やせた、なで肩女性に多い胸郭出口症候群とは?姿勢やPC作業に注意

腕や手指に行く神経の束が血管とともに圧迫される

手指や腕のしびれ、痛み、だるさ、肩こり、肩甲骨周辺の痛みなどがおこる

神経や血管が圧迫されてしびれや痛みが

 腕のしびれやだるさ、痛みのために、電車のつり革につかまっているのがつらいことはありませんか? 逆に、ずっと手を下げていても同じような症状が出ることもあります。こうした痛み、しびれ、だるさは腕だけでなく、首から肩、背中の肩甲骨周辺に現れたり、頭痛や手先のしびれとなって現れることもあります。こういう症状がある場合は、胸郭(きょうかく)出口症候群が疑われます。

 胸郭出口というのは、鎖骨と第一肋骨(ろっこつ)の間のすき間のことで、ここには腕や手指に行く神経の束や血管が通っています。このすき間が狭くなると、神経や血管が圧迫されて、しびれやだるさ、痛みなどの症状がおこります。とくに、やせた、なで肩の人は、もともとこのすき間が狭いため、こうした症状が出やすくなります。また、こういう体形の若い女性は、首や肩を支える筋肉が弱いことから、肩がこりやすい傾向があります。

 ほかに、腕を上げていると手が冷たくなってくる、腕や手指の色が青白くなってくる、首や肩、肩甲骨周辺がうずくように痛むといった症状がある場合も注意が必要です。
 腕や手指のしびれや痛み、手指の色の変化などは、脊椎(せきつい)の病気や肺の腫瘍などでも現れます。また、重症の場合は手術が必要になることもありますので、まずは病院を受診して診断を受けましょう。

悪い姿勢、長時間のパソコン作業は要注意

 胸郭出口症候群によるさまざまな症状は、悪い姿勢を長く続けると、さらに悪化します。長時間デスクワークを続けたときなど、肩こりがひどくなることはよく経験することです。首の筋肉の緊張が長く続いたためです。

 とくに、パソコン作業を行う場合は、頭が上半身よりも前に突き出た姿勢になりがちです。この姿勢を横から見てみると、とてもバランスが悪いことに気づきます。体の前方に重心が偏るのを、首や肩、背中の筋肉が引っ張って支えているわけですから、筋肉の緊張が強く、長く続くことになります。

 長時間のデスクワークを続ける場合は、座る姿勢に注意が必要です。あごだけが前に突き出て重心が前に偏らないように、いすに座るときには、猫背にならないように、あごを引いた姿勢を心がけます。パソコンのキーボードの高さ、書類を置く位置にも気をつけましょう。パソコン作業中は腕が下がった状態なので、1時間に1回は、腕を頭の上に上げたり、首を動かす運動をするようにしてください。

胸郭や肩甲骨などの動きを改善する運動を

 胸郭出口症候群の症状を改善するためには、神経と血管の通り道を広げる必要があります。それには、胸郭、肩甲骨などの位置関係や動きを改善する運動を行います。整形外科やリハビリテーション科で指導を受けるとよいでしょう。

 おすすめなのは、ひじを曲げたまま腕を大きく回す運動です。ひじを体の前に突き出し、腕を大きく回してひじを外へ開きます。そのまま、ひじを下のほうへ回して、再び元の位置に戻します。これを5回、反対回しを5回、毎日仕事の合い間などに行いましょう。このとき、肩甲骨をゆっくり大きく動かすようにすると、肩周辺の筋肉に刺激が伝わってストレッチ効果も大きくなり、胸郭や肩甲骨などの動きの改善につながります。

 このほか、首をゆっくり前→右→うしろ、前→左→うしろと半円に回す運動も有効です。頭の重みで首の筋肉を伸ばすような感覚で行います。これは、仕事中でもできますし、入浴時に肩周辺を温めながら行うと効果的。血行が改善されて、筋肉のコリがほぐれます。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
筒井 廣明先生


昭和大学藤が丘リハビリテーション病院整形外科准教授
昭和大学医学部卒業。医学博士。専門は肩関節外科、肩のスポーツ障害など。日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医。日本肩関節学会幹事、アジア肩関節学会幹事などを務める。著書に『投球障害肩―こう診てこう治せ 整形外科医と理学療法士からのアドバイス』(メジカルビュー社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    無性に○○が食べたい! それは体からのSOS、栄養不足のサインかも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2 お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    お酒を飲まない女性に増えている『非アルコール性脂肪肝炎』その3つの要因
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3 運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    運動をしない女性の健康リスク8つ―運動習慣のある女性は3割以下!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 運動…
  4. 4
    年をとると睡眠時間がどんどん短くなるのはなぜ?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  5. 5 女性ホルモンを増やすには大豆より朝の●●がおすすめ!!
    女性ホルモンを増やすには大豆より『朝のピーナッツ』がおすすめ!!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  7. 7
    食べ過ぎリセット! 食べ過ぎた翌日からできる太らない為の8つの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと うっ…
  8. 8
    立ち上がると目の前がクラクラ…女性に多い起立性低血圧症、8つの改善方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 女性…
  9. 9 簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    簡単にできる栄養バランスのいいお弁当-配分は3:2:1がベスト
    (編集・制作 (株)法研) 手早くできて健康によいお弁当づくりのコツ…
  10. 10
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  11. 11
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  12. 12 女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    女性に多い「まぶたのピクピク」に注意! 目の痙攣は体からのSOS
    ふとした時に起こるまぶたの痙攣。これは、体からのSOSサインです。顔に…
  13. 13 突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    突然の腹痛・吐き気・お腹の張りは腸閉塞(イレウス)かも? 症状と対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14 【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    【急性咽頭炎】を早く治したい時の4つのケア方法─喉の痛み・腫れ・渇き
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  15. 15 『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    『疲れがスッキリ』これをやったら相手に喜ばれる!脚のマッサージのやり方
    (編集・制作 (株)法研) パートナーにやってあげて喜ばれる脚の側面…
  16. 16 ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    ダイエットの近道は塩分を控えること! ストレスフリー減塩のコツ6つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17 いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    いつの間にか眠ってた…これって『睡眠時無呼吸症候群』の危険信号かも
    (編集・制作 (株)法研) 単なる居眠りではすまされない、早期発見・…
  18. 18
    冷凍食品は体に悪いの? 食べていいもの悪いもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    脳を活性化させるには手を動かす! 脳を刺激する手のかんたん体操
    (編集・制作 (株)法研) 手から入った刺激は脳の多くの領域を活性化…
  20. 20 冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    冬の『みかん』は女性に嬉しい栄養がたっぷり! 皮も再利用できるって?
    (編集・制作 (株)法研) おいしくて健康によい。しかも食べやす…

一覧