お肌の老化をすすめる活性酸素を減らす-抗酸化物質の上手なとり方

抗酸化物質でシミ・シワ撃退

野菜・果物に含まれる抗酸化物質で若々しい肌を保つ

シミ・シワも活性酸素が原因のひとつ

 鏡に向かったとき、「あら、こんなところにシミが…」とか「いつの間にシワができちゃったのかしら?」とドキッとしたり、暗い気持ちになったりすることはありませんか? 仕事が忙しいとか睡眠不足が続いているというわけでもないのに、お肌にハリがなくなって若々しさが感じられなくなってきたとしたら、それは活性酸素のせいかもしれません。

 活性酸素は、体の中で酸素が活用される過程で作り出される物質です。がん細胞や雑菌を攻撃する働きをもち、余分な活性酸素は体に備わった機能によって取り除かれます。しかし、現代の生活では大気汚染や放射能、紫外線の増加、ストレス、喫煙などによって活性酸素が大量に作り出され、体内の機能だけでは処理しきれなくなっています。
 この過剰な活性酸素が攻撃性を発揮し、体内の細胞や遺伝子を酸化させてサビつかせ、傷つけるようになります。活性酸素は脳や心臓、血管、目、関節など、体のあらゆる器官や細胞にダメージを与え、老化を早めたり、病気の引き金になったりするのです。

 お肌も例外ではありません。紫外線にさらされた皮膚には活性酸素が発生し、皮膚の細胞中の抗酸化物質を攻撃して撃退してしまいます。その結果、皮膚の細胞はダメージを受け、シミやシワをつくってしまいます。シミやシワは、金属が酸化されてサビつくのと同じことなのです。

野菜、果物に豊富な抗酸化物質でお肌を守る

 活性酸素は微量であれば、体内のがん細胞や雑菌を攻撃するよい働きをします。問題は、大量に作られ、体内で過剰になってしまうために起こるのです。過剰になった活性酸素の攻撃性を抑え、無害なものにすれば、お肌のキズ(シミやシワ)は少なくてすみます。

 悪事を働く活性酸素をおとなしくさせるのが、抗酸化ビタミンやカロチノイド、ポリフェノールなどの「抗酸化物質」といわれるものです。
 抗酸化ビタミンというのはビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEなど、またカロチノイドはα-カロテン、β-カロテン、リコピン、ルテインなどです。最近注目のポリフェノールは植物がもつ色素や苦味・しぶみなどの成分。アントシアニン、イソフラボン、カテキン、セサミノールなどがあり、いずれも強い抗酸化力をもちます。これらの物質がもつ抗酸化力によって、活性酸素の暴走を抑えることができます。

 抗酸化物質を豊富に含むのは、野菜や果物です。成分であるカロチノイドは緑黄色野菜に含まれていて、ビタミンCやビタミンEと一緒にとると、抗酸化能力がフルに発揮されることがわかっています。特に熱帯でとれる果物にはこの抗酸化力が強力です。毎日の食生活に、多種類の緑黄色野菜や果物を取り入れ、お肌の健康を守りましょう。

加熱・調理方法を知って上手にとろう。食べすぎ注意のものも

 これらの抗酸化物質を上手にとるには、ちょっとしたコツがあります。

ビタミンC:水溶性で熱に弱いため、加熱方法などに注意。ゆでるときは大量の熱湯で手早く、加熱は短時間にして、果物は生で食べる、料理の煮汁やスープは残さず飲む、加熱するなら汁ごと食べらるものにする、など。

ビタミンB群:B1、B2、B6、B12、パンテトン酸、葉酸、ナイアシンなどがあり、一緒にとることでより効果が高く、水溶性。魚介類、レバー、卵、牛乳、種実類など多くの種類を少しずつ食べる、料理の煮汁やスープは残さず飲む、大豆や大豆製品、ビール酵母、玄米などを努めてとる、など。

ビタミンE:種実類や食用油に多いが、食べすぎには注意。魚、緑黄色野菜にも多い。熱に強く脂溶性なので、油と一緒に調理すると吸収が高まる。

カロテン:緑黄色野菜に多い。熱に強く脂溶性なので、油と一緒に調理すると吸収が高まる。

ポリフェノール:果物に豊富なので毎日欠かさずとりたいが、食べすぎはエネルギーオーバーになる可能性がある。

 お肌のトラブルは活性酸素だけが原因ではありません。女性に多い便秘も、肌のハリやツヤを失わせ、肌荒れやシミ・ソバカスなどの原因に。便秘を防ぐには水分、食物繊維をしっかりとり、腸内の善玉菌を増やすこと。食物繊維はイモ類、きのこ類、精白していない穀類、乾物、豆類、野菜、海藻類、果物などに豊富。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれます。

