女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

重症化させないよう定期的に婦人科検診を

痛みの起こり方やその他の症状、月経異常などにも注意が必要

30~40歳代に多い子宮筋腫

 女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。

 子宮筋腫は、女性ホルモンのエストロゲンの働きによって大きくなる良性腫瘍で、できる場所によって次の3つのタイプに分けられます。子宮の筋肉の中で大きくなった「筋層内筋腫」、子宮の外に飛び出した「漿膜下(しょうまくか)筋腫」、子宮内側の粘膜に向かって発育した「粘膜下筋腫」です。

 このうち、下腹部痛を起こしやすいのは、「筋層内筋腫」と「漿膜下筋腫」です。どちらも、筋腫が大きくなるにしたがって周りの臓器を圧迫するため、下腹部痛の原因になります。また、直腸を圧迫すると便秘、膀胱(ぼうこう)を圧迫すると頻尿、神経を圧迫すると腰痛を起こします。
 また、「筋層内筋腫」や「粘膜下筋腫」では、子宮の内腔が変形して月経の出血量が増えます。そのため、貧血になることがあり、どうきや息切れなどの貧血症状を伴うこともあります。

子宮内膜症は月経時の痛みが特徴

 最近増える傾向にある子宮内膜症も、下腹部痛の原因となります。子宮内膜症は、月経ではがれる子宮の内側の粘膜(子宮内膜)、あるいはそれとよく似た組織が子宮以外の場所にできてしまい、エストロゲンの刺激によって増殖する病気です。20歳代から発症することがあり、30歳代前半に最も多くみられます。

 子宮内膜症ができやすいのは、子宮と直腸の間にあるダグラス窩(か)と卵巣で、月経時に子宮内膜と同じように出血します。子宮内であれば体外へ排出されるものが、排出経路がないため体内にたまって、強い痛みを引き起こします。最も多いのは、月経時の下腹部痛や腰痛ですが、約半数は月経時以外の下腹部痛を訴えています。また、ダグラス窩にできた場合は排便痛や性交時痛を起こします。まれに、胸膜や肺、腸管、尿路などに発生すると、月経時に気胸や血痰(けったん)、血尿、下血などの症状があらわれることもあります。

 子宮内膜症は妊娠・出産をきっかけに治ることもありますが、月経を繰り返していると悪化する危険性が高まり、放置すれば進行して不妊の原因にもなります。

 子宮内膜症と似た病気で、30歳代後半に多く発症するのが、子宮内膜が子宮の筋肉にもぐりこむ子宮腺筋症です。月経痛がとても強く、月経後にも痛みが続くことが少なくありません。出産や流産の後など、子宮の筋肉がゆるんだときに起こりやすいという特徴があります。

急激に痛むときは卵巣腫瘍かも

 子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮の異常による痛みは月経に関係する慢性的なもので、痛みのほかに月経異常などの自覚症状がみられます。これに対して、月経とは関係なく、下腹部に急激な痛みが起きた場合は、卵巣腫瘍が疑われます。腫瘍がある程度の大きさになると、腫瘍の根元ががねじれ(茎捻転=けいねんてん)、強烈な痛みを起こすことがあるのです。

 卵巣腫瘍の主な症状は、下腹部痛のほかに腹部膨満感、性器出血、便秘、頻尿などさまざまです。腫瘍が大きくなった場合は、ジーンズやスカートのウエストがきつくなって気づくこともありますが、サイズがかなり大きくなってからでないと症状が出てきにくいため、発見が遅れがちです。卵巣腫瘍には良性、悪性、その中間タイプとさまざまな種類があり、場合によっては卵巣を摘出しなければならなかったり、治療が難しくなることもあります。

 子宮や卵巣の病気は、日常生活での予防が難しいものが少なくありません。重症化させないように、また発見が遅れないように、定期的に婦人科検診を受けましょう。また、異常を感じたら早めに婦人科を受診し、腫瘍などの有無を確認することが大切です。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
百枝 幹雄先生


東京大学医学部産科婦人科学教室 講師
1984年東京大学医学部卒業。医学博士。2004年より東京大学医学部講師、06年より東京大学医学部附属病院女性診療科・産科外来担当副科長。現在、日本産科婦人科学会代議員、日本不妊学会評議員、日本産科婦人科内視鏡学会評議員、エンドメトリオーシス研究会代表幹事。生殖内分泌学を専門として、月経困難症や子宮内膜症の疫学研究班委員や治療薬開発の責任医師を務める。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    これができない人は『垂れ尻』の可能性大!? 20秒筋力チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お尻…
  2. 2
    自己中・プライドが高い・かまってちゃん…面倒な人のかわし方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人間…
  3. 3 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  4. 4
    「なるほど~」が多い人は話を聞いてない? 口ぐせで分かる相手の本音
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 人が…
  5. 5
    あなたのパートナーは大丈夫? 相手のモラハラ度をチェック!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「モ…
  6. 6 飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    飲みたくなくなるかも!? ペットボトルのお茶に入っている意外なもの
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  7. 7
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  8. 8
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  9. 9 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    爪の状態をみればからだの不調が分かる!こんな爪の人は要注意
    (編集・制作 (株)法研) (「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子…
  10. 10
    女性ホルモンを増やす5つのコツ!不調の原因はホルモンの減少かも?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ホル…
  11. 11
    洋菓子を食べすぎると体調が悪くなる!? 困った症状7個
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    老化防止には体幹力が必須!あなたの体幹力を診断
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 動く…
  13. 13
    大豆イソフラボンは納豆1パックに何mg? 毎日どれぐらい摂るといい?
    (編集・制作 (株)法研) 女性の強い味方、大豆・大豆製品を毎日の食…
  14. 14
    カサカサの唇は胃が荒れている?唇の色やトラブルから分かる体のSOS
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 唇が…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  17. 17 【医師が回答!】目の下のクマを治す方法を教えてください
    目の下のクマの原因は寝不足だけじゃない?体調不良のサインとは?
    それは単なる寝不足のせい?それとも重い病気の前ぶれ?クマが出る原因と理…
  18. 18
    骨粗しょう症になる女性とならない女性の差とは?骨粗しょう症の予防法
    (編集・制作 (株)法研) 閉経前後から起こる骨量減少。まずは自分の…
  19. 19 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  20. 20 知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    知っているようで知らない“ネイルの危険性”について
    キレイに整えられたネイルは、女性らしくてとってもおしゃれ。その反面、ネ…

一覧