ピルの基礎知識-入手方法|タバコを吸う人はピルは使えない?

正しく使って自分の健康は自分で守る!

確実な避妊にはピル、性感染症の予防にはコンドーム! ダブルブロックで自分を守りましょう

ピルはどこで手に入るの?

 低用量経口避妊薬=低用量ピル(以下ピル)は、日本ではかぜ薬などのように薬局などで買うことができません。使用には医師の処方が必要です。一般的には婦人科や産婦人科を受診して医師による問診や血圧測定を受け、問題がなければ処方してもらいます。以前は多くの検査が必要でしたが、2005年12月の「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」の改訂により、基本的には問診と血圧測定だけで入手できるようになりました。

 まず問診でリスク因子がないかを確認し、リスク因子があれば必要な検査を行います。子宮がんや性感染症の検査などは健康管理のために重要ですが、ピルの処方に必要というわけではありません。ただ、せっかく産婦人科を受診するのですから、検査を受けていない人はこの機会に検査しておくのもよいことです。
 ピルについてわからないことがあればささいなことでも質問し、きちんと説明してくれる医師を選びましょう。これをきっかけに、体のことを何でも相談できる「かかりつけ医」ができるとよいですね。

ヘビースモーカーはピルを使えない!

 ピルは月経が始まる10代から50代で閉経するまで、ほとんどの女性が使うことができますが、なかには飲むと危険な人もいます。次のような人はピルの使用を避けるか、注意して使う必要があります。

●血栓症の人、あるいは血栓症にかかったことのある人
●脳・心血管系の病気にかかっているか、かかったことのある人
●乳がん、子宮体がん、子宮頸がんにかかっている人
●肝機能障害、高血圧、糖尿病、高脂血症にかかっている人
●妊娠、授乳中の人
●35歳以上で1日15本以上喫煙する人

 血栓症のリスクの高い人はピルを使用できません。また、タバコを吸う人がピルを服用すると、血栓症や乳がんなどのリスクが高くなるといわれています。健康のためにもぜひ禁煙を! また、結核やてんかんの薬、ある種のサプリメントには、ピルの避妊効果を低下させるものがありますから、何か薬を服用している人は医師に相談しましょう。

二つのタイプと服用開始日が選べる

 ピルは1カ月分(1周期分)が1シートに入っていて、シートに指示された順番どおりに飲んでいきます。「21錠タイプ」と「28錠タイプ」があり、服用開始日も自分で決めることができます。

 服用期間はそれぞれ21日間と28日間で1周期です。「21錠タイプ」の服用方法は、1日1錠を21日間連続して飲み、22日目から7日間休薬し、8日目から新しいシートのピルを飲みます。「28錠タイプ」は、飲み忘れを防ぐため7日間は偽薬(ホルモンの含まれないプラセボ錠)を飲み続けます。飲み終ったら、翌日から新しいシートのピルを飲みます。

 服用開始日は通常、月経の第1~2日目ですが、サンデースタートピルといって、月経が始まって最初の日曜日(月経が日曜日に始まった場合はその日)から服用を始めることもできます。サンデースタートピルのメリットは、月経が週の半ばに来るため、週末に用事がある人には便利なことです。しかし、服用を開始して最初の1週間は避妊効果がなかったり、少量の出血が続くことがあるので注意しましょう。

 大切なのは飲み忘れしないこと。毎日同じ時間帯に飲むのが望ましいので、例えば朝食時や歯みがきのときなど、毎日の習慣と結びつけると忘れにくいでしょう。携帯電話にアラームをセットするのも一法です。飲み忘れは妊娠と不正性器出血(月経以外の出血)の可能性を高めますから注意しましょう。
 それでも飲み忘れた場合は、24時間以内なら気づいたときただちに1錠飲み、その日の分も通常通りに飲みます(計2錠服用することになる)。24時間以上たってしまったら、次の月経開始日から新しいシートの錠剤を飲みます。月経周期を崩したくなければピルを続けて飲みますが、飲み忘れた日から新しいシートを飲み始めるまでは避妊効果がありませんから、別の避妊法との併用が必要です。プラセボ錠の飲み忘れは問題ありません。

性感染症予防にはコンドームを忘れずに!

