秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

秋の夜長は美肌巻き返し期間!

「パック&マスク」とツボ押しで一気に若返りを計って

肌が一番安定する秋はお肌のエネルギーもチャージ

 食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋。一番いい季節なのかもしれません。

 肌にとってもそれは同じです。気温が下がるごとに過剰な皮脂や汗もおさまり、毛穴や筋肉は適度に引き締まり、血行がよくなります。肌の大敵である紫外線量も減り、雑菌も繁殖しにくく、まだ空気の乾燥も激しくないので、年間を通して一番の安定期に入りました。
 肌がもっとも正常な状態を保ち、本来の修復機能が発揮できるこの季節こそ、老化の巻き返しを計る絶好の機会。お肌のエネルギーもチャージしちゃいましょう。

 メイク落とし、洗顔、保湿といった普段のお手入れはもとより、ピーリングや美容液、クリームで集中ケアをするなら、今がもっとも効率よし。老化対策用の攻めの新作コスメを試すなら、今です。

「パック&マスク」で肌の奥底まで美容成分をたっぷり

 そこで、自分の肌を鏡でチェックしてみましょう。自分の肌に何が欲しいですか?

 肌のざらつきとくすみを抑えたいなら、夏の間に厚くなってしまった肌表面の不要な角質を取り除く、ピーリング作用のあるコスメを集中して使ってみてはどうでしょう。ただしこういったコスメは肌を乾燥させやすいので、そのあと水分や油分を補うことが大切です。 もし、たるみやシミが気になるなら、リフティング効果のある美容液やクリームを使ってください。目元用のアイクリームも使うなら冬になる前の今からです。

 さて、冬になる前に一気に若返りをしておきたいこの時期、ぜひ行ってほしいのが「パック&マスク」です。メーカーによって呼び方は異なりますが、要するに肌をクリームやシートで覆ってしばらく放置し、美容成分をたっぷり肌の奥底へと浸透させる目的のコスメです。
 密閉作用により体温がこもり、肌表面の温度が上がるためそれだけでも血行がよくなり、むくみやくすみがとれ、毛穴が開いて美容液成分の浸透がよくなるという作用があります。使用する「パック&マスク」は、自分の肌の悩みに応じて選べばOK。

 もしマスクやパックが手元にないというときは、化粧水をミネラルウォーターで薄めて、コットンにしみ込ませたコットンパックでもOK。ただし、ただの水だけではかえって肌が乾燥するのでNGです。これを毎晩行ってください。3日から遅くとも1週間で肌のハリと透明感が俄然上がります。

顔のストレッチとツボ押しでむくみ解消、リフトアップ効果も

 さらにもう一つ、美容液やクリームで肌が潤った状態で、顔のストレッチとツボ押しをしましょう。ストレッチは、口を大きく開けたり顔をくしゃっとしたり、思いっきり百面相をしてみて。目元のむくみを取りたいなら、目をぎゅっとつぶったあと、目を軽く閉じて眉毛を思いっきり引き上げ、まぶたをつっぱらせる。こんな動作をくり返すだけでもリンパの流れがよくなります。

 目の周りや頬骨下、小鼻の脇、フェイスラインのツボを押すのもリフトアップ効果があります。ツボの位置がわからなくても、気持ちがよい場所を押せば大丈夫。ツボ押しをするときは、呼吸を深くゆっくり行い、息を吐くときにじわ~っと押すと、緊張がゆるみ、効果がアップします。マッサージは間違ったやり方をすると、たるみやシワの原因になりますが、押すだけなら、そんな心配もなく、むくみや顔コリもすっきりとれるんです。

 秋の夜長は、美肌づくりの時間です。お風呂上がりに、パック&マスクとツボ押しの時間を加えてください。夏の疲れも回復し、冬の乾燥にも負けないタフな美肌になりますよ。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
山崎 多賀子さん


