冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

保湿剤と日常生活上のケアで肌荒れ、かゆみを防ぐ

冬は乾燥により皮膚のバリア機能が低下。ちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみを感じるように

乾燥した肌では皮膚のバリア機能が低下している

 冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手洗いや食器洗いにお湯を使ったり、お風呂も熱めにしがちですが、熱いお湯は皮膚の保湿成分まで洗い流してしまいます。
 このように、冬は皮膚を乾燥させる要因が重なりやすく、肌荒れや皮膚のかゆみを起こしやすくなります。

 健康な皮膚には、体内からの水分の蒸発を防ぎ、外部から刺激物や異物の侵入を防いで体を保護する「バリア機能」があります。皮膚の表面を皮脂膜が覆い、その下に角質細胞がレンガのようにきれいに積み重なってバリアを作り、天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質(セラミドなど)が水分をしっかりと保持しています。
 しかし乾燥すると皮脂膜は不足し、天然保湿因子や細胞間脂質も減って角質細胞はばらばらに乱れ、そのすき間から水分が逃げたり刺激物が侵入しやすくなります。このように乾燥によりバリア機能が低下し、ちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみを感じるようになります。

 加齢によって角層が薄くなっている高齢者や、皮膚のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の人は、元々肌が乾燥しやすいので冬は一層の注意が必要です(「肌のバリアを高めてアトピー性皮膚炎を防ぐ」参照)。

症状が軽いうちに保湿剤をたっぷり塗ってケアしよう

 洗顔後に顔がつっぱる感じがしたり、ポリ袋を指でめくりにくくなったりしたら、皮膚が乾燥している証拠。今は大丈夫でも、今後かゆみが出てくる可能性があります。
 肌がかさついたり少しかゆみがあるくらいなら、セルフケアでの対処が可能ですが、かゆみとともに赤みや湿疹が出たり、全身がかゆくなったりすると治りにくく、皮膚科で治療しなければなりません。早めに保湿剤などを使ったセルフケアを行い、症状を悪化させないようにしましょう。

●入浴後の保湿剤を使ったケアから始めよう
 保湿剤は1日1回、入浴後にたっぷり塗ります。乾燥やかゆみが気になる人は朝も塗りましょう。入浴中は皮膚表面の水分量が増えて肌はしっとりしますが、入浴直後から乾燥し始め、放置すれば入浴前よりも乾燥してしまいます。入浴後5分ほどで汗がひいたらすぐに、保湿剤を軽くなじませるように塗ります。

 保湿剤には、油分の多い順に軟膏、クリーム、乳液、ローションなどのタイプがあります。皮膚の状態や使い心地などから、自分に合ったものを選んで使いましょう。
 使用する量も重要です。手のひら2枚分を塗る分量として、軟膏なら人差し指の先から第一関節まで(約2.5cm)、乳液なら1円玉の大きさが適量とされています。

暖房は低めに、お風呂はぬるめで皮膚の乾燥を防ぐ

 保湿剤を使ったスキンケアに加え、日常生活全体で皮膚が乾燥する要因をなるべく除くように心がけましょう。以下に部屋の暖房と入浴の注意点を挙げます。

●暖房の設定温度は低めに、湿度は高めに保つ
 暖房の設定温度が高いほど湿度は低くなります。室内の温度は18~23度、湿度は50~60%程度に保ちましょう。加湿器があれば使用し、なければ濡れタオルをつるしておいてもよいでしょう。

●入浴はぬるめのお湯で
 湯温が高いほど皮脂や細胞間脂質などの脂分が奪われやすいので、熱い湯は避けて、38~40度程度のぬるめのお湯でじっくり温まりましょう。

●石けんはよく泡立てて
 乾燥が強いときやかゆみがあるときは、硬いナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うのはやめましょう。石けんをよく泡立て、手のひらでやさしく洗うのが、皮膚への刺激が最も少ない方法です。また、毎日石けんで洗うのは、汚れやすい部分だけで十分です。

 冬の間はこれらのセルフケアを継続して行い、お肌を乾燥から守りましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
上出 良一先生


