軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

食品用ラップを使った閉鎖療法

「傷にはガーゼ」という常識を打ち破る新療法。別名「ラップ療法」ともいわれる「閉鎖療法」とは。

消毒薬とガーゼは禁物! 自然治癒力を生かした閉鎖療法

 「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?

 ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥させます。傷口が乾燥すると体液が固まってかさぶたになって、傷の治癒が遅れたり化膿する原因にもなってしまうのです。

 閉鎖療法は、傷口に消毒薬やガーゼをいっさい使わず、フィルム状の被覆材で覆うのが特徴です。傷口から出てくる体液を被覆材で覆い、湿った状態にしておくことによって自然治癒を高め、新しい皮膚が傷口を覆う体の働きを早めるのです。

傷から出る体液が傷を治すしくみ

 けがが治り傷口に新しい皮膚ができるまでは、複雑なプロセスをたどります。

 けがなどで皮膚が破壊されると、まず傷口に血小板が集まり血を凝固させ止血します。次に好中球やマクロファージなどの白血球が局所に集まり、死んだ細胞や雑菌を除去します。そして繊維芽細胞が集まって傷口を閉じ、最後に表皮細胞が集まり、新しい皮膚が傷口を覆っていきます。

 閉鎖療法では、被覆材で覆われた傷口から、ジクジクした黄色っぽい体液が分泌されます。一見すると膿のようなこの分泌液には傷を治す成分が含まれています。最初は大量に分泌される体液はしだいに少なくなり、3~4日で新しい皮膚が再生されます。

とっさのときに役立つラップを使った閉鎖療法

「目からウロコ」の閉鎖療法。けがは時間と場所を選ばず起こるものです。いざというときのために、身近な材料でできる治療法を紹介しておきましょう。

 治療に使うのは食品用ラップ、白色ワセリンかプラスチベースといった市販の安価な軟膏、ラップを止める絆創膏、包帯、タオルかガーゼ。いずれも家庭にあるか、手軽に入手できるものばかりです。

 まず、このラップを使った閉鎖療法のポイントは、傷口をしっかり水洗いすることです。異物が残っていると化膿したり、跡が残ることがあります。ラップは傷よりふたまわりほど大きめに切り、軟膏があればラップの傷口にあたる部分に塗ります。軟膏を塗ると痛みが早く引きます。

 ラップをかぶせたら、四方を絆創膏で固定します。ラップは1日1〜2回をめどに交換します。ラップを交換するときには、傷口を洗うようにしましょう。さらに、自己治癒力によって傷口に体液が分泌されますので、ラップの上から包帯を巻きます。傷が深く多くの体液が分泌された場合は、包帯を巻く前にタオルやガーゼで体液の漏れを防ぎます。

 こうした手順で治療をすれば、3〜4日で新しい皮膚が再生されてくるでしょう。子どもの場合、痛がって暴れるなど、うまく洗えないときには医師に診てもらいましょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
夏井 睦氏


傷の治療センター長

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

冬につらい冷え性が意外なもので解決する? 30秒で血行改善

毎日を健康に過ごすためには血液の循環がよく、体のすみずみまで血液が行きわたっている必要があります。心臓から送り出された血液は体の細胞に酸素と栄養を供給し、老廃物と二酸化炭素を回収して排出します。
そのため血液循環が悪いと体のすみずみまで... 続きを読む

アウトドアで虫に刺されたときの対処法-蜂は二度目が危険、予防法

この夏、キャンプやハイキング、山登りなど、アウトドアで楽しもうと考えている人も多いことでしょう。忙しい日常から開放され、自然と触れ合うのはとても楽しいものですが、自然の中には、蚊やブユ、ハチ、ムカデ、マダニなど、人を刺す虫もたくさんいます... 続きを読む

漢方薬にもある副作用-薬の副作用が起きるしくみについて

副作用がゼロの薬はない、漢方薬も例外ではないことを知って。 薬本来の目的以外の好ましくない働きが副作用。副作用が起こる仕組みと、起きた場合の対処法について解説します。 漢方薬だからといって、副作用がゼロではない 病気を治したり、症状... 続きを読む

虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。

美意識が高い美LAB.の読者さんたちは、これからの季節に向けてバッチリ紫外線対策をしている!という方も多いことでしょう。しかしそんな中、盲点が「虫刺され」によるシミなのです。虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。 「... 続きを読む

ブーツのニオイの原因は雑菌にあった!雑菌駆除の対策はこれ

ファッションアイテムとして欠かすことのできないブーツ。しかし、どんなブーツにも共通点があります。それは長時間履くとニオうこと。ブーツのニオイは雑菌が原因だと言われています。では、その雑菌を排除するにはどのような手段があるのでしょうか?ブ... 続きを読む

お花見にもって行きたい! お弁当のアレンジ-ピンチョスレシピ

春到来!
春の始まりはなんと言ってもお花見ですね。今年、桜の開花は早め、関東から西では満開を迎えたところも多いですが、北国ではこれからが本番。そして桜のあとは、新緑とともにつつじやれんげ、チューリップ、ポピーなど美しい春の花々が次々と見ご... 続きを読む

笑うことで難病を克服したジャーナリスト-その3つのポイント

「笑い」は免疫力をアップさせます。実際に、漫才や喜劇を見て、おなかの底から大笑いをした後には、ウイルスやがんをやっつけるナチュラルキラー(NK)細胞という免疫細胞の働きが大幅に活性化したという国内からの報告もあります。
アメリカでは1... 続きを読む

繊維たっぷり オシャレに楽しむ大麦

絶対きます、大麦ブーム
今月のマイフェイバレットフードは大麦。
さまざまな料理法で大麦を生かすために一時期、毎朝昼夜と親しんだ食材。サッポロビールの商品開発で大麦スープを生んだことからも、強い思い入れがあ... 続きを読む

人材教育で大事なこととは? 時には本人のプロセスに委ねてみる

桜の時期も過ぎ、初夏を思わせる気候になりました。新社会人の皆さんは、新しい環境に慣れましたでしょうか。新たに覚えることに追われ、慌しい時間をお過ごしのことでしょう。その一方で、そろそろ周囲の顔を覚え、少し肩の力を抜いて過ごすことができるよう... 続きを読む

便秘を解消して腸をキレイに! 便秘解消に効くおすすめメニュー

快食・快眠・快便とよくいわれるように、食事がおいしく、よく眠れ、お通じもいいことは健康の基本です。しかし現実には、便秘に悩む女性が少なくありません。ストレスや運動不足も便秘の一因となりますが、もっとも影響するのが「食事」です。腸の働きをよ... 続きを読む