冬場のブーツによるかゆみや臭い対策-5つの簡単セルフケア

ブーツの中は高温多湿。水虫菌や常在菌の繁殖に最適

かゆみは水虫から、においは汗から。密封ブーツの中で蒸され続けた足は、毎日洗ってしっかり乾燥を

白癬菌による水虫がかゆみの主な原因

 冬の外出には、おしゃれで温かいブーツが重宝しますね。でも、履いている最中に足がかゆくなったり、脱いだときにプ~ンとにおったことはありませんか? これ、ブーツを利用する人には誰にでもありがちなことなのですが、工夫しだいで抑えることはできます。自分を快適にし、人にも好印象を与えるブーツの履き方を知っておきましょう。

 かゆみの主な原因は水虫。カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が引き起こします。夏につきものの水虫が冬にも起きるのは、ブーツが気密性が高く、履いていると冬でも内部は高温多湿になりやすいから。白癬菌は高温多湿の環境で繁殖するので、ブーツの中は格好のすみかになるのです。

毎日の足洗いで水虫の危険は大きく減らせる

 白癬菌のエサになるのは、爪や皮膚の表面の角質にあるケラチンというたんぱく質。角質はアカとなってはがれ落ちますが、水虫に感染している人のアカには白癬菌がついていますから、それを素足で踏んだりすれば感染するのは当然。日本人の3分の1は白癬菌を持っているといわれ、不特定多数の人が素足で歩く温泉やプールなどでは、ほぼ100%白癬菌がいると思ってよいでしょう。

 白癬菌は爪やアカの中では1年以上も生き続けるとか。そうなると、感染はほとんど避けようがなさそうですが、実は白癬菌の感染力はそれほど強くはないといわれます。仮に感染しても角質層の中まで入り込むには丸1日以上かかるといわれていますから、毎日外出から帰ったらなるべくすぐに足をしっかり洗っておけば、水虫になる危険を大きく減らすことができるでしょう。

においの最大の原因はたっぷりとかく汗

 もう1つの悩み、におい。それをもたらす最大の原因は、両足で1日に200mlもかくといわれる汗です。ほぼコップ1杯分もの汗が発散されれば、ブーツの中はさしずめ蒸し風呂状態でしょう。そんな中で皮膚にすみつく雑菌が汗やアカの成分を分解し、いやなにおいを発生させます。

 ブーツの中で蒸され続けた足のかゆみや不快なにおい。最近は内側が起毛されてより温かなブーツや保温性の高い靴下・タイツが人気ですから、冬のブーツにまつわる悩みは尽きることがないでしょう。そこで、かゆみやにおいを少しでも抑えるために、以下のようなセルフケアに努めてください。

●靴下…綿、ウールなど吸湿性が高いものを。5本指ソックスは指の間が蒸れにくくおすすめ。
●乾燥…オフィスでは通気性のよい靴やサンダルなどに履き替える。帰宅したらできるだけ素足で過ごす。
●清潔…入浴しないときでも毎日足を洗う。足裏や指の間まで石けんでていねいに。洗った後は、乾いたタオルで指の間までしっかりと水分をふき取る。
●靴…1日履いたブーツは陰干しして乾燥させておき、翌日は別の靴で。
●バスマット、スリッパ…バスマットはこまめに洗濯し、家族と暮らしている場合はスリッパを共用しない。

 以上のようなセルフケアをしてみても足がかゆい・皮がむけてきた、というようなときは水虫になっているかもしれません。まずは市販の水虫薬を試してみるのもよいですが、改善しないときは早めに皮膚科を受診しましょう。
 薬は入浴後などに足裏全体や指の間にまんべんなく塗ります。症状がおさまっても菌が残っているかもしれないので、半年間は塗り続けることが水虫対策のポイントです。

(編集・制作 (株)法研)

その他のヘルシーウーマンコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ブーツが欲しい!

Q.とにかく脚の太い私!
ブーツは諦めなきゃダメでしょうか……レスキューはこちら→ Q.2008年秋冬・今シーズン履くとしたらどんなブーツがおすすめですか?レスキューはこちら→ 政近先生からのファッシ... 続きを読む

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

ブーツのニオイの原因は雑菌にあった!雑菌駆除の対策はこれ

ファッションアイテムとして欠かすことのできないブーツ。しかし、どんなブーツにも共通点があります。それは長時間履くとニオうこと。ブーツのニオイは雑菌が原因だと言われています。では、その雑菌を排除するにはどのような手段があるのでしょうか?ブ... 続きを読む

とにかく脚の太い私! ブーツは諦めなきゃダメでしょうか……

Q.とにかく脚の太い私!
ブーツは諦めなきゃダメでしょうか…… A.ふとももorふくらはぎ、太い部分によって選ぶブーツは異なります。
秋冬の定番アイテム・ブーツ。毎年、色々な素材やデザインが出て、目... 続きを読む

あれっ!?ブーツが入らない!夕方の困ったむくみの原因と解消法

夕方になると足がむくんで、「ブーツがきつい!」「ブーツが入らない!」と困った経験がありませんか?そんな時むくみを解消する方法をしておくととても便利。そして、むくみを解消するにはその原因を知っておくことが重要なポイントとなります。そこで、... 続きを読む

2008年秋冬・今シーズン履くとしたらどんなブーツがおすすめですか?

Q.2008年秋・今シーズン履くとしたらどんなブーツがおすすめですか? A.今年はスエード素材のブーツが一押し!
全体的なファッションの傾向としては、つい最近まで流行っていたチュニックなどのふんわり女の子ら... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part1-完治しずらい爪水虫、手にも水虫?

水虫というと高温多湿の夏に多い病気で寒い冬場には関係ない病気、と思っている方がいらっしゃるとしたら、それは大きな間違いです。足の裏や足の指の間にできる水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる真菌(しんきん)が爪に侵入して起こる爪水... 続きを読む

おへそのゴマを取るとお腹が痛くなるのは本当? お手入れの仕方

子どものころ、「おへそのゴマを取ってはダメ」と言われた記憶はありませんか?
言われると余計に気になって、恐る恐る取ってみた!
という人もいるのではないでしょうか。そもそも「へそのゴマ」ってなんでしょう?
その前に、おへそって何のためにある... 続きを読む

素足美人になるフットケア 1 清潔と保湿|肌を傷めないムダ毛処理

毎日、顔はちゃんと洗ってケアをしているのに、足のお手入れを忘れている人が意外と多いようです。足は1日中動き回っていることもあり、思いのほか汚れているものです。せめて1日の終わりには、やさしくいたわってあげたいものです。
まず、バスタイ... 続きを読む

基礎代謝アップ!高温反復入浴法

温泉
温泉に入浴するだけでダイエットすることの出来る方法をご紹介します。高温反復入浴法とは、42度前後の熱いお湯に何度も入る入浴法になります。具体的な方法としては第一に水分補給です。入浴の15分前に行うようにするとベター。それから最低限... 続きを読む