美容ジャーナリスト
化粧品メーカー、女性誌の編集者を経てフリーに。スキンケアからメイク、健康・メンタル美容まで幅広いジャンルで取材を続ける。著書に自らの乳がん体験談や乳がん患者に役立つ情報をまとめた『「キレイに治す乳がん」宣言!』(光文社)、人気連載をまとめた『山崎多賀子の極楽ビューティ体験記』(扶桑社)がある。NPO法人キャンサーリボンズ理事。NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。

その他のヘルシーウーマンコラム

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    妊娠中のセックス、みんなどうしてる? セックスしていい時期、悪い時期って?
    約10ヶ月にも及ぶ妊娠期間中。この間、セックスはしてもいいの? …
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  4. 4 妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠中でもSEXを楽しんで! 妊娠中のセックスをエンジョイするあの手、この手
    妊娠していても、体調がよければセックスは可能。産後のセックスレスを予防…
  5. 5 スマホ依存症にはどんな悪影響が?ドーパミンが依存に導く怖い現実
    スマホ依存症にはどんな悪影響が? ドーパミンが依存に導く怖い現実
    最近では、持っていない人を探す方が難しいスマートフォン普及率。便利なツ…
  6. 6
    妊娠中のエクスタシーはOK? セックスで気をつけたい5ポイント
    体調がよければ、妊娠中にセックスをしても大丈夫。でもいつもと違う状況な…
  7. 7 女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    女の子の産み分けにチャレンジ! 女の子産み分けの鉄則4
    「かわいい洋服を着せたいから」「一人目が男の子だから」など、女の子を授…
  8. 8
    更年期障害チェック方法「あなたの更年期レベルをチェック」
    さまざまな症状が出る更年期。その症状は100人100様ともいわ…
  9. 9 女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性の胸の大きさはどうやって決まるの? 遺伝or体質?
    女性らしさの象徴といえば、バスト。胸の大きさに悩む人は、遺伝や体質と諦…
  10. 10 老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣
    老けたくない人はDHEAホルモンを増やすと良い!? 若さを保つ秘訣とは
    今注目の若返りホルモン「DHEA」を食生活でキープしよう 体…
  11. 11
    足の小指が痛い人は要注意 「内反小趾」を治してサンダル美人に
    素足にサンダルを履くことの多い季節、足のトラブルには気をつけた…
  12. 12
    【医師が教える】猛暑も元気に乗り越えられる、夏バテの防ぎ方
    胃腸の冷えと栄養失調を防げば猛暑の夏も健康で過ごせる!! 夏バテの原因…
  13. 13 子宮筋腫の症状は?
    注意して!子宮筋腫の症状チェック。筋腫が大きくなると 肺や心臓まで圧迫する場合も
    子宮筋腫の自覚症状には個人差があり、かなり大きくなるまで無症状というこ…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    外見からはわからない障害を抱えている人がつけるマークを知っていますか?…
  15. 15 「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    「昼顔」紗和「あなそれ」美都から見える、不倫に陥りやすい女性の特徴
    波瑠さん演じる「ヒロインの美都がクズすぎる!」と、批判の声が上がり大き…
  16. 16 産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    産後もいいセックスライフを送りたい! 産後のセックスはどう変わる?
    以前の体に戻り始める産後。「前よりゆるくなる?」などの不安を解消して、…
  17. 17 男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    男の子の産み分けにチャレンジ! 男の子産み分けの鉄則4
    せっかく妊娠するなら、できれば希望の性別の子を授かりたいと思うのは自然…
  18. 18
    大黒摩季が克服した『子宮腺筋症』ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】
    子宮疾患の治療のため活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季…
  19. 19 仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    仕事中でもできる簡単ストレッチ-足の冷えとむくみを解消!
    脚全体の筋肉を使って循環を促し、冷えやむくみを改善 足、ひざ…
  20. 20 妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    妊娠検査薬が陰性でも妊娠の可能性がある5つの理由|生理が遅れた原因
    市販の妊娠検査薬はとても正確。なかには、精度が99%と言われるものまで…

一覧