DDSって知ってる? ナノテクノロジーを使った未来のスキンケア

皮膚の新陳代謝を活発にする最新・肌治療

女性の皮膚は薄いため、保湿力が弱くシワができやすい。そこで、注目の薬物治療によるスキンケアを紹介。

DDSでアンチエイジング

 「女性がもっている美しくありたいという願いは、ポジティブな生活を送るために大切です」と話す東京慈恵会医科大学DDS研究所所長の水島裕さんは、日本抗加齢医学会理事長も務めるアンチエイジングの第一人者。DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)を応用した化粧品の研究開発にも取り組んでいます。

 DDSとは、薬を患部まできちんと届ける技術で、ナノ(10億分の1)サイズのカプセルに薬剤を入れて、患部に到着したときに放出させる治療法です。これを美容に応用して、肌の細胞を活性化させる成分をナノサイズのカプセルに入れて皮膚に塗布すれば、肌の奥まで成分がしみ通り効果を発揮することができます。

レチノールをナノカプセルに

 肌の細胞を活性化させる治療薬として、アメリカで人気となったのがレチノイン酸です。ビタミンAに似た物質で、皮膚の新陳代謝を活発にする効果をもっています。皮膚の新陳代謝が高まれば、表皮の一番下にあるメラニン色素を含む細胞が押し上げられ、はがれ落ちていくためシミなどが改善されます。

 またレチノイン酸は、真皮で肌の水分や弾力を保つ役割をしているヒアルロン酸の成分を増やす働きももっています。

 ただ、レチノイン酸は効果が高い反面、使い方を誤ると肌のバランスを崩して炎症やシワをつくってしまう危険性もあります。そのため、日本では必ず医師の処方が必要になっています。

 そこで注目されたのが、レチノイン酸と似ていながら作用が弱く、化粧品として使うことができるレチノール。レチノイン酸と同様に肌の細胞を活性化する効果が期待され、副作用の心配が少ないのがメリットです。

 水島さんは、このレチノールを基礎化粧品に応用できないかと考え、ナノサイズのカプセルに入れて投与するDDSの実用化に成功しました。

QOLを高める未来のスキンケア

 「レチノールをカプセルに入れることによって、塗布したときに肌の表面が薬の刺激を受けにくく、肌の奥まで成分が届くようになります。壊れやすいレチノールを確実に運べ、さらに効果の持続にもつながります」と水島さん。

 これからのスキンケアには美容効果だけではなく、美しくなりたいという女性の願いを実現することによって、多くの女性が自信をつけ、行動範囲を広げ、QOL(quality of life)を高めることが求められています。そのためにも、ナノテクノロジーという最新の技術を用いることによって、より効果が高くアンチエイジングを実現するものとなることが期待されています。 

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
水島 裕氏


東京慈恵会医科大学DDS研究所所長

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  8. 8
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  9. 9 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  10. 10
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  13. 13
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  15. 15
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  18. 18
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  19. 19 驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    驚いたときに腰が抜けるのはなぜ?
    脳や交感神経の作用のほかに、病気の一症状としても。 大脳皮質の一時的…
  20. 20
    ネガティブな考えにオサラバ、考え方のクセをつかみ改善する7つの方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ネガ…

一覧