大人のニキビを治す方法-毛穴のつまりを解消する4つのコツ

肌の新陳代謝が衰え、角質層が厚くなり、毛穴をつまらせる

生活習慣の改善で肌の新陳代謝を促し、毛穴を清潔に保つスキンケアを

肌の新陳代謝の衰えが原因

 10代なら青春のシンボルと言われるニキビも、20歳を過ぎたら吹き出物。最近は、大人になってからできるニキビをアダルトニキビと呼ぶことが多くなっています。

 ニキビは、毛穴がふさがって皮脂がつまり、そこにアクネ菌が増殖して炎症を起こしたもの。毛穴がつまる原因は、思春期ではホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなるためであるのに対し、アダルトニキビは、皮膚の新陳代謝が衰えて角質層が厚くなり、そこに化粧品などの刺激が加わったためです。そのため、前者が額や鼻など皮脂の分泌量が多い部分にできやすいのに対し、後者はあごやほお、口の周りといった、皮脂分泌の多くない部分にもできるのが特徴です。

 アダルトニキビは、脂性肌の人だけでなく乾燥肌の人にもでき、化膿しやすいうえ、治りにくく、痕(あと)が残りやすいというやっかいなもの。対策は、まず皮膚の新陳代謝がスムーズにいくようにケアしてあげることです。肌の新陳代謝に大きく影響するのがホルモンバランスの乱れですが、その原因はふだんの生活習慣の中にあります。

規則正しい生活が最大の予防策

 ホルモンバランスの乱れを招く原因には、ストレス、不規則な生活、栄養バランスの乱れ、睡眠不足、生理の前後、季節の変わり目、便秘、過激なダイエット、喫煙などがあげられます。 
 アダルトニキビを予防・改善するには、これらさまざまな原因を取り除くこと。忙しいからと食事や睡眠をないがしろにせず、規則正しい生活を心がけ、休日はスポーツなどで気分をリフレッシュしましょう。

夜は遅くとも12時に寝る
 皮膚の新陳代謝が活発になるのは午後10時から午前2時くらいまでの時間帯。この時間帯に熟睡していることが理想だが、遅くとも12時には寝るようにすれば大丈夫。そのためには早寝、早起き。

栄養バランスのとれた食事を1日3回
 ご飯を主食に、脂肪の少ない魚や肉、豆などのたんぱく源、緑黄色野菜を組み合わせた和食がおすすめ。主食を食物繊維やミネラルが豊富な玄米にすると理想的で、便秘解消にもよい。脂肪分の多い食事、チョコレートやコーヒー、アルコールなどのとりすぎはニキビの原因に。朝食抜きや夜遅い食事、偏食、間食もよくない。

スキンケアで毛穴のつまりを解消

 スキンケアのポイントは、毛穴のつまりを解消すること。常に毛穴を清潔に保ち、皮脂分泌をスムーズにしてあげましょう。

1.蒸しタオルパックで毛穴を開かせる
 まずメイクなど油性の汚れをクレンジング剤で洗い流し、毛穴の栓を取り除く。次に毛穴を開かせるため蒸しタオルでパック(タオルを水でぬらしてレンジで温め、1~2分顔にのせる)。このひと手間で次の洗顔がより効果的になる。入浴にも同様の効果が。
 クレンジング剤は、毛穴に残りにくいクリームタイプを。

2.洗顔で余分な皮脂や古い角質を落とす
 洗顔料をよく泡立て、皮脂分泌の多い順(鼻→ひたい→あご→ほお)にのせていく。すすぐときは逆の順番に、人肌程度のぬるま湯で洗い流す。洗顔料を残さないように十分すすぐこと。何度も洗いすぎると必要な皮脂まで取り除いてしまうので、朝晩2回の洗顔で十分。
 洗顔料に、厚くなった角質を落とすピーリング石けん(AHAなどのピーリング剤が配合されたもの)を使うのもおすすめ。週に1回程度から始め、慣れたら回数を増やすが、肌が赤くなったりヒリヒリする場合はすぐに使用を中止して。

3.洗顔後の保湿しすぎに気をつけて
 洗顔後は化粧水で水分を補うだけで十分。ヒアルロン酸やコラーゲン入りの美容液は毛穴をつまらせニキビを悪化させる原因になる。ニキビができてしまった場合は、乾燥作用のあるイオウを含んだものや、殺菌・抗炎症効果のある化粧水がおすすめ。油分を含んだ乳液やクリームは余分な皮脂をつくるので避ける。

4.メイクはオイルフリー製品で
 ニキビを隠そうと厚化粧するのは逆効果。アイメイクだけなどポイントメイクにするか、水溶性のローションを下地に、粉おしろい(フェイスパウダー)を薄くのせるメイク法にすればニキビを悪化させずにすむ。油性のクリームやリキッドタイプのファンデーションは、毛穴をふさぐ原因になるので避ける。帰宅後はすぐにメイクをおとす。

 さまざまな原因が重なって起こるアダルトニキビは、肌の清潔を心がけるだけではなかなか治りません。生活習慣を見直し、スキンケアで改善しない場合は、皮膚科専門医を受診しましょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
赤須玲子先生


赤須医院院長
皮膚科専門医、医学博士、日本美容皮膚科学会員。確かな臨床経験と美容に精通したきめ細やかな診療で多くの女性患者を集める。専門はしみ、しわ、にきび、ほくろなど。著書に「2週間でつるつる美肌になる本」(マキノ出版)。
赤須医院 http://www.akasu.or.jp

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  2. 2 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    提供:gooヘルスケア 洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…
  3. 3
    トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  4. 4 自律神経のダメージも防ぐ【スッキリ消臭術】
    家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?
    提供:gooヘルスケア 「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気…
  5. 5
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  6. 6
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  7. 7
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    提供:gooヘルスケア (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎…
  8. 8
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  9. 9
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  10. 10
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  11. 11
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  12. 12
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    提供:gooヘルスケア (編集・制作 gooヘルスケア) 外見か…
  14. 14
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  15. 15
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    提供:gooヘルスケア お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? …
  17. 17 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    提供:gooヘルスケア 絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    提供:gooヘルスケア 多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然に…
  19. 19
    誰でも小さなきっかけで『コミュ障』になる?
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会…
  20. 20
    生理が来ても妊娠の可能性がある? 妊娠初期に起こる出血の原因
    提供:gooヘルスケア 妊娠を望んでいる人にとっても、妊娠を望んでいな…

一覧