お腹がポッコリしてきた、それは卵巣のう腫かも? その他の症状は?

卵巣は腫瘍ができやすい臓器。しこりや張りを感じたら要注意

「沈黙の臓器」といわれ、病気が進行しないと症状が現れないため見逃しやすい

卵巣腫瘍のほとんどが良性の卵巣のう腫

 卵巣は乳房や子宮と同様に、女性にとって大切な働きをもつ臓器ですが、卵巣が体のどこにあってどんな形で、どんな働きをしているのか、よく知っているという人は少ないのではないでしょうか?

   卵巣は骨盤の中にあって、子宮の両側に一つずつ靭帯(じんたい)でぶら下がっています。健康な状態では親指の先ほどの小さな器官で、子宮から左右に延びた卵管のちょうど下に位置しています。思春期になると卵巣は女性ホルモンを分泌し、毎月排卵をくり返します。言いかえると、毎月細胞分裂をくり返すことになるため、卵巣は体の中で最も腫瘍(しゅよう)ができやすい臓器なのです。

 卵巣にできる腫瘍はさまざまですが、大きく分けて、触ると軟らかい「のう胞性腫瘍(卵巣のう腫)」と硬いこぶのような「充実性腫瘍」とがあり、前者がおよそ9割を占めています。卵巣のう腫のほとんどは良性で、充実性腫瘍には悪性のものが多くみられます。卵巣腫瘍は10代から70代まで幅広い年代の女性がかかるのが特徴で、近年患者数は急激に増加しています。

 ここでは、子宮筋腫(きんしゅ)とならび婦人科領域で最も発生頻度の高い腫瘍である卵巣のう腫を中心に解説します。卵巣のう腫のほとんどが良性といっても、大きくなると内臓を圧迫してさまざまな症状を起こしたり、悪性に変化する場合もあるため、早期発見、早期治療と経過観察が大切です。

症状はおなかのふくらみと膨満(ぼうまん)感

 卵巣のう腫の「のう」とは袋のこと。袋の中に水や粘液、脂などがたまってはれ、どんどん大きくなることがあります。卵巣は「沈黙の臓器」と呼ばれ、腫瘍が小さいうちはほとんど自覚症状がありません。症状が現れたときには、こぶし大(6~7cm)以上に成長していることが多いようです。

 腫瘍が大きくなると下腹部がふくらんでスカートのウエストがきつくなったり、おなかが張ったような感じがしたり、しこりを触れるようになります。また大きくなった卵巣が周囲の臓器を圧迫し、下腹部痛、腰痛、月経痛、頻尿(ひんにょう)、便秘などさまざまな症状を起こします。
 また、腫瘍がある程度の大きさになると、腫瘍の根元がねじれる茎捻転(けいねんてん)を起こし、強い痛みと吐き気などを生じて、緊急手術が必要となることもあります。

 ちょっと太っただけ、便秘のせい、などと見逃されることも多いため、上記のような症状に気づいたら、卵巣腫瘍を念頭に、早めに婦人科を受診しましょう。

 卵巣腫瘍の早期診断には経膣(けいちつ)超音波検査が有効ですが、大きくなったものでは経腹超音波検査のほうが有効な場合もあります。また、腫瘍の種類や周囲の臓器との位置関係などを確認するのにCTやMRI 検査が、腫瘍が良性か悪性かの判断の目安には腫瘍マーカーが用いられますが、最終的な判断は、手術で摘出した腫瘍を顕微鏡で調べる病理検査によって行われます。

良性でも定期的な検査は欠かさずに

 小さなものの場合は、のう腫ではなくて、一時的に生じて自然に消えてしまうのう胞もありますから、良性で自覚症状もない場合は経過観察のみ行いますが、大きくなる場合は、悪性に変化したり、捻転を起こす危険が高まるため手術が必要になります。

 良性で腫瘍の大きさが直径10cm以内なら、腹腔鏡(内視鏡の一種)による手術が可能なことが多く、手術の傷も小さく2日~数日の入院ですみます。しかし、それ以上大きい腫瘍や、癒着があったり悪性が疑われるときには開腹手術が必要になります。

 手術は、腫瘍部分だけを摘出する場合と、卵巣全体を摘出する場合とがあり、腫瘍の大きさや性質、患者さんの年齢や妊娠の希望などを考慮して選択されます。
 たとえば若い人で、これから妊娠したい希望がある場合には腫瘍部分だけを摘出します。閉経後の女性では卵巣全体、または反対側の卵巣もとるなど、患者さんの状況によって異なる手術法を選択できる場合もあるため、自分の希望をはっきり伝えることが大切です。

