女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

骨盤底は、女性の腹部臓器を支える重要な部分です。

骨盤底の筋力が弱ると、尿もれなどの不調がおこります。あなたもチェックしてみましょう。

知る人ぞ知る、大事な筋肉

 「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。

 骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
 骨盤底筋は、体の前面にある恥骨、後ろの尾骨の間をつないで、ハンモック状のかたちをしています。人類が二足歩行をはじめた頃から、骨盤の底に腹部臓器の重みがかかるようになり、骨盤底が、それを支える役割を果たすようになりました。
 膀胱、子宮、直腸など、骨盤内臓器を、骨盤底のハンモック状の筋肉群、じん帯など支持組織が協力して、しっかり支えています。そしてそれ以外にも、蓄尿、排尿、排便などに重要な役割をつとめています。排尿などの機能には、神経と筋肉が協調して、高度なはたらきをすることが必要。

 そのため骨盤底は、婦人科のみならず泌尿器科では重要なキーワード。骨盤底を健康に保つことが、QOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)に大きく影響するのです。

肥満、妊娠によって筋肉がゆるむ

 骨盤底がゆるんだり、断裂したりすると、尿もれや性器脱、尿意切迫感など、さまざまな障害がおこります。尿もれは、中年以降の女性に多いとされていますが、若い女性にもおこります。
 さらに性器脱という、ショッキングな症状も。性器脱は、子宮、直腸などの内臓を筋肉が支えられなくなり、体外に出てしまう疾患です。
 いずれの症状も、日常生活に深刻な影響を及ぼすだけに、早くからガードしておきたいものですね。

 骨盤底のゆるみの最も大きな原因は、妊娠や出産。また、肥満による体重の増加や、更年期に女性ホルモンであるエストロゲンが減少すること、加齢によって筋肉が弱まること、などからもゆるみがおこります。

早くから骨盤底ケアを

 骨盤底のゆるみが原因で起こる症状・病気は、骨盤底のどの部分の筋肉群がゆるんだかによって異なります。
   たとえば、恥骨尿道じん帯や尿道を吊っている部分にゆるみや断裂がおこると、尿失禁や便失禁がおこります。症状がすすむと、尿道が脱出する、尿道瘤になります。
 さらに、膣の前壁に障害がおこると、膀胱が支えきれなくなり、排尿困難、頻尿、過活動膀胱などの症状があらわれます。それがすすむと、膀胱が膣から脱出して膀胱瘤になります。仙骨子宮じん帯や、膣の後壁に障害がおきると、排尿障害、過活動膀胱、下腹部痛などの症状があらわれ、子宮脱、直腸脱、小腸脱など性器脱がおこります。

 女性の泌尿器科の多くの疾患は、このような、骨盤底筋の障害によっておこります。その治療は、ハンモック状の筋肉群を修復することがメインです。
 でも、筋肉群に症状があらわれる前に、20~30代から骨盤底のケアを行って、なるべく未然に防ぎたいですね。次回、PART2では、骨盤底を強化する方法をご紹介します。

 私達の生涯のQORは、健康な体を得てこそ、人生の選択肢もひろがります。骨盤底ケアを行って、人生の“底力”もしっかりキープしたいですね。

(「女性泌尿器外来へ行こう」竹山政美ほか著、法研より)

【著者】
竹山政美


健保連・大阪中央病院泌尿器科部長
1979年大阪大学医学部卒業、86年同大学大学院医学研究科博士課程修了。健保連・大阪中央病院泌尿器科勤務。98年「神経・尿失禁外来」(02年「女性のための泌尿器科外来に改名」)を立ち上げ、05年「女性泌尿器科ウロギネセンター」新設。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