DDSって知ってる? ナノテクノロジーを使った未来のスキンケア

皮膚の新陳代謝を活発にする最新・肌治療

女性の皮膚は薄いため、保湿力が弱くシワができやすい。そこで、注目の薬物治療によるスキンケアを紹介。

DDSでアンチエイジング

 「女性がもっている美しくありたいという願いは、ポジティブな生活を送るために大切です」と話す東京慈恵会医科大学DDS研究所所長の水島裕さんは、日本抗加齢医学会理事長も務めるアンチエイジングの第一人者。DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)を応用した化粧品の研究開発にも取り組んでいます。

 DDSとは、薬を患部まできちんと届ける技術で、ナノ(10億分の1)サイズのカプセルに薬剤を入れて、患部に到着したときに放出させる治療法です。これを美容に応用して、肌の細胞を活性化させる成分をナノサイズのカプセルに入れて皮膚に塗布すれば、肌の奥まで成分がしみ通り効果を発揮することができます。

レチノールをナノカプセルに

 肌の細胞を活性化させる治療薬として、アメリカで人気となったのがレチノイン酸です。ビタミンAに似た物質で、皮膚の新陳代謝を活発にする効果をもっています。皮膚の新陳代謝が高まれば、表皮の一番下にあるメラニン色素を含む細胞が押し上げられ、はがれ落ちていくためシミなどが改善されます。

 またレチノイン酸は、真皮で肌の水分や弾力を保つ役割をしているヒアルロン酸の成分を増やす働きももっています。

 ただ、レチノイン酸は効果が高い反面、使い方を誤ると肌のバランスを崩して炎症やシワをつくってしまう危険性もあります。そのため、日本では必ず医師の処方が必要になっています。

 そこで注目されたのが、レチノイン酸と似ていながら作用が弱く、化粧品として使うことができるレチノール。レチノイン酸と同様に肌の細胞を活性化する効果が期待され、副作用の心配が少ないのがメリットです。

 水島さんは、このレチノールを基礎化粧品に応用できないかと考え、ナノサイズのカプセルに入れて投与するDDSの実用化に成功しました。

QOLを高める未来のスキンケア

 「レチノールをカプセルに入れることによって、塗布したときに肌の表面が薬の刺激を受けにくく、肌の奥まで成分が届くようになります。壊れやすいレチノールを確実に運べ、さらに効果の持続にもつながります」と水島さん。

 これからのスキンケアには美容効果だけではなく、美しくなりたいという女性の願いを実現することによって、多くの女性が自信をつけ、行動範囲を広げ、QOL(quality of life)を高めることが求められています。そのためにも、ナノテクノロジーという最新の技術を用いることによって、より効果が高くアンチエイジングを実現するものとなることが期待されています。 

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
水島 裕氏


東京慈恵会医科大学DDS研究所所長

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  2. 2 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    提供:gooヘルスケア 洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…
  3. 3
    トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  4. 4 自律神経のダメージも防ぐ【スッキリ消臭術】
    家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?
    提供:gooヘルスケア 「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気…
  5. 5
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  6. 6
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    提供:gooヘルスケア (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎…
  7. 7
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  8. 8
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  9. 9
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  10. 10
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  11. 11
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  12. 12
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  13. 13
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    提供:gooヘルスケア (編集・制作 gooヘルスケア) 外見か…
  14. 14
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  15. 15
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    提供:gooヘルスケア お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? …
  17. 17 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    提供:gooヘルスケア 絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    提供:gooヘルスケア 多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然に…
  19. 19
    生理が来ても妊娠の可能性がある? 妊娠初期に起こる出血の原因
    提供:gooヘルスケア 妊娠を望んでいる人にとっても、妊娠を望んでいな…
  20. 20
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    提供:gooヘルスケア 執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社…

一覧