東京慈恵会医科大学皮膚科学講座教授
同大学附属第三病院皮膚科診療部長
1973年東京慈恵会医科大学卒。81年より2年間ニューヨーク大学メディカルセンターならびにカリフォルニア大学サンディエゴ校メディカルセンター皮膚科研究員として光線過敏症の研究に従事。2005年東京慈恵会医科大学皮膚科学講座教授。07年より現職。専門分野は光皮膚科学、特に光線過敏症、アトピー性皮膚炎(アトピーカフェ主宰)、心身医学、褥瘡・スキンケア。学会活動は日本皮膚科学会(代議員)、日本研究皮膚科学会(評議員)、日本光医学・光生物学会(理事)、太陽紫外線防御研究委員会(理事)、光皮膚科学研究会(代表世話人)、日本褥瘡学会(常任理事)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子どものアトピー性皮膚炎を予防-早期ケアと皮膚バリア機能を高めよう

子どもの皮膚病の大半を占めるといわれるアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気です。ほとんどは乳幼児期に発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、成長とともに自然に治っていきます。しかし最近では、大人になっ... 続きを読む

乾燥でお肌がかゆい。そんな時の救世主!肌バリア機能を高める「植物油」

お肌が乾燥して粉が吹いている、痒くてかきむしって血がにじんでしまった、など乾燥によるトラブルが激しくなるこの季節。乾燥がひどくなると毛穴なども目立つようになり、あまりよろしくありません。ひどくなる前に肌のバリア機能を整えてあげましょう。... 続きを読む

夏のダメージを解消するお肌と頭皮のケア-ポイントは朝のスキンケア

この夏、日本列島を襲った猛暑は危険レベルでしたね。日中をアウトドアで過ごした人はもちろん、ずっとエアコン下で過ごした人も、肌が夏バテしているのでは?
外気が乾燥し始める前の秋口に、夏ダメージをリセットしておかないと、老化スイッチが入った... 続きを読む

美肌のコツは角質層のバリア機能の強化-乾燥しないスキンケア

寒いですね~。しかも静電気がバリバリ起こるほど空気が乾燥してきました。寒さで皮脂も出ないし、お肌はカサカサ。だから、肌の潤い補給をしなくちゃ、って思っている人も多いのでは?
それも間違いではないんだけれど……。潤いを与えても与えても、「乾... 続きを読む

冬のお肌ケア-乾燥からお肌を守る方法|洗顔やメイクのコツ

ウインターシーズンの大敵は戸外の風!
冷たい風に当たると、肌は急速に乾燥してしまいます。ですから風の強い日の外出は注意が必要。スカーフを上手に使うなどして、顔をじかに風にさらさないようにしましょう。また、エアコンの風にもご注意。加湿器を使... 続きを読む

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む

メイクの上から保湿してくれる!オフィスでの乾燥ケア法

オフィスでは年がら年中エアコンを使っていますから、乾燥もします。では、オフィスでメイクの上から保湿することはできるのでしょうか?女性にとって肌がもちもちであることは理想的。 オフィスでの乾燥対策を今からでも行いましょう。メイクの上から保... 続きを読む

いつものついでにやってみて!実は保湿すべきパーツ3つ

毎日スキンケアを頑張っている30、40代の女性は、フェイスばかりを一生懸命美しくしようと思っていませんか?実は、保湿すべきパーツは他にもあるんです。同性からも憧れられるすべすべ肌になるために、保湿を見直しましょう。いつものついでにやって... 続きを読む

赤ちゃんのお肌は生まれた直後からの保湿が大事!しっかりケアでアレルギー予防も

赤ちゃんの肌はツルツル、スベスベのイメージがあり、スキンケアなどしなくても大丈夫だと誤解されがち。しかし、赤ちゃんの時期こそ、しっかりした保湿ケアが大切です。 最新の研究では、新生児期からしっかり保湿ケアをすることで、アトピー性皮膚炎... 続きを読む

素足美人になるフットケア 2 足浴のすすめ、ドライヤーでもOK?

長時間立ちっぱなしだったり、一日中ハイヒールをはいて過ごしたりして足が疲れたり、むくんだとき。あるいはこの季節、寒くて足が冷えきってしまったとき、足浴をためしてみませんか?
足をお湯につけて温めると、足先の血管が広がって、血行がよくなり... 続きを読む