子宮頸がんを予防しよう-5つの病気と5年生存率について

「自分の体は自分で守る」という意識が大切

子宮がん全体の約70〜80%を占める子宮頸がんがなぜ、若い女性に増えているのか。その原因と予防を探る。

原因のひとつと考えられている「ヒトパピローマウイルス」

 子宮がんには、子宮の入り口に発生する「子宮頸がん」と子宮の内膜に発生する「子宮体がん」があります。日本では子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がん全体の約70〜80%を占めています。

 一般的に子宮頸がんは40〜50歳代に多く発生しますが、最近では20歳代の若い女性患者の増加が目立ってきました。子宮頸がんの原因と考えられているのは、セックスによって感染する「ヒトパピローマウイルス」というウイルスです。また、多産などによる物理的な刺激も要因となるため、妊娠・出産の経験が多い人も危険性が高いといわれています。

 子宮頸がんが若年層に広がっている背景には、この10年間における若い女性の性感染症の急増があります。性に対する考え方が欧米化し、若くしてセックスを体験する女性が増えてきたにもかかわらず、わが国の性教育は欧米のようには進んでいません。10〜20歳代の女性には、性感染症や避妊に対する知識が圧倒的に不足しているのが現状です。

 最近、若い女性の「やせすぎ」「鉄欠乏性貧血」の増加などが問題になっていますが、性感染症や子宮頸がんなどの婦人科疾患についても、女性自身が「自分の体は自分で守る」という意識をもつことが重要になってきたようです。

最悪の事態を防ぐために必要なこと

 一般に、がんが発見された場合、その進行度合いを調べるために、さらに詳しい検査が行われます。そして、進行度合いに応じた適切な治療計画を立てるために、表のように0〜IV期という5つの病期(ステージ)に分類されます。

 ここで、表にあげた子宮頸がんの各ステージにおける「5年生存率」をみてみましょう。5年生存率とは、がんが完治したかどうかを判断する目安として国際的に採用されているものです。つまり、治療後5年経っても再発しない場合は完治したと考えてよいというわけです。

 まず、I期の5年生存率をみると、81.8%ときわめて高い数値を示しています。がんというとすぐに死をイメージする人が多いようですが、早期に発見されれば決して恐れる病気ではないということです。ところが、II期になると63.7%、III期では41.1%、進行度合いがいちばん重いIV期では、10.6%にまで下がってしまいます。なお、非常に早期の0期で発見された場合、治療後に再発することは、まずないといわれています。

 がんが、あらゆる病気のなかでもっとも自覚症状の現れにくい疾患であることは、どなたもご存じでしょう。「自分では気づかない」「気づきにくい」がんを早期発見・早期治療するために、そして「気づいたときには手遅れ」という最悪の事態を防ぐためにも、日頃の健康管理のひとつとして定期的な検診を行うことが大切です。

(「子宮・卵巣の病気を防ぐ」高山雅臣編著、法研より)

高山雅臣


東京医科大学名誉教授
東京医科大学大学院卒業。1991年、東京医科大学産科婦人科学主任教授を経て現在に至る。日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会など多数の理事を務める。医学博士、メディカルスキャニング新宿院長。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  9. 9
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  10. 10
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  11. 11
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  12. 12 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  13. 13
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  14. 14
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  16. 16
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  17. 17 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19 女性は痩せる努力より、太らない努力をすべき5つの理由
    女性は痩せる努力より、太らない努力をすべき5つの理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  20. 20 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…

一覧