肌の透明感を引き出すスキンケアとは|黄色い肌は糖化の証?

乾燥する季節、あなたの肌に透明感を宿らせる方法

乾燥、古い角質、血行不良、メラニン、糖化……。肌から透明感を奪っている原因をチェックし、ケアしよう

透明感は、血行よくみずみずしくハリのある健康肌から生まれる

 今年の夏はかつてないほどの猛暑で、体力自慢の私もさすがにバテました。ところが、秋はいつ来たの? と尋ねたくなるくらい、夏から一気に冬の気配。皆さんの肌もちょっとびっくりしているのではないかしら。

 いきなり気温が下がり、空気が乾燥すると、肌も一気にカサカサになります。カサカサにしぼむと、顔中に無数の小じわができ、透明感を失い、老けて見えるんですよね。ところでよく言われる、肌の「透明感」って何だと思います? 肌色のことじゃない。色白でも透明感のない肌もあれば、色黒でも透明感のある肌もある。透明の反対は濁り。濁った肌色を、くすみと呼びます。透明感とは、光が肌を透過して、内側から輝くような光を放つことをいうのだと思います。

 この光を阻む原因がいくつかあります。まず水分が肌の内側にたっぷりなければ、光が透過できません。また、血行がよくないと肌はくすむので、透明感が出ません。そして肌のキメが整って、ハリがなければ、光が乱反射してしまい、やはり透明感は生まれません。
 つまり、透明感は血行がよくみずみずしく、ハリがありキメの整った健康的な肌でなければ生まれないのです。美肌=健康肌=透明感のある肌、なわけ。

 冬は紫外線も弱まり、みんな一段階肌色が白くなりますが、そんなことで喜んではいられない。むしろ乾燥で肌が白っぽくなると、透明感が消えるのですから。

肌が硬く黄ぐすみが気になるときは、肌の「糖化」かも

 では、具体的にどういうケアをすればいいかです。
 まず、乾いた肌に水分などの潤いを補給すること。つぎに肌から水分が蒸発しないよう、肌表面を油分のある乳液やクリームで保護すること。これらはキホンのキ。シミやくすみなどの色素沈着が気になる人は美白コスメも、もちろん有効。

 また肌表面がごわつき、いくらスキンケアをしても肌がふっくらみずみずしくならないなら、肌表面に本来は剥がれるべき古い角質が溜まっている場合があります。そんなときは夜のお手入れ時に、角質を優しく取り去るローションなどでふき取って、そのあと保湿する。これを1週間も続けると、肌が変わってくると思いますよ。

 さらに、以前に比べて肌が硬く、とくに黄ぐすみが気になるという場合、肌の「糖化」が考えられます。これは昨年くらいから一般的にもクローズアップされている、肌の老化要因です。「糖化」とはタンパク質に糖がくっつく現象で、糖化が起こると真皮のコラーゲン繊維などタンパク質が劣化し、硬くなり、黄ばんでくるのです。さらに糖化は真皮だけでなく、表皮でも起こること、また紫外線に当たると糖化が進むことなどが、最近の化粧品メーカーの研究でも明らかにされています。

 最近ではこの糖化を防ぐエイジングコスメも続々と開発されているので、黄ぐすみと肌の硬化が気になるなら、チェックしてみてください。

コントロールカラーがくすみのカバーと透明感を同時にかなえてくれる

 さて、透明感はメイクで出すことも可能です。ただし、色の明るいファンデーションを使っても、残念ながら肌のくすみを十分に消し去ることはできません。というのも、くすみとファンデーションの白が重なるとグレーになって、顔は白っぽいけれど顔色が悪くなるからです。

 ではどうすればいいか。まずとっても重要なのは、メイク直前に乳液や美容液、べたつきの少ないクリームなどで十分に保湿をすること。メイクは肌が乾燥していると、白浮きして老けて見せます。メイクで透明感を出すときも、肌の潤いは不可欠なんです。

 そのあと、ややオレンジがかったピンク系の色つき下地(コントロールカラー)を使うのが正解。ピンクは肌に透明感を与え、オレンジは肌のくすみを相殺する効果があるので、くすみのカバーと透明感を同時にかなえてくれるのです。そのあとファンデーションを薄くのばせば、ナチュラルで透明感のある肌の完成。ドラッグストアなどでも手に入るので、ぜひ試してみてください。