 ピルを飲んでいれば性感染症にもかからないと思っていたら大変! クラミジアやエイズなど、性行為でうつる性感染症はピルで予防することはできません。性感染症を予防するのはコンドームだけです。
 性感染症は感染初期には症状のないものが多く、気がつかないうちにうつしたり、うつされたりすることがあります。しかも多くは女性のほうが感染しやすく、腹膜炎や不妊の原因になるなど被害も大きくなってしまいます。ピルはあくまで避妊用のため。性感染症予防にはコンドームを正しく使用して、自分の健康は自分で守りましょう。

【監修】
松峯寿美氏


東峯婦人クリニック院長・医学博士
東京女子医科大学卒。 専門は婦人科一般、不妊症治療など。 日本産婦人科学会専門医、思春期学会理事、東京女子医科大学非常勤講師など兼任。『マタニティホワイトブック』(朝日出版社)『女性の医学BOOK』(永岡書店)など著書多数。
東峯婦人クリニック http://www.toho-clinic.or.jp/

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

確実な避妊法とは? 間違った避妊や妊娠の知識|避妊の失敗率

女性にとって妊娠出産は大きな出来事です。望まない妊娠によって、自分の夢やライフプランの実現が難しくなることもあるでしょう。
やっと就職が決まったのに、新しいプロジェクトを立ち上げたのに、あるいは子育て卒業と思ったのに、望まない妊娠をして... 続きを読む

生理日が変えられるピル-生理痛の緩和や避妊にも、けど副作用も

生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。 低用量ピルの成分とはたらき ... 続きを読む

ピルは避妊意外のメリットがある-ピルで体質改善や病気予防

週刊誌やテレビで、芸能人の「できちゃった婚」のニュースをよく目にしますが、日本では避妊の失敗などによる「意図しない出産」や「望まない出産」が約40%弱もあるといわれています。問題なのは、望まない妊娠で仕事や学校を辞めざるを得なかったり、中... 続きを読む

性感染症(STD)にならないためには-4つの気をつけるポイント

自分には性感染症なんて関係ない―遊んでいるわけではないし、パートナーも信頼できる人だから。たいていの人はそう思っています。
それなのに、もしパートナーから感染したら……。裏切られた気持ちで、とても傷つくでしょう。でも、必ずしも浮気やフー... 続きを読む

低用量ピルの活用法は避妊以外にもある-副作用と注意点

低用量ピルといえば、「低用量経口避妊薬」のこと。その名のとおり、正しく服用すればほぼ100%の避妊効果が期待できるため、望まない妊娠を防ぐのに非常に有効な薬です。
しかも、低用量ピルの効果はそれだけではありません。多くの女性が悩まされ... 続きを読む

バイクのリアシート

よくいえば、今よりもっとぽっちゃりしていた22才の夏。バイク好きの年上の彼と 初めて2人乗りでお出かけする約束をしました。まだ手も握ったことのない2人が、バイクで〜!!ヤバイよね。ニヤニヤ。胸のドキドキが伝わっちゃったらど... 続きを読む

知ってる? 確実な避妊法-40~50代に意外に多い中絶の割合

あなたは正しい避妊法を知っていますか?
年間100万人の赤ちゃんが生まれている一方で、約20万件の中絶が行われています。中絶の絶対数は20~30歳代の女性が多いのですが、中絶の割合で見ると若者だけではなく、40~50歳代も中絶率が高くなっ... 続きを読む

たくさんあるシートマスク。1番人気は?シートマスクランキング

女性の味方、シートマスク。多くの種類が販売されていて、どれを選ぶか迷っちゃいますよね。いくつか商品を見ていきましょう!たくさんあるシートマスク。1番人気は?シートマスクランキングをご紹介! EGFディープモイストマスクがエイジングケアに... 続きを読む

腟の入り口の痛みやかゆみ、腫れの原因は?どの病院にいけばいい?

腟や尿道口(おしっこの出口)の周辺、つまり外陰部にできものがある、イボ(ブツブツ)がある、という理由で外来に来る人がいます。しかし困ったことに、自分の外陰部を見たことがないという人も珍しくないのです。
外陰部は他人と比べることは少ない... 続きを読む

デットックス効果の樹液シートダイエット

樹液シート
デトックス効果でダイエットに効く、樹液シートを紹介します。
樹液シートとは、天然成分が豊富に含まれた、足裏に貼るシートです。
この天然成分が、体から老廃物を除去して、強力なデトックス効果を発揮してくれるのが、樹液シートダ... 続きを読む