女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

重症化させないよう定期的に婦人科検診を

痛みの起こり方やその他の症状、月経異常などにも注意が必要

30~40歳代に多い子宮筋腫

 女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。

 子宮筋腫は、女性ホルモンのエストロゲンの働きによって大きくなる良性腫瘍で、できる場所によって次の3つのタイプに分けられます。子宮の筋肉の中で大きくなった「筋層内筋腫」、子宮の外に飛び出した「漿膜下(しょうまくか)筋腫」、子宮内側の粘膜に向かって発育した「粘膜下筋腫」です。

 このうち、下腹部痛を起こしやすいのは、「筋層内筋腫」と「漿膜下筋腫」です。どちらも、筋腫が大きくなるにしたがって周りの臓器を圧迫するため、下腹部痛の原因になります。また、直腸を圧迫すると便秘、膀胱(ぼうこう)を圧迫すると頻尿、神経を圧迫すると腰痛を起こします。
 また、「筋層内筋腫」や「粘膜下筋腫」では、子宮の内腔が変形して月経の出血量が増えます。そのため、貧血になることがあり、どうきや息切れなどの貧血症状を伴うこともあります。

子宮内膜症は月経時の痛みが特徴

 最近増える傾向にある子宮内膜症も、下腹部痛の原因となります。子宮内膜症は、月経ではがれる子宮の内側の粘膜(子宮内膜)、あるいはそれとよく似た組織が子宮以外の場所にできてしまい、エストロゲンの刺激によって増殖する病気です。20歳代から発症することがあり、30歳代前半に最も多くみられます。

 子宮内膜症ができやすいのは、子宮と直腸の間にあるダグラス窩(か)と卵巣で、月経時に子宮内膜と同じように出血します。子宮内であれば体外へ排出されるものが、排出経路がないため体内にたまって、強い痛みを引き起こします。最も多いのは、月経時の下腹部痛や腰痛ですが、約半数は月経時以外の下腹部痛を訴えています。また、ダグラス窩にできた場合は排便痛や性交時痛を起こします。まれに、胸膜や肺、腸管、尿路などに発生すると、月経時に気胸や血痰(けったん)、血尿、下血などの症状があらわれることもあります。

 子宮内膜症は妊娠・出産をきっかけに治ることもありますが、月経を繰り返していると悪化する危険性が高まり、放置すれば進行して不妊の原因にもなります。

 子宮内膜症と似た病気で、30歳代後半に多く発症するのが、子宮内膜が子宮の筋肉にもぐりこむ子宮腺筋症です。月経痛がとても強く、月経後にも痛みが続くことが少なくありません。出産や流産の後など、子宮の筋肉がゆるんだときに起こりやすいという特徴があります。

急激に痛むときは卵巣腫瘍かも

 子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮の異常による痛みは月経に関係する慢性的なもので、痛みのほかに月経異常などの自覚症状がみられます。これに対して、月経とは関係なく、下腹部に急激な痛みが起きた場合は、卵巣腫瘍が疑われます。腫瘍がある程度の大きさになると、腫瘍の根元ががねじれ(茎捻転=けいねんてん)、強烈な痛みを起こすことがあるのです。

 卵巣腫瘍の主な症状は、下腹部痛のほかに腹部膨満感、性器出血、便秘、頻尿などさまざまです。腫瘍が大きくなった場合は、ジーンズやスカートのウエストがきつくなって気づくこともありますが、サイズがかなり大きくなってからでないと症状が出てきにくいため、発見が遅れがちです。卵巣腫瘍には良性、悪性、その中間タイプとさまざまな種類があり、場合によっては卵巣を摘出しなければならなかったり、治療が難しくなることもあります。

 子宮や卵巣の病気は、日常生活での予防が難しいものが少なくありません。重症化させないように、また発見が遅れないように、定期的に婦人科検診を受けましょう。また、異常を感じたら早めに婦人科を受診し、腫瘍などの有無を確認することが大切です。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
百枝 幹雄先生


東京大学医学部産科婦人科学教室 講師
1984年東京大学医学部卒業。医学博士。2004年より東京大学医学部講師、06年より東京大学医学部附属病院女性診療科・産科外来担当副科長。現在、日本産科婦人科学会代議員、日本不妊学会評議員、日本産科婦人科内視鏡学会評議員、エンドメトリオーシス研究会代表幹事。生殖内分泌学を専門として、月経困難症や子宮内膜症の疫学研究班委員や治療薬開発の責任医師を務める。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子宮筋腫があっても妊娠できる?筋腫があるままでも妊娠・出産は可能。

子宮筋腫が発見されやすい30〜40代は、女性が妊娠・出産を迎える時期と重なります。「筋腫があっても、自然妊娠できるの?」といった質問にドクターが答えます。 筋腫のできる場所によっては不妊の原因にも 30〜40代でこれから妊娠・出産を... 続きを読む

若い女性に急増している子宮内膜症‐主な症状や痛み方とは

子宮内膜症は、子宮内膜(子宮の内側の粘膜組織)あるいは子宮内膜症によく似た細胞が、子宮以外の場所に増殖してしまう病気です(図参照)。子宮以外の場所とは、たとえば卵巣、卵管、直腸と子宮の間(ダグラス窩)などで、ときには肺のなかまで発生します... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

現代女性に増えている子宮内膜症-つらい生理痛は内膜症かも?

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある子宮内膜のような組織がそれ以外の場所に発生し増殖する病気です。月経で厚くなった子宮内膜がはがれ落ちるとき、内膜組織の一部が卵管を逆流して腹膜や卵巣などに飛び散ることが原因と考えられています。月経に伴って... 続きを読む

注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も

子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状ということも。子宮筋腫の症状について、広尾メディカルクリニック院長、斎藤敏祐先生に教えていただきました。 筋腫が大きくなると
肺や心臓まで圧迫する場合も 筋腫は、通常ボー... 続きを読む

子宮内膜症の治療について-低用量ピル・腹腔鏡手術|選択できる治療

月経時の痛みには多くの女性が悩まされていますが、寝込んでしまうほどの強い痛みがあったり、痛みがだんだん強くなっている場合は、子宮内膜症の可能性があります。
子宮の内側は、子宮内膜という粘膜でおおわれています。この粘膜は、卵巣から分泌さ... 続きを読む

妊娠検査薬の上手な使い方-妊娠してても陰性の結果が出ることも

そろそろ月経が来るはずなのに来ないときには、どんな可能性があるのでしょうか?
卵巣の働きの一時的な不調、過度のダイエット、ストレスなどが原因で起こるホルモン分泌の異常などで月経が遅れることもありますが、性交経験があれば、たとえ避妊していて... 続きを読む

妊娠の前にしておきたいママの準備-内科・婦人科検診、ワクチンなど

「赤ちゃんが欲しい」と思ったとき、まず考えてほしいことがあります。
気づいたら妊娠していた……、そして無事に生まれた……、無事に育っている……、それではいけないの?
という考え方もあるかもしれませんが、あらかじめ準備しておけば無用のトラ... 続きを読む

お腹がポッコリしてきた、それは卵巣のう腫かも? その他の症状は?

卵巣は乳房や子宮と同様に、女性にとって大切な働きをもつ臓器ですが、卵巣が体のどこにあってどんな形で、どんな働きをしているのか、よく知っているという人は少ないのではないでしょうか?

卵巣は骨盤の中にあって、子宮の両側に一つずつ靭帯(じん... 続きを読む