 美肌は透明感が命。自分の肌から透明感を奪っている原因は、乾燥なのか、古い角質なのか、血行不良なのか、メラニンなのか、糖化なのか…。チェックしてケアすれば、必ずあなたの肌にも透明感が宿りますよ。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
山崎 多賀子さん


美容ジャーナリスト
化粧品メーカー、女性誌の編集者を経てフリーに。スキンケアからメイク、健康・メンタル美容まで幅広いジャンルで取材を続ける。著書に自らの乳がん体験談や乳がん患者に役立つ情報をまとめた『「キレイに治す乳がん」宣言!』(光文社)、人気連載をまとめた『山崎多賀子の極楽ビューティ体験記』(扶桑社)がある。NPO法人キャンサーリボンズ理事。NPO法人キャンサーネットジャパン認定乳がん体験者コーディネーター。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

赤みもくすみも下地で解決!カラーコントロールで肌色補正

今日ま待ちに待った彼とのデート。前日からバッリチ決めた服装や靴は完璧なのに、顔色が悪いなんてどうしようと焦っているあなたへ、お肌のお悩み別にカラーベースを取り入れる豆知識をご紹介したいと思います。【SOS】顔色をよくしたい!お肌の悩みを... 続きを読む

あなたはどのタイプ?肌質別ファンデーションの選び方

あなたはファンデーションを選ぶとき、どのように選びますか?実はなかなかこれが難しいのです。昔は肌色よりワントーン暗いカラーが合うと言われてきましたが、今では鎖骨の色と合わせるとよいとも言われています。それにリキッドタイプクリームタイプ、... 続きを読む

乾燥肌に特におすすめのスキンケア法♪乳液洗顔ってどうやるの?

乾燥肌にオススメしたい、それ以上にオイリーにも混合肌にも優しい乳液洗顔というものがあります。 その名のとおり乳液を使うのですが、一体どうやって洗顔するのでしょうか?ベタ付きなどは感じないのでしょうか? 乾燥肌に特におすすめのスキンケア法... 続きを読む

肌の露出ダイエット

見られればやせる?
の真相 「見られるとやせる」という話をちまたでよく聞きますが、それを本当だと信じている人はまずいないと思います。「見られればやせる」──それが本当なら、やせたい部分(太腿や二の腕、ウエストなど)... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

妊活にも、健康管理にも  知っておきたい基礎体温キホンのキ

“妊娠希望の29歳です。基本的なことはネットで勉強したのですが、まだよくわかっていない部分があるので教えてください” (質問者
wtpmjgda98765さん) 教えて!goo 妊娠を計画し始めたら、基礎体温をつけるのは妊活の第一歩!... 続きを読む

酢ダイエットレシピ オレンジのバルサミコ酢かけ

シミ対策にはCとバルサミコ
オレンジの甘味にバルサミコがマッチ!1人分39kcal 材料
2人分 オレンジ…1コ バルサミコ酢…大さじ1 砂糖…好みで適量 作り方 1)アボカドは、皮と... 続きを読む

ハリとツヤを出すフェイスヨーガ

フェイスエクササイズ+雄牛のポーズ
目安左右1セットずつ 雄牛のポーズは、腰への血液循環を促し、丹田を整え、足腰を強化。能力を開発するパワーアップヨーガです。姿勢を美しくし、肌にハリとツヤを与えます。また、... 続きを読む

健康的な美肌に仕上げるベースメイクのコツ-くすみの隠し方

こんにちは。美容ジャーナリストの山崎多賀子です。さっそくですが、みなさんは、毎日しているメイクで、自分の魅力を存分に引き出せている、という自信はありますか?
習慣でなにも考えてない。昔から同じメイクをしている。こんな方も少なくないのでは?... 続きを読む

「乾燥=小じわ」は勘違い?正しいスキンケア知識を手に入れてプルプルお肌に!

「なんだか最近小ジワが気になる…!」「お肌の乾燥が小ジワを引き起こしているのかも」と、一生懸命クリームを塗っている方に朗報です。実は「乾燥=小じわ」というイコールの関係ではないんです。今回は、小ジワが出来てしまうメカニズムを交えながら、... 続きを読む