健康&美容にいい温泉の効能-泉質によって違う効能一覧

“キレイ”になれる温泉活用術

免疫力を高めたり、美肌をつくるなど、温泉にはたくさんの効用が。“美人”をめざす入浴法をご紹介します。

健康&美容に役立つ温泉

 温泉旅行といえば、友達と楽しく騒いだり、のんびり情緒にひたるのを目的に行くことが多いはず。でも「湯治」という言葉もあるように、温泉はもともと、病気の回復や予防、健康の促進にさまざまな効果を持っています。これを活用しないのはもったいない話。ヘルシーな美人になるために、積極的に「湯治」の効果を利用しましょう。

 温泉の効用はさまざまですが、主なものは次の通りです。
(1)温熱効果によって新陳代謝が活発になり、疲労回復、免疫力増強に役立ちます。
(2)水圧によって、むくみを取り、利尿を促進します。
(3)温泉に溶け込んでいるさまざまな成分が皮膚に付着し、徐々に皮膚をとおして体内に吸収され、薬効を及ぼします。
(4)日常を離れリラックスすることでストレスを解消します。

泉質によって温泉を選ぶ

 温泉王国日本は、泉質の種類も豊富です。主な泉質の効能を説明してみましょう。温泉に行くときは、自分の目的に合わせたものを選ぶといいですね。

○単純温泉……からだに刺激が少なく入りやすい。免疫力を高めるなど、バランスのよい効能を持つ。日本に一番多い温泉。
○二酸化炭素泉……炭酸ガス成分がふくまれている。ガスが皮膚から吸収され、血行をよくして血圧を下げる。
○重曹泉(ナトリウム炭酸水素塩泉)……重曹が皮膚の脂肪や分泌物を落とし、肌をなめらかにする。
○食塩泉(ナトリウム塩化物泉)……塩素イオンが主成分で塩からい味がする。保温効果を持つ。
○硫黄泉……硫黄特有の臭気が特徴。血管を拡げる作用がある。角質をやわらかくするため、皮膚病にも効果あり。
○鉄泉……鉄分が体内に入り造血作用を促すため、貧血に効果がある。

効果的な入浴法

「湯治」効果をアップさせるために、効果的な入浴法を知っておきましょう。

 まず、メイクしたままお湯に入ると、温泉成分が肌に浸透しません。毛穴から老廃物が出るチャンスでもあるので、必ずノーメイクで入るようにしましょう。湯船に入る前には「かけ湯」をします。しないで入ると血圧が急に変化してしまいます。心臓から離れた手足からかけ湯をしてゆっくり入ります。

 入浴時間ははじめは5分以内、慣れるにしたがって長くしていきます。また回数は1日に2~3回が適当です。湯船の中は水圧が強いため、肩まで長時間つかるとグッタリしてしまいます。湯船の中で位置を変えて半身浴するなど変化をつけましょう。

 温泉の成分は皮膚から浸透します。かぶれやすい人は別として、入浴後は上がり湯などで洗い流さない方がいいでしょう。肌がピリピリするなど刺激のあるときは、我慢しないでお湯で流します。

 また、温泉に入っているときは汗が出て体内の水分が減少しています。上がったら必ずお茶やミネラルウォーターなどで水分補給しましょう。

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  9. 9 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  10. 10
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  13. 13
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  15. 15
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  18. 18
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  19. 19 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時的…
  20. 20
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…

一覧