結婚が決まったら-二人の健康診断 ブライダルチェック検査とは?

新生活をイキイキとスタートするためにも予防健診を。

結婚、妊娠を考えているあなたは、あらかじめ、婦人科検診などを含めた健康診断を受けておきましょう。

ふたりの新生活、順調にスタートさせるには……!?

 これから結婚をひかえているあなたは、新しい生活に期待を感じつつ、さまざまな準備をすすめているのではないかと思います。

 そのなかにぜひ加えてほしいのが、結婚前の健康診断である「ブライダルチェック」。

 幸せな新生活の基礎となるのは、ふたりの健康。なにかと緊張しがちな結婚式前後や、それにともなう引越し、そしてふたりの暮らしがスタートしたとたん、病気で寝込んでしまうようなことがあると、喜びも半減してしまいます。とくに妊娠、出産を考えている女性にとって、婦人科系の疾患がないかどうかは気になるところ。早く子供を、と望んでいたのに、結婚後、子宮筋腫や卵巣の病気が見つかり、その治療に時間がかかる、というケースもみられます。

 病院の婦人科などでは、血液検査や子宮がん、乳がん、性感染症など数種類の検査を行う「ブライダルチェック」のメニューを準備しています。気軽な気持ちで、受診してみたいものですね。

ブライダルチェックで行われる検査

 「ブライダルチェック」で行われる代表的な検査を見てみましょう。

○血液検査、尿検査、レントゲン、血圧測定など。
 通常の健康状態を調べます。貧血があると流産をおこしやすくなります。忘れずにチェックしておきましょう。また糖尿病があると胎児に異常が出ることも。尿検査も同時に行っておきましょう。
○子宮・卵巣などの検査……子宮筋腫や卵巣腫瘍など、婦人科系の疾患の有無や機能を検査。
 月経不順、月経痛なども妊娠前に治療しておきましょう。
○超音波検査……内臓疾患を調べる。
○性感染症……梅毒、クラミジア、エイズなど。
 梅毒やクラミジアなどの性感染症は妊娠による母子感染を防ぐため、完治させておきたいものです。
○風疹抗体値検査……風疹に妊娠中感染すると、流産や胎児異常の原因になります。
○B型肝炎検査……自分がウイルス保有者でないかどうか調べておきましょう。

 これら検査の内容や費用は、病院によって異なります。受けたい検査だけ選んで受診することもできますし、婦人科系の内診を受けたくない場合は、申し出れば希望通りになることも。

 検査結果が出るのは約2週間ていど。異常が見つかればそこから治療がスタートしますが、疾患によっては長くかかることもあるので、挙式の半年前くらいまでにはなるべく済ませておきたいものです。

 「ブライダルチェック」は、これを機会にかかりつけの婦人科医を見つけるチャンスでもあります。妊娠、出産、さらに更年期と、長いおつき合いをできるところを選ぶといいでしょう。

(「よくわかる女性のからだ事典」、2006年2月刊、天野恵子監修、法研より)

天野恵子


千葉県衛生研究所 所長/千葉県立東金病院 副院長

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

健康診断はあてにならない?検査項目には科学的根拠が乏しい

前回は、人間ドックは一般健診に比べ、がん検診の項目が多く含まれていることを説明しました(「賢い健診講座1
一般健診と人間ドック」)。がんの検査以外でも一般健診に比べ、より多くの検査項目が含まれていますが、それらはエビデンス(科学的根拠)に... 続きを読む

更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係

「健診でLDLコレステロール値が高いといわれてしまった。とくに太ったわけでも、脂っこいものばかりを食べたわけでもないのに、なぜ?」50歳前後の更年期を迎えた女性に、このような経験をする人が増えてきます。
男性の場合コレステロール値の異... 続きを読む

婦人科の診察-こんな症状があったら受診するべき-8つの症状


「生理の周期が乱れている」「おりものが多くて心配」……日頃、婦人科系の不調があっても、診察を受けるのをついためらってしまいませんか?
その理由として、婦人科の診察や検査の内容がよくわからないことがあげられます。でも、そんな不安は、診察... 続きを読む

婦人科で一番多い病気「子宮筋腫」を知ろう

子宮筋腫は良性の腫瘍
子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍のことです。コブのようなかたまりで、がんではありません。また、悪性化することはほとんどありません(0.1%以下)。


子宮の壁(筋層)にある細胞が増殖してできる良性の腫瘍で... 続きを読む

健康診断で尿たんぱくが指摘されたら-腎臓を健康に保つポイント

原因となる病気にかかわらず、腎機能が慢性的に低下する状態を慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)と言いますが、そのほとんどは進行するまで自覚症状が乏しく、気づいたときには失った腎機能を元に戻すことができないこ... 続きを読む

漠然とした不安を解消してくれたもの-ある2本の映画との出会い

イギリス滞在中にカウンセリングを受ける機会に恵まれました。私のカウンセラーは、初老の背がすらりと高いイギリス紳士でした。とても気さくで、ユーモアにあふれる人です。彼はカウンセリングの中で、私に二つの映画を紹介してくれました。そして、少し古... 続きを読む

画期的!婦人科検診が恥ずかしくなくなる「検査用パンツ」

子宮頸がんは乳がんと並んで、早期発見すれば治癒できる病気です。にもかかわらず、日本の子宮頸がん検診率は38%弱と、米国の85%などと比べるととても低く、2013年には約2700人が死亡しています。 子宮頸がん検診などの婦人科検査はショ... 続きを読む

女性の病気|こんな症状はすぐに病院へ|不正出血など5つの症状

何となく気になる症状があっても、忙しい毎日の中でついつい取り紛れて見過ごしてしまうことがあります。どんな症状に注意すべきなのか、何に気を配っておくといいのかを知っておくと、病状が進んでしまう前にスムーズに対処できるでしょう。
とくに婦人... 続きを読む

人はなぜ眠るのか? 寝ている間に体内で起きている3つのセルフケア

桜の木も、ほのかにピンク色に染まり始め、朝晩の冷え込みも大分和らいできました。昔から、「春眠暁を覚えず」といわれているように、この時期の眠りは心地よいものですね。眠りに適したこの時期に、せっかくですから、眠りの役割について、確認してみましょ... 続きを読む

梅毒の感染者が増加中の梅毒はどんな病気

梅毒はどんな症状が出るの

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌による慢性の全身性感染症で、症状のある顕性(けんせい)梅毒と症状のない潜伏(せんぷく)梅毒に分けられます。
梅毒 - goo ヘルスケア

症状が表面化してくる顕性梅毒... 続きを読む