鉄欠乏性貧血の予防は3度の食事が大事-鉄分と一緒に摂りたい栄養素

月経過多、過度のダイエット、偏食などが原因に

ひどくなると免疫力が低下して、貧血改善後も体にダメージが……

めまい、頭痛、イライラは貧血が原因かも

 ちょっと階段を上っただけで息切れがしたり心臓がドキドキする。めまいや頭痛がする。疲れやすい。イライラして物事に集中できない。こんな症状は、もしかしたら鉄欠乏性貧血が原因かもしれません。

 鉄欠乏性貧血は、いろいろなタイプの貧血の中でも最も頻繁にみられるもので、全身に酸素を運ぶ赤血球や赤血球中のヘモグロビンが減って、各臓器や全身の組織が酸素不足になってしまった状態です。ヘモグロビンは鉄とたんぱく質でできているため、体内の鉄が不足するとヘモグロビンが減少し、結果として鉄欠乏性貧血を引き起こすのです。

 初期には、なんとなく気分がすぐれないという程度ですが、貧血が進むと顔色が青白くなり、めまい、立ちくらみ、だるい、疲れやすい、動悸(どうき)、息切れ、イライラ、耳鳴り、冷えなどの症状が現れるようになります。ひどくなると、口内炎ができやすくなったり、爪が反り返ったりします。

 こうした症状があるときは、できるだけ早く受診しましょう。貧血の背景に子宮筋腫などの病気がある場合も珍しくありません。また、貧血がひどくなると、治療によって貧血が改善してからも、免疫力が低下するなど、からだにダメージが残ってしまうこともあります。

女性は月経、過度のダイエットなど、鉄不足を招きやすい条件がそろっている

 鉄欠乏性貧血の直接の原因は鉄不足によるヘモグロビンの減少ですが、鉄不足を招く原因はいくつか考えられます。

 女性の場合、まずあげられるのは月経です。赤血球中の鉄は毎月、月経血とともに体外に排出されていき、1回の月経でおよそ20~30mgの鉄が失われるといわれています。普通の量の月経でもこれだけの量の鉄が失われるわけですから、月経量の多い人では鉄の損失はかなりの量になります。
 また、妊娠・授乳期も鉄を失いやすいので注意が必要です。子どもに栄養を与えるため、鉄の消費量が通常より多くなるのです。

 こうして鉄が失われやすいにもかかわらず、過度なダイエットをしたり偏食が続いたりすると、鉄の摂取量が減ってしまうため、体内の鉄はますます不足してしまいます。過度のダイエットや偏食は鉄不足を招くだけでなく、その他のさまざまな栄養素(栄養成分)の不足につながり、栄養のバランスを崩してしまうので注意しましょう。

ヘム鉄、非ヘム鉄、ビタミンCを一緒にとって吸収をよく

 鉄欠乏性貧血では、血液中の鉄分の濃度を上げるために、鉄剤と鉄の吸収を高めるビタミンCが処方されるのが一般的ですが、予防や改善には、規則正しい生活と食生活の改善が大切です。

 規則正しい生活を送るためには、3度の食事をできるだけ毎回一定の時間帯にとるよう習慣づければ、生活のリズムをつくりやすくなります。こうすることによって、体のリズムも整ってきます。

 食事の基本は多種類の食材を食べることによって、いろいろな栄養素(栄養成分)をバランスよくとることが大事です。特に鉄欠乏性貧血には鉄を多くとること、鉄の吸収率を高めるビタミンCと合わせてとること、赤血球をつくるたんぱく質を適量とることを意識したいものです。

 食品に含まれる鉄には、動物性食品に含まれる吸収効率のよい「ヘム鉄」と、植物性食品に含まれる吸収効率のあまりよくない「非ヘム鉄」があります。
 ヘム鉄は肉や魚、中でもあさり、干しえび、レバー類、かつお、赤身の肉などに多く含まれます。しかもこれらの食品にはたんぱく質が豊富に含まれています。非ヘム鉄は野菜や海藻など、特にパセリや小松菜などの緑黄色野菜、ひじき、切干し大根、きなこ、ごまなどに豊富で、緑黄色野菜にはビタミンCも豊富です。

