肌がかゆいのは乾燥肌が原因? かゆみを防ぐ4つのセルフケア法

洗いすぎ、暖房の効かせすぎに注意!

自分に合う保湿剤をみつけてこまめに塗り、部屋の湿度に気を配りましょう

肌が乾燥するとかゆみが起こるのはなぜ

 冬になるとすねや腕がかゆくてたまらないという人、結構多いのではないでしょうか。その原因の多くは肌の乾燥です。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています。

 かゆみが起こりやすいのは皮膚が乾燥しやすいすねや太もも、腕、わき腹、腰などで、かさかさして白く粉を吹いたようになります。なぜ皮膚が乾燥するとかゆみが起こるのでしょうか?
 健康な肌の場合、肌の表面に近い角質層の細胞の中の天然保湿因子(アミノ酸)や角質細胞間の脂質(セラミド)が水分をしっかり保つとともに、汗と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜が表面を覆って水分の蒸発を防ぎ、さまざまな刺激から肌を守っています。

 しかし乾燥によって角質層の脂質や水分が失われ、細胞間にすき間ができて粗くなり、外からの刺激を受けやすくなります。そこへ、本来なら肌の深部にある、かゆみを感じる神経が表面まで伸びてきて、外からの刺激を直接受けるため、かゆみを感じるようになります。また、その神経は外からの刺激を受けると、かゆみを引き起こす「ヒスタミン」の放出を促すように働くため、さらにかゆみを生じやすくなります。かゆいからと皮膚をかくと、その神経を刺激してますますかゆくなる悪循環におちいることに。

若い人は洗いすぎが原因

 年をとると肌の新陳代謝が低下するため、肌の潤いを保つ天然保湿因子、角質細胞間脂質、皮脂膜などが減少して皮膚が乾燥しやすくなります。高齢者にかゆみが生じやすいのはそのためですが、若い人のかゆみの原因は「洗いすぎ」と考えられます。

 冬なら毎日体全体を石けんで洗う必要はありません。お湯につかるだけでも体の汚れの大部分は落ちるので、皮脂分泌の多い部分は毎日洗い、乾燥しやすい部分は週に1~2回というように、メリハリつけて洗いましょう。皮脂の多い背中や胸の中心部、汚れやすい手足や股、首、顔などは毎日石けんで洗い、ほかの部分は人にもよりますが、週に一度でも十分でしょう。

 石けんはよく泡立てて、手のひらや刺激の少ない木綿のタオルでやさしく洗い、皮脂を奪う熱いお風呂や長湯は避けましょう。入浴後はすぐに水分をふきとり、ローションやクリームでしっかり保湿を。

かゆみを防ぐセルフケア

 入浴以外に、かゆみの原因となる冬の乾燥肌を防ぐセルフケアのポイントを紹介しましょう。

1.保湿剤をこまめに塗る
 尿素、ワセリン、セラミドなどが配合された保湿剤がよく使われており、医療機関で処方してもらってもよいし、薬局でも手に入る。実際に試して、自分に合うものを見つけよう。入浴後、肌がしっとりしているうちに塗るのが効果的。

2.暖房は控えめにして加湿する
 エアコンは冬の乾燥した空気をさらに乾燥させる。設定温度は低めにして、加湿器を使う、水を入れた器を部屋に置く、洗濯物を室内に干すなど、加湿を心がけて。湿度50~60%が望ましい。

3.香辛料やアクの強いものはとりすぎ注意
 香辛料、ほうれん草やたけのこ、さといもなどアクの強いもの、トマト、イチゴ、チョコレートなどは、かゆみを起こしたり強めることがあるので食べすぎないように。アルコールも同様。

4.ストレスをためず睡眠を十分とる
 肌の新陳代謝は睡眠中やリラックスした状態で活発になる。寒い冬はただでさえ新陳代謝が低下するため、睡眠不足や不規則な生活、ストレスは避けて。運動、栄養バランスにも気を配りたい。

 かゆみが強い場合やかきむしって湿疹ができたときには塗り薬が必要です。また、かゆみは乾燥肌以外にも、じんましんやアトピー性皮膚炎、糖尿病や腎臓病などの内臓の病気が原因で生じる場合があります。保湿剤を塗ってもかゆみが続く場合は、まず皮膚科の専門医を受診しましょう。

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
高森建二先生


順天堂大学浦安病院院長
昭和42年順天堂大学医学部卒業後、同大医学部生化学助手、講師を経て、52年米国Duke大学医学部皮膚科留学。55年より順天堂大学医学部皮膚科勤務。助手、講師を経て、62年助教授。平成5年同大附属浦安病院教授。平成17年4月より現職。医学博士。著書に『からだがかゆい!―乾燥肌、アトピー性皮膚炎、かぶれ、原因不明のかゆみで困っている人へ』(成美堂出版)など。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む

片頭痛のしくみ-引き金が分かれば予防できる? 危険な頭痛の症状

「ああ、また来た」と思えるくらい、慢性的に片頭痛に悩まされている人は、とくに20~40代の女性に多いそうです。頭痛が起これば、薬を飲んでしばらくは安静にしていなければなりません。
片頭痛の典型的な症状は、1.頭の片側がズキンズキンと強... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

自宅編 自分の部屋を掃除するタイミングを考えてみた時

Q9 私がいつも過ごしている部屋。帰って寝るだけだから特に汚れることもないのよね。 だからあたしが部屋の掃除をするペースはこんな感じなの。 A.部屋が汚くなったなあと感じたらやるよう... 続きを読む

はじめて彼氏の部屋に行ったときチェックしたいことランキング

部屋全体の雰囲気 部屋がどれくらい片付いているか 彼の態度 トイレが掃除されているか 女性の化粧品や小物が置いてないか ... 続きを読む

加湿のし過ぎに要注意!意外に知らない加湿器のNGな使い方

加湿器は乾燥するオフィスや室内では女性にとってマストアイテムと言えるでしょう。旦那が平気でも、自分の周囲だけは加湿器で湿度を保っているという夫婦もいるでしょう。しかし加湿しすぎは注意が必要。カビやダニのもとになる可能性も。加湿のし過ぎに... 続きを読む

乾燥肌は朝の保湿が肝心? 夜よりも日中に肌はダメージを受けている

みなさんこんにちは。美容ジャーナリストの山崎多賀子です。ずっときれいな肌でいるために必要なのは、お金よりも正しいケアの知識と実践。これから、きれいな肌を保つために役立つ「目からウロコ」の情報を、お送りしていきたいと思います。
寒さと空... 続きを読む

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む