カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい

カンジダ菌による炎症でかゆみやおりものの異常が起こる

普段から体に持っている常在菌が起こす病気。疲労、抗生物質、病気による免疫力低下などがきっかけに

かびの一種であるカンジダ菌によって腟や陰部に炎症が起こる

 「陰部がむずがゆい」「かゆみで寝つけない」「おりものが多くて気持ち悪い」といった症状は多くの女性が経験しています。なかには、同じような症状をくり返して日常生活に差しさわったり、何度も病院やクリニックに通ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。
 このような症状は腟や陰部の炎症によって起こるのですが、今回はその中でも真菌(かび)の一種であるカンジダ菌によって起こる腟炎について、その原因、症状、治療法、区別しなくてはならない病気、くり返さないための対策などについてお話したいと思います。

 カンジダ腟炎という名前は聞いたことがあっても、実際にどういう病気なのかを知る機会は少ないように思います。
 原因菌であるカンジダ菌は日常生活のいたるところに存在し、腟やその周辺で増えると、陰部にかゆみを起こしたりおりものが増えたりします。カンジダ菌は真菌(かび)の一種で、細かく分類すると150種類くらいに分かれます。この中でもカンジダ・アルビカンスという菌が、カンジダ腟炎の原因の8割を占めるといわれています。
 もともと2割くらいの女性はカンジダ菌を腟の中に持っているといわれており、おりものからカンジダ菌が見つかること自体は特別なことではありません。

 腟の中には乳酸菌に似た善玉菌がいますが、体が疲れて抵抗力が落ちると減ってしまうことがあり、そうなるとカンジダ菌が増えて症状が出ることがあります。何らかの感染症(気管支炎や膀胱炎など)の治療のために、広い範囲の菌を抑える抗生物質を使用したときも、腟の中の菌のバランスが変わり、カンジダ菌が増えて炎症を起こします。
 また、もともとカンジダ菌による炎症を起こしやすい状態の方もいます。たとえば、病気そのものや治療薬の影響で免疫力が低下している方、ステロイド剤を継続して使用している方、糖尿病、妊娠中の方、きつい下着を好む人などがそうです。

腟炎はそれぞれの原因に合った治療をしないと治りにくい

 カンジダ腟炎を発症すると、カッテージチーズのようなおりものが出たり、かゆみが出たりします。時に、非常に激しいかゆみになって睡眠を妨げることもありますし、外陰部が赤く腫れることもあります。
 カンジダ腟炎の診断は、おりものを顕微鏡検査や培養検査をして行います。顕微鏡では糸状の菌の様子を見ることができます。治療は、腟の中を洗浄し、菌を抑える薬を挿入したり、外陰部にも炎症が起きている場合には、塗り薬を使ったりします。ステロイド剤の入った薬を不用意に使ってしまうと、治らないばかりかかえって悪化することもありますので注意が必要です。まずは婦人科で診察を受けて、治療法についてよく相談するといいでしょう。

 再発をくり返す方や腟錠で治りにくい方では、飲み薬が効果的な場合があります。一度カンジダ腟炎と診断されたことのある方が再発した場合の治療薬も市販されています。ただし、過去に病院やクリニックでカンジダ腟炎と診断されたことがある方で「同じような症状が出ている」など、対象の患者さんは限られますので、よく薬局で相談してから使用しましょう。

 おりものが増えたり、かゆみが出たりする病気には、カンジダ以外の菌などが原因になる腟炎、雑菌で起こる細菌性腟炎やトリコモナスという原虫が原因の腟炎、ヘルペスウイルスが原因の外陰部の炎症、毛じらみによる皮膚の炎症などがあります。
 これらは、疲れやその他の原因で免疫力が低下したときや、性交渉で原因となる菌などが持ち込まれたときに起こります。特に、トリコモナスは1回の性交渉で感染する確率がもっとも高い感染症といわれています。
 同じように腟に炎症を起こしていても、それぞれの原因に合った治療をしないとなかなか治りません。

腟炎をくり返さないために

 腟炎は、月経血や精液によって腟内の環境が酸性を保ちにくくなったときに、より起こりやすくなります。もともと腟内は酸性の環境で外敵から体を守っていますが、その防御のしくみが弱くなっているときには注意が必要です。また、通気性の悪いきつい下着で蒸れているとき、頻繁に腟を洗浄した場合、タンポンやナプキンをあまり取り替えなかったなど不衛生な状況でも発症しやすくなります。
 腟炎をくり返さないためには、普段から下着はコットン製の通気性のよいものにする、厚手のデニムやきつい下着は避ける、おりものシートはなるべく避ける、腟内洗浄を頻繁に行わないようにするなどの注意が必要です。

