音の癒し効果でリラックス-5つの効果別おすすめクラシック

リラクゼーション効果を高めるミュージックセラピーのすすめ

音楽を聴いて心の疲れを癒すミュージックセラピー。自分に合った曲の選び方などをご紹介します。

まず、好みの音楽を聴いてみる

 最近、医療の分野で注目されているのが、ミュージックセラピー(音楽療法)。これは、さまざまな音楽を聴いてリラックス効果を得たり、集中力をアップするというもので、アメリカでは音楽を使った心理カウンセラーやミュージックセラピスト(音楽療法士)という職業も成り立っているほどです。

 音楽が心とからだに与える影響はいろいろ。アルファ波を誘い脳をリラックスさせる音楽や、潜在意識に働きかけるサブリミナル効果を持った音楽、さらによく眠れる音楽など、多種多様なリラックス効果が期待できます。

 ミュージックセラピーは、自分の部屋で試してみられるお手軽さがいいですね。一日の終わりにたまった疲れを癒すために、あなたも取り入れてみませんか。

 ミュージックセラピーの第一歩は、自分の好きな音楽を聴くこと。ただし、ストレス解消効果を求めるなら、なるべく激しい曲は避けましょう。気分がおちこんでいるときに賑やかな曲を聴くのも逆効果になります。

 適しているのは、ゆるやかなテンポの曲。そして少し気分が明るくなってきたら、徐々に感情が高揚していく音楽や、フィナーレでは小川の流れや小鳥の鳴き声など、自然の音を取り入れた曲を聴いていくのが理想です。

 音楽を聴いていて、「飽きたな」と思ったらそこでやめること。無理して聴き続けていると、それもまた、ストレスを蓄積する原因になります。

おすすめはクラシック

 ミュージックセラピーで効果が上がりやすいジャンルはクラシック。駒沢女子大学の富田たかし教授(認知心理学)は、その人の心の状態によって、適したクラシックの作曲家をあげています。自分はどのタイプにあてはまるか見てみましょう。

ケースその1
「人づき合いに疲れ、疑り深い性格になってしまった。もっと素直な心を取り戻したい」
モーツァルト:“永遠の少年”モーツァルトの音楽は、心に素直さを呼び戻してくれます。

ケースその2
「難題をのりこえて、夢を実現したい」
ショパン:かなわぬ夢を追い続ける情熱的な音楽が前進する勇気を与えてくれます。

ケースその3
「神経過敏で他人を傷つけがち」
バッハ:調和のとれた音楽が現実を肯定する力を養って、気持ちを丸くしてくれます。

ケースその4
「試練に打ち勝ちたい」
ベートーベン:驚異的な集中力と粘り強さが心を奮いたたせます。

ケースその5
「落ち込んでしまい、人と会う気もしない」
チャイコフスキー:悲しみの底から再生へと導いてくれる音楽。アイデアにつまったときなどにも適しています。

リラックス効果の高い「純正律音楽」

 「純正律音楽」とは、濁りがなくなめらかな旋律を持つ音楽のこと。ウィーン少年合唱団の歌声やグレゴリオ唱歌、声明(しょうみょう)、お経などがこれにあたります。

 「純正律音楽」にはピアノのように決まった音階はなく、お互いの出す声(音)を聴いて、それに音程を合わせて歩み寄りながら、美しいハーモニーをつくり出します。

 この濁りのないハーモニーが、高い癒しの効果を持つのです。

 癌研究会癌研究所の福田六花医師は、脳波の測定により、「純正律音楽」に質の高いリラクゼーション効果があることをつきとめ、アルツハイマー病患者の治療に役立てています。また、純正律音楽研究会の行ったアンケートによると、純正律音楽を聴いた人では7割が「効果がある」と答えているそうです。

 純正律音楽の要素を持つ音楽は、少年合唱団などの他に、海外ではエンヤ、カーペンターズ、アディエマスなど。日本ではゴスペラーズもあてはまります。あなたもリラックスしたい1日に、聴いてみてはいかがですか?

(「オン&オフ生活術」、法研より)

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    女性はお腹にガスが溜まりやすい? その原因と解消法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと お腹…
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  9. 9
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  10. 10
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  11. 11
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    記憶力のいい人・悪い人の違いって? 記憶力アップの秘訣5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 記憶…
  13. 13
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  14. 14 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  15. 15 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代謝…
  16. 16
    ちゃんと洗っているのに頭皮がかゆい理由は? 正しいシャンプーのやり方
    (編集・制作 (株)法研) (「へるすあっぷ21」法研より) 健康…
  17. 17
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  18. 18
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  19. 19
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  20. 20 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時的…

一覧