DDSって知ってる? ナノテクノロジーを使った未来のスキンケア

皮膚の新陳代謝を活発にする最新・肌治療

女性の皮膚は薄いため、保湿力が弱くシワができやすい。そこで、注目の薬物治療によるスキンケアを紹介。

DDSでアンチエイジング

 「女性がもっている美しくありたいという願いは、ポジティブな生活を送るために大切です」と話す東京慈恵会医科大学DDS研究所所長の水島裕さんは、日本抗加齢医学会理事長も務めるアンチエイジングの第一人者。DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)を応用した化粧品の研究開発にも取り組んでいます。

 DDSとは、薬を患部まできちんと届ける技術で、ナノ(10億分の1)サイズのカプセルに薬剤を入れて、患部に到着したときに放出させる治療法です。これを美容に応用して、肌の細胞を活性化させる成分をナノサイズのカプセルに入れて皮膚に塗布すれば、肌の奥まで成分がしみ通り効果を発揮することができます。

レチノールをナノカプセルに

 肌の細胞を活性化させる治療薬として、アメリカで人気となったのがレチノイン酸です。ビタミンAに似た物質で、皮膚の新陳代謝を活発にする効果をもっています。皮膚の新陳代謝が高まれば、表皮の一番下にあるメラニン色素を含む細胞が押し上げられ、はがれ落ちていくためシミなどが改善されます。

 またレチノイン酸は、真皮で肌の水分や弾力を保つ役割をしているヒアルロン酸の成分を増やす働きももっています。

 ただ、レチノイン酸は効果が高い反面、使い方を誤ると肌のバランスを崩して炎症やシワをつくってしまう危険性もあります。そのため、日本では必ず医師の処方が必要になっています。

 そこで注目されたのが、レチノイン酸と似ていながら作用が弱く、化粧品として使うことができるレチノール。レチノイン酸と同様に肌の細胞を活性化する効果が期待され、副作用の心配が少ないのがメリットです。

 水島さんは、このレチノールを基礎化粧品に応用できないかと考え、ナノサイズのカプセルに入れて投与するDDSの実用化に成功しました。

QOLを高める未来のスキンケア

 「レチノールをカプセルに入れることによって、塗布したときに肌の表面が薬の刺激を受けにくく、肌の奥まで成分が届くようになります。壊れやすいレチノールを確実に運べ、さらに効果の持続にもつながります」と水島さん。

 これからのスキンケアには美容効果だけではなく、美しくなりたいという女性の願いを実現することによって、多くの女性が自信をつけ、行動範囲を広げ、QOL(quality of life)を高めることが求められています。そのためにも、ナノテクノロジーという最新の技術を用いることによって、より効果が高くアンチエイジングを実現するものとなることが期待されています。 

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
水島 裕氏


東京慈恵会医科大学DDS研究所所長

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  2. 2
    ダイエットにカロリー制限はいらない!? 食べて痩せるダイエットの新常識
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 食事…
  3. 3
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5 美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?
    美容や健康にいいオイルの見分け方-ノンオイルは時代遅れ?
    カロリーを気にしてノンオイルにすると逆に老化を早める可能性が。いい油と…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  7. 7
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  8. 8
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  9. 9
    これができたら一流人間?嫌いな人の取り扱いが楽になる3つの思考法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 社会…
  10. 10
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  11. 11
    意外と知らない耳そうじの豆知識|耳そうじの頻度は?耳かきの使い方は?
    (編集・制作 (株)法研) 耳あかはドライ? それともウェット? 耳…
  12. 12
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  13. 13
    【こころのお疲れ度チェック】20の質問でわかるあなたのストレス疲労度
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 「最…
  14. 14 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  15. 15 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  16. 16
    ダイエット中に飲むべきミネラルウォーターとは?水の種類と選び方
    (編集・制作 (株)法研) ミネラルウォーターは、それぞれ性質や効能…
  17. 17
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  18. 18 夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは
    夏バテに焼肉やにんにくは効かない? 本当にスタミナのある食事とは
    食材の効果を生かした組み合わせを知って夏バテを即効解消。焼肉、にんにく…
  19. 19
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  20. 20
    体の中からキレイになる!顔のくすみ・たるみにはマッサージと食事で改善
    (編集・制作 (株)法研) マッサージと食事で体の内・外からきれいに…

一覧