お肌を傷めない正しい洗顔法-肌質ごとの洗顔のポイント

汚れはふんわり泡で包んでやさしく落とす

正しい洗顔、うるおい補給と紫外線対策であなたも素肌美人

紫外線と汗、乾燥でいためつけられている夏の肌

 じりじりと照りつける太陽にふき出す汗、ビルからの熱風、そしてクーラーによる乾燥……。夏の肌はいためつけられています。日焼けが肌にいけないことはいうまでもありませんが、汗もお肌の大敵です。

 大量にかく汗が流れたり蒸発するとき、お肌のうるおい成分も一緒に奪ってしまいますから、そうならないうちにふき取ってしまいましょう。汗をかいたままにしていると、角質層が汗の水分を吸収し、ふやけてもろくなります。だからハンカチなどで汗をふくとき、こすってはいけません。そっと押しあて、汗を吸い取るようにしましょう。

 うっかり紫外線を浴びてしまったら早めのお手入れを。まずはしっかり洗顔して、汚れや古い角質をとることが大切。肌に残った古い角質はメラニン色素を増加させ、シミの原因になるからです。汗によるダメージを最小限にするためにも、家に帰ったらすぐに洗顔しましょう。

メイクをした肌にはダブル洗顔を

 メイクをしている人は、クレンジングと洗顔のダブル洗顔が基本です。夏は汗をかいても落ちにくい化粧品を選ぶ方が多いと思いますが、落ちにくいということは、落としにくいということ。でも、しっかり落とそうとゴシゴシこすったり、洗いすぎたりしては、肌に大きな負担がかかります。やさしく、短時間に、確実に落とすことが肝心です。

1.まずポイントメークを落とす
 落ちにくいアイライナー、マスカラ、口紅などには専用リムーバーがありますが、肌への刺激も強いため注意が必要です。おすすめなのが、オリーブオイルやスクワランオイル(サメの肝臓から抽出したオイル)。コットンに含ませて目元や口元にのせておき、メークが浮き上がったらやさしくぬぐいます。

2.顔全体のメークを落とす
 クレンジング剤は、洗い流せるクリームタイプやジェルタイプなど刺激が少ないものを。ごしごしこすらないように量はたっぷり使いましょう。まずTゾーン(額から鼻にかけて)にのせて、指の腹でなでるようにしてなじませます。次にUゾーン(ほほからあごにかけて)、最後に目元・口元の順になじませます。全体になじんだら、すぐに洗い流しましょう。

3.泡でやさしく洗顔
 石けんや洗顔料をしっかり泡立ててから顔全体にのせます。のせる順番はクレンジングと一緒。汚れを泡で包んで落とすという気持ちで、指の腹でやさしく洗いましょう。小鼻、鼻筋、額などはとくにていねいに。ぬるま湯でしっかり洗い流したら、柔らかいタオルで押さえるよう水気を取ります。このときもこすらないこと。

肌質を見分けて正しい洗顔方法を

 以上が洗顔の基本ですが、肌が乾燥気味な人と脂っぽい人では洗顔法も違ってきます。みなさんは自分の肌質がどのタイプか知っていますか? 見分け方は簡単です。洗顔後10分くらいそのままにして、肌質をチェックしてみましょう。

顔全体にテカリが出る⇒脂性肌
 ノーメークの日もしっかりダブル洗顔を。クレンジング後、顔に蒸しタオルをのせると毛穴が開き、皮脂の汚れが落ちやすくなります。

ほおはつっぱるのに額や鼻にテカリが出る⇒混合肌
 Tゾーンは念入りに、ほかの部分は軽めに、ゾーン別に洗い方を変えると効果的です。

顔全体がつっぱる⇒乾燥肌
 朝の洗顔はぬるま湯でよごれを洗い流すだけで十分でしょう。洗いすぎて皮脂を落としすぎないよう注意。

つっぱらずテカリもない⇒普通肌
 うるおいがあって理想的ですが、季節や体調で肌の状態は変わるので、その日のコンディションで洗顔方法を変えましょう。

洗顔後は保湿成分でうるおいキープ

 洗顔後は、保湿効果のある化粧品でうるおいを補いましょう。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、レチノールなどが配合されている美容液が効果的。ビタミンC誘導体は、皮膚の水分の蒸発を防ぎ、皮脂の分泌をコントロールするので、どんな肌質の人にもおすすめです。

