更年期障害の症状-女性なら知っておきたい更年期の症状あれこれ

女性の全身を守っているエストロゲンとは

更年期はいつから、どんな症状が? 女性のライフステージとエストロゲン分泌を知って賢いエイジングを

若い世代にも更年期症状がおこる?

 「最近、顔がほてるし、すごく疲れやすいの」「それって更年期じゃない?」―こんな会話が20~30代の女性の間でも聞かれます。
 20~30代でおこるほてりやのぼせ、めまい、イライラ、だるさ、月経不順などは、正しくは更年期症状とは別物です。それは、ストレスや疲れがたまっておこる自律神経失調症状や卵巣機能の一過性の変調であり、食事や睡眠をきちんととって生活を見直すことがまず肝要です。

 では、更年期症状(障害)とはなんでしょう。まず、更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.5歳とされていますから、一般的には40代後半から50代前半を「更年期世代」といえます。
 卵巣機能が衰えて女性ホルモンが減少し、閉経を迎える時期です。この女性ホルモンのうち特にエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少に伴って現れてくるのが更年期症状です。ただし、この時期はホルモンの低下に加え、加齢変化、心理的要因、社会的要因などが複雑に影響しあいます。そのため多彩な症状がでてくると考えられています。

初潮から閉経へ。女性の一生とホルモンサイクル

 卵巣機能の低下は閉経の10年ぐらい前から少しずつおこり始め、閉経と共にエストロゲンは急激に減少します。しかし、エストロゲンは月経や妊娠に必要なだけではなく女性の骨や皮膚、血管、脳など全身を守っている大切なもの。そのため、エストロゲンの低下は全身にさまざまな症状を引きおこすわけです。
 典型的にはホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、発汗過多、それによる不眠などがみられますが、その他にもめまい、耳鳴り、イライラ、不安感なども引きおこします。これらが「更年期症状」であり、その症状が強くて仕事や家事に支障をきたす場合に、「更年期障害」といわれます。


 多かれ少なかれ、更年期症状は女性の誰にでもおこりうること。しかし、そのしくみは、女性たちにあまり知られていません。月経の始まりである初潮や、妊娠、出産については、母親やまわりの大人が自分の体験を話してくれたのに、月経の終わりである閉経については聞いていないという人も多いでしょう。
 そのため、突然訪れるさまざまな症状に翻弄され、自分の体や心がおかしくなってしまったのではないかと強い不安にかられるのです。


知っておけば、いざというときあわてない

 エストロゲンは体の実に200種類もの代謝に関与しているといわれています。わかりやすく言えばエストロゲンは、脳、骨、血管、皮膚、粘膜など全身のさまざまな器官に作用し、細胞の潤いと柔軟性を守る働きをしています。そこで閉経後は、骨粗しょう症や動脈硬化、関節痛、シミ、シワ、肌のくすみ、粘膜の萎縮、うつ気分、脳機能の低下などもおこりやすくなります。更年期に現れる症状から、閉経後数十年経たのちにでてくる症状までエストロゲンは関係しているのです。
 更年期障害は、さまざまな症状を呈するため、不安にかられてあちこちの病院を渡り歩くこともよくあります。一般内科をはじめ、めまいや耳鳴りは耳鼻科へ、関節の痛みは整形外科へ、胸のドキドキは循環器内科へとあちこちで検査を受けても原因がわからないので、疲れ果てて落ち込んでしまうこともめずらしいことではありません。

 だからこそ、更年期症状は備えあれば憂いなし。その変化のメカニズムを知っていれば「40代後半になればこんな症状もおこるかも」という心の準備ができます。
 症状を緩和し、毎日を快適に過ごすための治療法もありますから、「更年期にはどのような治療法を選んでどんな生活を過ごしたいか」を考えておくこともできるでしょう。

更年期障害に対するホルモン補充療法

 更年期障害の治療法として、また女性の健康を守る方法としてホルモン補充療法があります。女性ホルモンの低下により生じた症状に対し、女性ホルモンを補充することは理にかなっています。エストロゲンの補充にて症状は改善しますが、子宮体がん予防のためにプロゲステロン(黄体ホルモン)の併用が必要となります。ホルモン補充療法にはいい面と気をつけなくてはいけない面があります。信頼できる主治医とよく相談するように心がけましょう。
 また、閉経直前の月経不順の時期にも、ホルモンバランスのくずれ、変調により強い症状が出ることがあります。この場合には不正出血のコントロールがつけやすいためホルモン補充療法として低用量ピルが選択されることもあります。

 代替療法として漢方薬もよく用いられます。単一症状にとらわれない全人的な効果が期待できる漢方は、症状の多彩な更年期障害に合っている治療法のひとつです。つらさを一人で抱え込まず、婦人科を受診して自分に合った治療法を選びましょう。

ダイエットなどによる無月経を放置しないで!

