お肌の老化をすすめる活性酸素を減らす-抗酸化物質の上手なとり方

抗酸化物質でシミ・シワ撃退

野菜・果物に含まれる抗酸化物質で若々しい肌を保つ

シミ・シワも活性酸素が原因のひとつ

 鏡に向かったとき、「あら、こんなところにシミが…」とか「いつの間にシワができちゃったのかしら?」とドキッとしたり、暗い気持ちになったりすることはありませんか? 仕事が忙しいとか睡眠不足が続いているというわけでもないのに、お肌にハリがなくなって若々しさが感じられなくなってきたとしたら、それは活性酸素のせいかもしれません。

 活性酸素は、体の中で酸素が活用される過程で作り出される物質です。がん細胞や雑菌を攻撃する働きをもち、余分な活性酸素は体に備わった機能によって取り除かれます。しかし、現代の生活では大気汚染や放射能、紫外線の増加、ストレス、喫煙などによって活性酸素が大量に作り出され、体内の機能だけでは処理しきれなくなっています。
 この過剰な活性酸素が攻撃性を発揮し、体内の細胞や遺伝子を酸化させてサビつかせ、傷つけるようになります。活性酸素は脳や心臓、血管、目、関節など、体のあらゆる器官や細胞にダメージを与え、老化を早めたり、病気の引き金になったりするのです。

 お肌も例外ではありません。紫外線にさらされた皮膚には活性酸素が発生し、皮膚の細胞中の抗酸化物質を攻撃して撃退してしまいます。その結果、皮膚の細胞はダメージを受け、シミやシワをつくってしまいます。シミやシワは、金属が酸化されてサビつくのと同じことなのです。

野菜、果物に豊富な抗酸化物質でお肌を守る

 活性酸素は微量であれば、体内のがん細胞や雑菌を攻撃するよい働きをします。問題は、大量に作られ、体内で過剰になってしまうために起こるのです。過剰になった活性酸素の攻撃性を抑え、無害なものにすれば、お肌のキズ(シミやシワ)は少なくてすみます。

 悪事を働く活性酸素をおとなしくさせるのが、抗酸化ビタミンやカロチノイド、ポリフェノールなどの「抗酸化物質」といわれるものです。
 抗酸化ビタミンというのはビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEなど、またカロチノイドはα-カロテン、β-カロテン、リコピン、ルテインなどです。最近注目のポリフェノールは植物がもつ色素や苦味・しぶみなどの成分。アントシアニン、イソフラボン、カテキン、セサミノールなどがあり、いずれも強い抗酸化力をもちます。これらの物質がもつ抗酸化力によって、活性酸素の暴走を抑えることができます。

 抗酸化物質を豊富に含むのは、野菜や果物です。成分であるカロチノイドは緑黄色野菜に含まれていて、ビタミンCやビタミンEと一緒にとると、抗酸化能力がフルに発揮されることがわかっています。特に熱帯でとれる果物にはこの抗酸化力が強力です。毎日の食生活に、多種類の緑黄色野菜や果物を取り入れ、お肌の健康を守りましょう。

加熱・調理方法を知って上手にとろう。食べすぎ注意のものも

 これらの抗酸化物質を上手にとるには、ちょっとしたコツがあります。

ビタミンC:水溶性で熱に弱いため、加熱方法などに注意。ゆでるときは大量の熱湯で手早く、加熱は短時間にして、果物は生で食べる、料理の煮汁やスープは残さず飲む、加熱するなら汁ごと食べらるものにする、など。

ビタミンB群:B1、B2、B6、B12、パンテトン酸、葉酸、ナイアシンなどがあり、一緒にとることでより効果が高く、水溶性。魚介類、レバー、卵、牛乳、種実類など多くの種類を少しずつ食べる、料理の煮汁やスープは残さず飲む、大豆や大豆製品、ビール酵母、玄米などを努めてとる、など。

ビタミンE:種実類や食用油に多いが、食べすぎには注意。魚、緑黄色野菜にも多い。熱に強く脂溶性なので、油と一緒に調理すると吸収が高まる。

カロテン:緑黄色野菜に多い。熱に強く脂溶性なので、油と一緒に調理すると吸収が高まる。

ポリフェノール:果物に豊富なので毎日欠かさずとりたいが、食べすぎはエネルギーオーバーになる可能性がある。

 お肌のトラブルは活性酸素だけが原因ではありません。女性に多い便秘も、肌のハリやツヤを失わせ、肌荒れやシミ・ソバカスなどの原因に。便秘を防ぐには水分、食物繊維をしっかりとり、腸内の善玉菌を増やすこと。食物繊維はイモ類、きのこ類、精白していない穀類、乾物、豆類、野菜、海藻類、果物などに豊富。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれます。

 お肌の健康に保つには、体の中からきれいに健康になることです。それには、こうした食事の注意だけでなく、ストレスをため込まない、過労や睡眠不足を避けるといった心がけも必要です。また、適度な運動を定期的にすることも大切です。栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活で、心も体も若々しく、いつまでもきれいなお肌でいたいですね。

(『エプロンサイエンス お肌の美しさを保つ秘訣
  ~抗酸化ビタミンとマルチカルチノイド健康法』福生吉裕監修、法研より)

【監修】
福生 吉裕先生


財団法人 博慈会老人病研究所所長
昭和47年日本医科大学医学部卒業。53年微生物学免疫学にて医学博士号修得。日本医科大学内科助教授、中国長春中医学院客員教授などを経て、平成13年より現職。日本医科大学客員教授を兼務。日本未病システム学会常任理事。専門は動脈硬化、高脂血症、膠原病、老人病の臨床など。現在は主に未病と抗老化を研究している。著書に『未病息災~いま、たおやかに生きるコツ』(源草社)、『病気になるまえに治す。メタボリックシンドロームは未病で治す』(法研)など多数。

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