 お肌の健康に保つには、体の中からきれいに健康になることです。それには、こうした食事の注意だけでなく、ストレスをため込まない、過労や睡眠不足を避けるといった心がけも必要です。また、適度な運動を定期的にすることも大切です。栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活で、心も体も若々しく、いつまでもきれいなお肌でいたいですね。

(『エプロンサイエンス お肌の美しさを保つ秘訣
  ~抗酸化ビタミンとマルチカルチノイド健康法』福生吉裕監修、法研より)

【監修】
福生 吉裕先生


財団法人 博慈会老人病研究所所長
昭和47年日本医科大学医学部卒業。53年微生物学免疫学にて医学博士号修得。日本医科大学内科助教授、中国長春中医学院客員教授などを経て、平成13年より現職。日本医科大学客員教授を兼務。日本未病システム学会常任理事。専門は動脈硬化、高脂血症、膠原病、老人病の臨床など。現在は主に未病と抗老化を研究している。著書に『未病息災~いま、たおやかに生きるコツ』(源草社)、『病気になるまえに治す。メタボリックシンドロームは未病で治す』(法研)など多数。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

午前中果物だけ食べる簡単ダイエット

午前中果物だけ
午前中果物だけのダイエット方法は、午前中は生の果物を、好きなだけ食べます。
お好きな果物の名前をメモして、買い物に行って果物を購入してください。
このダイエット方法では、果物を朝の主食として考えていくことが重要です。... 続きを読む

抗酸化物質


抗酸化物質とは何か?の前に、順番としてまず「酸化」物質について理解する必要があります。 「酸化物質とは、簡単に言うと活性酸素の作用で体内に生じる有害な過酸化物・過酸化脂質などのことです。細胞膜と細胞脂質を酸化、つまり体をサビつかせるもの... 続きを読む

3分でわかるファイトケミカル 抗酸化作用に注目!

「活性酸素」をご存じですか? 老化や、それにともなう動脈硬化の原因とされる活性酸素。それに対抗するために必要なのが、抗酸化物質です。テレビの健康番組や、CMをにぎわす話題のサプリメントなども、この... 続きを読む

抗酸化+抗糖化で本気のアンチエイジング!

肌が酸化する原因は?
肌が酸化するのは、主に活性酸素が原因です。


活性酸素は脳や心臓、血管、目、関節など、体のあらゆる器官や細胞にダメージを与え、老化を早めたり、病気の引き金になったりするのです。
お肌の大敵・活性酸素を減ら... 続きを読む

気になる加齢臭-ポイントは活性酸素を抑えること|8つの対策

「お父さん、臭い!」「おばあちゃんの部屋、何か変なニオイ」
年頃のお子さんやかわいい盛りのお孫さんに、こんなふうに言われたらショックですよね。そんなニオイ、本人にはわかりづらいので、“ぬれぎぬ”のように感じてしまうかもしれません。
で... 続きを読む

老化物質が体に溜まると老ける-大豆サポニンBが老化物質を除去?

ある程度年齢を重ねた女性なら、老化を防ぎ若返りを促すアンチエイジングに関心を持っていることでしょう。
老化とは、年齢とともに体に備わったさまざまな機能が低下することといえます。この機能低下の原因の一つと考えられているのが、体内にたまっ... 続きを読む

ブーツのニオイの原因は雑菌にあった!雑菌駆除の対策はこれ

ファッションアイテムとして欠かすことのできないブーツ。しかし、どんなブーツにも共通点があります。それは長時間履くとニオうこと。ブーツのニオイは雑菌が原因だと言われています。では、その雑菌を排除するにはどのような手段があるのでしょうか?ブ... 続きを読む

アンチエイジングに役立つ3つの基本-若返りのための生活改善法

白髪が目立ってきた、小さな文字が見えにくい、頻繁に物忘れをするなど、誰でも40歳ごろから、少しずつ老化現象を自覚し始めます。以前は「自然のなりゆき」とあきらめていたものですが、最近のアンチエイジング(抗加齢)医学の進歩によって、たとえ中高... 続きを読む

放射能から身を守る-暮らしの中で注意すること、食事の調理方法

福島第一原子力発電所の事故によって、大量の放射性物質が大気中や海へと放出され、発電所の周辺に住む人たちが避難させられたり、福島県とその近県、および関東地方を中心に、野菜や水、牛乳、肉、魚などから規制値を超える放射性物質が検出されたことはご... 続きを読む

「なんか疲れた」と思ったら体の疲労サイン-疲労回復に効く食事

環境が大きく変わった、仕事が忙しい、遊びすぎた、睡眠不足などで疲れを感じるのは当たり前ですね。ゆっくり休養して回復するなら問題はありません。しかし、ぐっすり眠ったのに次の日に疲れが残ったり、朝から体がだるくてやる気がでない、といった人も多... 続きを読む