 紫外線対策には、メラニン色素の生成を抑えシミを予防する物質を配合した美白剤を使用するとよいでしょう。ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体などが有効です。ただし、長時間たってしまったシミには、あまり効果は期待できません。

 化粧品は、自分の肌に合うものを選びましょう。サンプルなどで1週間ほど試してみるのがおすすめ。使用後にかゆみや赤みが出るようなら肌に合わない証拠ですから、すぐに使用をやめます。1~2カ月使ってみて効果が感じられないときは、別の成分のものを試してみるとよいでしょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
赤須玲子先生


赤須医院院長
皮膚科専門医、医学博士、日本美容皮膚科学会員。確かな臨床経験と美容に精通したきめ細やかな診療で多くの女性患者を集める。専門はしみ、しわ、にきび、ほくろなど。著書に「2週間でつるつる美肌になる本」(マキノ出版)。
赤須医院 http://www.akasu.or.jp

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

すっきり二の腕をつくる 肩の動画エクササイズ(ダブルアーム・サイドレイズ)

エクササイズ部位肩 回数セット10回×3セット 動作時間(秒)40秒 レベル ペットボトルを使い、立った姿勢で肩を引き締めます。きつい方はペットボトルを持たずに実践してみましょう! 動作方法 ペットボトルを持ち、肩幅に足を開いて立つ... 続きを読む

内面を磨いてフェロモン美人に! 食事やハーブ・アロマの美容法

「キレイになりたい!」女性なら誰でもそう願っているはず。私もずっとその思いを胸にあらゆる美容法を実践し、この10数年はエステティックサロンの経営者として、多くの女性が美しくなるためにサポートしてきました。そのなかで気づいたのは、外面を整え... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

ワンランク上の女性になるために知っておきたい!素肌美人の条件とは

こんにちはBHCLプランナー、フード/ヨガアドバイザー工藤万季です。 あなたにとって素肌美とは何ですか? 肌トラブルがない、ツヤがある、赤ちゃんのようにモチモチ・・・etc。理想の肌の条件はたくさんあるはず。 果たしてどんな肌が素肌美人... 続きを読む

平面を立体に魅せるメークのワザは絵画的手法

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ アートには《やせて魅せる》の基本があった
紫外線が気になる季節ですが、準備は大丈夫?
紫外線は肌質の大敵です。毎日のお手入れ... 続きを読む

意外と知らない?肌に負担をかけないクレンジング剤の選び方

クレンジングをいつも使っているという女性は、オフィスで働く女性でしょう。メイクをしっかりとして行き、ランチタイムにはお直しもします。しかし帰宅してクレンジングする際、そのクレンジングは自分のメイクに合っているでしょうか?意外に皆知らない... 続きを読む

ボルドーとグリーン、実際のメーク方法とヘアースタイル

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ ボルドータイプ
では具体的なメークアップの実際をご覧下さい。
図1はボルドータイプのメークアップです。上まぶた全体に... 続きを読む

女性らしく魅せる秋のメークカラーはボルドーとグリーン

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 女性らしさを演出する秋のメーク
前回、第19回では今シーズンのおしゃれをカラー、ファッションスタイルを通してお知らせしま... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む

そのスキンケア、今の肌に合ってる?ナチュラルメイクを活かす素肌づくり

ナチュラルメイクの仕上がりが発揮できるのは、素肌が整っているかどうか。土台の素肌の状態がよくないと、せっかくのメイクも輝きが半減してしまいます。メイクが上手になるスキルだけでなく、肌を育てていくスキルも身につけて、ナチュラルメイクで輝く... 続きを読む