 しかし、腫瘍が大きく癒着がある場合などでは、卵巣ごと摘出しなければならないこともあります。その場合も、卵巣は1つ摘出しても残った1つが正常に働けば、妊娠は可能です。やむを得ず両側の卵巣を摘出した場合、更年期障害に似た症状が出やすいため、卵巣ホルモン補充療法などを行うこともあります。

 卵巣腫瘍は発見が遅れがちな病気。もう少し早く発見していれば出産も可能だったのに…、卵巣を切除しなくてもすんだのに…、ということにならないために、異常を感じたら婦人科を受診し、腫瘍の有無を確認しておくことが望まれます。

【監修】
丸本百合子先生


百合レディスクリニック院長
産婦人科医師。医学博士。1949年生まれ。東京大学医学部附属病院分院、同愛記念病院勤務を経て、百合レディスクリニック院長。女性が自分の性とからだのことを自分自身で選択するためのテーマでの、講演や著作活動を行っている。主な著書に、『女の子のこころとからだ』(ゆうエージェンシー)、『からだを感じよう』(クレヨンハウス)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

卵巣のう腫ってどんな病気? 良性の場合がほとんど|治療は必要?

卵巣のう腫という病名は、女性ならどこかで聞いたことがあるかもしれません。身近にも卵巣腫瘍の検査や治療を受けた方がいらっしゃるかもしれませんが、実際にはどういう病気なのか、イメージがつかみにくいと思います。
卵巣のう腫はいったいどういう病... 続きを読む

卵巣が若いと妊娠率UP? 卵巣年齢のセルフチェックで確かめよう

卵子を作る元となる細胞がある卵巣は、妊娠の確率を上げるための重要な臓器のひとつです。卵巣は、生活習慣により実際の年齢よりも老けたり、若くなったりすることも。セルフチェックで確かめてみましょう。 卵子の数はどんどん減り続ける! 加齢とと... 続きを読む

卵巣のはたらきとは? 生理とホルモンの関係|卵巣腫瘍について

卵巣は、子宮とともに月経、妊娠、出産にかかわる大変重要な臓器です。(子宮については「子宮―妊娠から出産まで、胎児を育てる部屋」をご参照ください。)子宮の両側に1つずつあり、長さ2~3cm程度、厚さ1cmほど、うずらの卵大ほどの大きさで、子... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。
子宮筋腫は、女性ホルモ... 続きを読む

子宮筋腫ってどんな病気? 筋腫を疑う8つの症状

次のような症状はありませんか?
もし思い当たることがあるようなら、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)かもしれません。 ・健康診断で今まではなかった貧血がわかった ・おなかに圧迫感を感じるようになった ・下腹部にしこりを触れる ・尿が近くなった... 続きを読む

赤ちゃんを欲しい人が妊娠の前にしておくべき7つのこと

春は出会いの季節です。幸せな出会いの先には、妊娠や出産、結婚があるかもしれません。結婚式については詳しく調べていても、妊娠や出産については、何も調べないまま、知らないまま妊娠する人がたくさんいます。
病院で妊娠した女性を診察したときに、... 続きを読む

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む

子宮筋腫の治療について-薬物療法と手術による治療|妊娠はできる?

子宮筋腫が見つかったからといって、必ず治療が必要になるわけではありません。定期的なチェックだけでいい患者さんも多くいらっしゃいます。しかし、症状のために日常生活が損なわれている場合には、積極的に治療を考えるのがいいでしょう。
子宮筋腫... 続きを読む

現代女性に増えている子宮内膜症-つらい生理痛は内膜症かも?

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある子宮内膜のような組織がそれ以外の場所に発生し増殖する病気です。月経で厚くなった子宮内膜がはがれ落ちるとき、内膜組織の一部が卵管を逆流して腹膜や卵巣などに飛び散ることが原因と考えられています。月経に伴って... 続きを読む

子宮内膜症の治療について-低用量ピル・腹腔鏡手術|選択できる治療

月経時の痛みには多くの女性が悩まされていますが、寝込んでしまうほどの強い痛みがあったり、痛みがだんだん強くなっている場合は、子宮内膜症の可能性があります。
子宮の内側は、子宮内膜という粘膜でおおわれています。この粘膜は、卵巣から分泌さ... 続きを読む