 そのような注意をしていても、くり返しカンジダ腟炎を発症する方の中には、実は知らないうちに糖尿病になっていたという方もいますし、まれですが性交渉のパートナーとカンジダ菌を移し合っている場合もあります。男性にはあまり症状が出ない場合もあるので、性交渉がきっかけで症状が出ているようであれば、一度パートナーに泌尿器科を受診してもらうのがいいでしょう。

 カンジダ腟炎は、腟炎の中でも割合よくみられるのですが、かゆみやおりものといった症状が続く、女性にとってつらい病気です。糖尿病や免疫力の低下など、全身の病気の症状の一つとして現れることがありますから、再発をくり返し治りにくい場合には、背景に何らかの病気の可能性を考えてみる必要があります。
 また、性交渉との関連や下着やナプキン、腟洗浄のことなど、生活を見直してみることも、再発しにくくするためには大事なことです。婦人科医と相談しながら、カンジダ腟炎への対策を立てていきましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
福本 由美子先生


済生会奈良病院・松原徳洲会病院婦人科医
1986年奈良県立医科大学卒業。同大附属病院、東大阪市立総合病院、湘南鎌倉総合病院、松原徳洲会病院の産婦人科勤務を経て、大阪中央病院泌尿器科・ウロギネセンターで産婦人科医としての経験を生かし、女性泌尿器科診療に携わった。現在は済生会奈良病院・松原徳洲会病院で婦人科医として診療を行う。医学博士。日本産科婦人科学会認定専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本性科学会認定セックス・セラピストなど。共著に『女性泌尿器科外来へ行こう』(法研)、『30歳からのわがまま出産』(二見書房)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい 関連コラム

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【みんな、どうしてる?】古い下着の処分のしかた お悩み解決方法

使用済みの下着ってどう処分してますか? アパートに住んでいるので、朝一でゴミ置き場に出しておいたのですが、 家を出るときにふと見たらゴミ袋が無くなっていたのです。 今まではあまり気にしないでゴミ袋に入れて出していたのでが、 思い起こせば... 続きを読む

鉄欠乏性貧血の予防は3度の食事が大事-鉄分と一緒に摂りたい栄養素

ちょっと階段を上っただけで息切れがしたり心臓がドキドキする。めまいや頭痛がする。疲れやすい。イライラして物事に集中できない。こんな症状は、もしかしたら鉄欠乏性貧血が原因かもしれません。
鉄欠乏性貧血は、いろいろなタイプの貧血の中でも最... 続きを読む

申年は赤い下着で迎えると縁起がいい 赤い下着で血流・体温UP!

日本では昔から、「申年に赤い下着を身につけると健康に過ごせる」という言い伝えがあるのをご存知ですか?
申年のサルにかけて、“病が去る”という意味があったり、赤は昔から“病気を防ぐ厄除けの色”という言い伝えもあるので、申年には赤い下着がい... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

ストレス溜まっていませんか? こんな症状があったら要注意

新年度になって、早くも4カ月近くが経過しました。就職、転職、人事異動、昇進・昇格、転勤など、それまでの役割や仕事内容などが変わったり、職場の人間関係が変わったりなど、働く環境に変化があった人も少なくないでしょう。
新しい環境にすんなりな... 続きを読む

笑うことが健康に良い理由-がんやウイルス、リウマチにも効果的

最近よく笑っていますか?
心から笑うと、いやなことを忘れて楽しい気分になったり、ストレスが発散できて、いかにも体によさそうです。英語では“Laughter Is The Best Medicine”ということわざがあります。「笑いは百薬の... 続きを読む

泣くとスッキリするのはなぜ? ストレス解消や免疫力UPに

ここ数年、泣ける映画やドラマ、本の人気が続いています。火つけ役ともいえる『世界の中心で、愛をさけぶ』は本、映画、ドラマともに大ヒット。2004年の流行語大賞で「セカチュー」がトップ10に入賞するなど、「セカチュー現象」を巻き起こしたことを... 続きを読む

風邪やインフルエンザに負けない体づくり-予防方法と生活習慣

かぜ、そしてインフルエンザの流行シーズンがやってきました。何かと忙しいこの季節、できればどっちもかからずすませたいですね。
かぜとインフルエンザが違うことはみなさんご存じと思いますが、ここでちょっと確認。どちらも「かぜ症候群」の仲間で... 続きを読む

女性たちがマラソンに夢中になる訳-皇居ランナーに女性が多い理由

市民ランナー3万人が、都心を駆け抜けた東京マラソン。3万人のうち約2割は女性でした。颯爽と走る姿を見て、憧れを抱いた人も多いでしょう。気がつくと、公園や河川敷など、街のあちこちで女性ランナーの姿が見られます。女性が走り出したきっかけは何で... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む