 20~30代でも、むりなダイエットや精神的なストレスにより脳の視床下部の働きが抑えられ、女性ホルモンの分泌が止まってしまう場合があります。「視床下部性無月経」というもので、激しいトレーニングで体脂肪を絞り込んでいるスポーツ選手にもおこることがあります。

 どんな理由であっても、これが長く続くと子宮内膜が萎縮して、月経が再開しにくくなります。半年以上の無月経は骨粗しょう症の原因にもなることがわかっています。エストロゲンは妊娠・出産のための役割だけでなく、女性の全身を守ってくれているのです。放置せず、ぜひ婦人科専門医を受診しましょう。

【監修】
岡野 浩哉先生


飯田橋レディースクリニック院長
東京女子医科大学産婦人科非常勤講師
平成元年群馬大学医学部卒。6年同大学医学部大学院卒。医学博士。11年群馬県立がんセンター婦人科副部長、13年東京女子医科大学産婦人科助手に就任。16年米国メイヨ・クリニックに留学。18年東京女子医科大学講師就任を経て、20年飯田橋レディースクリニック院長に。日本産科婦人科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本更年期医学会幹事・評議員、日本骨粗鬆症学会評議員など。
飯田橋レディースクリニックホームページ http://www.iidabashi-ladies-clinic.com/

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

美しく痩せるためのカギ!エストロゲン

きれいに痩せることが永遠の課題
これまでダイエットが肉体と精神に及ぼす悪影響を述べてきました。
第一に女性の生殖機能が犠牲にされることを述べたと思います。これは生物はまず、生殖よりも命の存続... 続きを読む

生理が遅れたら、まずはどうすればいい? 病気の可能性がある場合

月経(生理)が遅れると、びっくりして婦人科に駆け込んでくる人がたくさんいますが、病院に来なくてもよい場合と、必ず診察を受けてほしい場合があります。しっかりと区別して対応するようにしましょう。
25日から38日程度の周期で出血が起こって... 続きを読む

女性ホルモンの減少を防ぐ!「植物性エストロゲン」のススメ

コラムニスト&ライターとして活動しているHARAKOです♪エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスによって、排卵や妊娠期間などが決まるのと同時に、お肌や身体の調子も変わってきます。そこで今回は、美肌を作るホルモンとも呼ばれる「エストロ... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む

若い女性に増えている「プチ更年期」 ちょっとした体調不良に注意

20~30代の女性は、更年期と聞いてもまだ先の話と思われるでしょう。しかし最近、若い女性にも更年期障害のような症状を訴える人が増えて、「プチ更年期」という言葉が使われるようになっています。
そもそも更年期とは閉経をはさんだ前後10年間... 続きを読む

生理不順や生理がこないは病気のサイン? 放置するとどうなる?

先ごろ、日本のトップレベルの女性アスリートの4割に月経周期の異常があり、「無月経」の人が1割にも達するという衝撃的な調査結果が発表されました。
しかも、最近はトップアスリートだけでなく普通の若い女性の間で無月経が増えているといいます。 ... 続きを読む

震災から5年…経験者が語る【今、備えておきたいもの】

東日本大震災から5年がたちました。震災直後はあれこれとストックした防災用品なども、すっかりしまい込んだままにしていませんか? 震災を経験された東北の方に伺った「あの時、欲しかったもの」「あってよかったもの」「あの後、備えたもの」を、貴重... 続きを読む

女性は40代から肥満になりやすい-太る理由と内蔵脂肪を減らすコツ

中年太りというように、若いころほっそりしていた人が、中年になって太ってくるのはよくあることです。「平成22年国民健康・栄養調査」によると、男女とも20代から30代、40代と肥満者(BMI25以上の人)の割合が増えています。全体に肥満者の割... 続きを読む

卵巣のう腫ってどんな病気? 良性の場合がほとんど|治療は必要?

卵巣のう腫という病名は、女性ならどこかで聞いたことがあるかもしれません。身近にも卵巣腫瘍の検査や治療を受けた方がいらっしゃるかもしれませんが、実際にはどういう病気なのか、イメージがつかみにくいと思います。
卵巣のう腫はいったいどういう病... 続きを読む

子宮内膜症の治療について-低用量ピル・腹腔鏡手術|選択できる治療

月経時の痛みには多くの女性が悩まされていますが、寝込んでしまうほどの強い痛みがあったり、痛みがだんだん強くなっている場合は、子宮内膜症の可能性があります。
子宮の内側は、子宮内膜という粘膜でおおわれています。この粘膜は、卵巣から分泌さ... 続きを読む