著書多数。テレビ出演も多い。

左:コップ1杯あたりに植物性乳酸菌が100億個も。ヨーグルトテイストですっきりさわやかな乳酸菌入り飲料。植物性原料だからコレステロール0 mg。カロリーオフ設計。「大豆と乳酸菌」750 ml 248 円/キッコーマン

右:乳酸菌シロタ株や、コラーゲン、鉄分など、女性にうれしい成分が入った乳酸菌飲料。「ヤクルトSHEs」80 ml 79 円/ヤクルト