 吸収のよいヘム鉄が多く含まれているからと肉や魚ばかりとっていては、栄養が偏ってエネルギーオーバーになってしまいます。吸収が悪いとされる非ヘム鉄は、たくさんとるようにすればビタミンCもたっぷりとれます。適量のヘム鉄とたっぷりの非ヘム鉄をとることで、肉・魚に野菜・海藻・大豆と栄養バランスがよく、鉄の吸収もよくなるというわけです。ほかに、ビタミンCの豊富な野菜や果物も積極的に食べましょう。

 また、香辛料や酸っぱいものなど、食欲を刺激する成分は胃酸の分泌を促し、鉄の吸収を高める効果があるのでおすすめです。逆に、コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるタンニンは、鉄の吸収を低下させるので食事と一緒に多量にとるのは控えたほうが賢明です。

【監修】
中村 理英子先生


中村クリニック院長
1946年生まれ。1970年東邦大学医学部卒業後、同大学産婦人科学教室に入局。1991年より、東京・下北沢に中村クリニック(産婦人科・内科・皮膚科)を開設。女性誌などでも女性のよきアドバイザーとして活躍中。近年、美容皮膚科を併設し、からだの内と外からの相互的な診察で女性の健康と美をサポートしている。著書に『よくわかる女性の医学』(西東社)、『中村先生、ピルって何ですか?』(KKベストセラーズ)、『更年期からのクリニック』(主婦と生活社)などがある。
中村クリニック http://www.dr-nc.com/

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

かくれ貧血とは? だるい、疲れやすい原因は鉄分不足のせいかも

涼しくなってきたのに何だか体がだるい、疲れやすいなどの不調が続き「きっと夏の疲れが今ごろ出てきたのだろう」と思って食事や睡眠などの生活を見直したら治まった。そうならばよいのですが、治まらないときは、もしかしたら「かくれ貧血」かもしれません... 続きを読む

鉄分

不足が許されないミネラルの一つで、赤血球のヘモグロビンを構成する主成分です。筋肉中のミオグロビン(ヘモグロビンに似たたんぱく質)というエネルギー源になる物質の成分としても使われます。 「血液中の赤血球は呼吸で取り入れた酸素を全身に運びます... 続きを読む

人気恋愛作家に聞いた!彼氏ゲットに絶対NGの鉄の掟 ランキング

補正下着を着てはいけない みんなに優しくしてはダメ 会の参加者を事前にチェックしない つけまつげをつけない 神頼みを漠然としない... 続きを読む

3度目の結婚!エヴァ・ロンゴリア

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 116 エヴァ・ロンゴリア Ev... 続きを読む

れんこんダイエットコラム ビタミンC・ビタミンB12・鉄の三重奏で、美人誕生!

みずほ先生コラム
旬!の野菜、カラダにちょっとイイ話 原産地は中国説が有効で、日本では主に神社仏閣の池や沼の観賞用として栽植されていましたが、『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』(713年編纂)に食用されたとの記載があり... 続きを読む

貧血のカギはヘモグロビン-鉄欠乏性貧血は女性の病気の疑いあり

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいい、血液検査で調べることができます。健康診断における貧血検査の項目は、労働安全衛生規則に基づく一般健診ではヘモグロビン(血色素:Hb)と赤血球数の2つです。通常人間ドックでは、この2つ... 続きを読む

鉄分を摂っても改善しない貧血、足りないのは「タンパク質」かも?!

女性は毎月、月経で大量の血液を失います。内科医の間では「女性を見たら貧血と思え」と言われるほど、女性にとって貧血は注意したい病気のひとつ。 貧血といえば鉄分不足というイメージがありますが、なかには非鉄欠乏性貧血、すなわちタンパク質不足に... 続きを読む

女性に多い鉄欠乏性貧血-爪が変形している人は要注意|食生活改善

近ごろ、体がだるい。肌に血の気がなく、動悸や息ぎれがする…。こんな症状がある人は、鉄欠乏性貧血の可能性を疑ってみましょう。
鉄欠乏性貧血は、最も頻繁に見られる貧血。全身に酸素を運ぶヘモグロビンは鉄とたんぱく質でできていますが、体内の鉄... 続きを読む

ツイントース

ツイントースはミネラルの吸収を助ける新機能成分。たとえばカルシウムとツイントースを一緒に摂ると、カルシウムの吸収率が1.4倍に、体内キープ力が6.2倍にアップします。同様に鉄や亜鉛などの吸収率もアップ。野菜のチコリの根から作られる天然由来... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む