冬こそたまった毒素をデトックス! 本格的デトックス4つの方法

体のなかからきれいになるには引き算の健康法が効果的

朝晩コップ1杯の水、毎日の食事の工夫、呼吸法、入浴法など、家庭で気軽にできるデトックスを紹介します

デトックスは引き算の健康法

 これから旬を迎えるふきのとう、ふき、つくし、たらの芽、たけのこなど、アクがあってちょっと苦い春の恵みは、冬にたまった毒素を出してくれるといわれています。冬は一般に活動量も落ちて汗もかきにくいため、毒素や脂肪を体にためこみがち。日本人は昔から、意識せずに自然と「デトックス」をしていたのですね。
 ここ数年、本当によく耳にする「デトックス」ですが、知っているようで実はよくわからないことも多いのでは?

 デトックスはdetoxification(体内の有毒物質を毒性の低いものにするという意味)から生まれた造語です。体内の有毒物質というと特別なことのようですが、現代社会では環境汚染、食品添加物、残留農薬などによって、私たちの体は知らないうちに毒素をためこんでいます。そしてこの体内の毒素が、生活習慣病やがん、アレルギー、便秘、冷え性、肩こりといった、さまざまな病気や症状にかかわっていると考えられています。さらに毒素がたまった体では、せっかく体によいものをとり入れてもうまく働きません。

 もともと人間には有毒物質を解毒する機能が備わっていますが、現代の生活では解毒能力を超える毒素を取り込んでしまうため、入ってしまった毒素を出すことが大切。そこでデトックスなのです。デトックスは、体内にたまった毒素を排出することで健康になろうという「引き算」の健康法なのです。

体内にたまった“毒素”とは?

 体内に入り込む毒素には、大きく有害ミネラル(水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなど)と有害化学物質(ダイオキシン、PCBなど環境ホルモンといわれるもの)があります。中でも特に毒性の強い水銀は、汚染された魚介類や歯の詰めものなどに含まれ、体内にたまると腎臓や肝臓障害をはじめ、さまざまな健康障害を引き起こします。また、脂肪分解酵素に吸着して脂肪の燃焼を妨害。つまり水銀をデトックスすることで健康障害を防ぐだけでなく、皮下脂肪を燃やすダイエットにもなるということに。

 病院で行う本格的なデトックスでは、有害ミネラルの過剰摂取がないか調べる「毛髪ミネラル検査」、腸内洗浄、デトックスサプリメントの処方、生活指導などを行いますが、デトックスは病院でしかできないものではありません。

生活の中でできるデトックス

 ここで、家庭で簡単にできるデトックスを紹介しましょう。

●朝晩にコップ1杯の水を飲む
 水はデトックスする上で最も基本となる要素で、排便、排尿、発汗に欠かせない。水道水には鉛や環境ホルモンの存在も確認されるため、ミネラルウォーターか逆浸透膜浄水器を通した水を、常温かそれ以上の温度で。ハーブティーもおすすめ。一気に飲むよりこまめに飲もう。

●デトックス効果の高い野菜を積極的に
 有害ミネラルの75%は便から排出されるため、お通じをよくすることはとても重要。食物繊維を十分とり腸の善玉菌を増やす食生活を心がけ、よくかんで食べる(唾液には毒を分解したり殺菌したりする作用がある)。次にあげる食品にはデトックス効果があるので積極的に食べたい。

毒素を捕まえて出す:たまねぎ、れんこん、海藻、玄米、りんご、コリアンダーなど
毒素をくっつけて出す:ごぼう、こんにゃく、さといも、にら、ねぎ、たまねぎなど
肝臓の解毒作用を強化:たまねぎ、にら、にんにく、ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、大根など
活性酸素を抑える:みそ、しょうゆ、にんじん、ほうれん草、ブロッコリー、ごまなど

●深呼吸で生体リズムを整え体内毒素に負けない体に
   自律神経をきたえ、全身の生体リズムを整えるのに効果的。次の方法で深呼吸を。
(1)背中を伸ばしていすに腰掛け、口から息を吐ききる。(2)鼻からゆっくり息を吸い込む。このとき首や肩に力を入れる(肩が上がる)。(3)口から息を吐き出すと同時に一気に肩の力を抜く(肩が下がる)。

●半身浴やシャワー浴で汗を出す(ウォーキングにも同様の効果あり)
 じっくり体を温め皮脂腺を開いて汗を出すと、毒素や脂肪分が排出されやすいため、ぬるめのお湯におなかのあたりまで20分ほどつかる半身浴がおすすめ。リンパ液の流れをよくして毒素の体外への排出を促すため、シャワーによるマッサージを併用しよう。リンパ管と静脈の交わる左の鎖骨から浴び、手、足とも体の先端から心臓に向かって当てる。入浴中や入浴後にリンパの流れに沿ってマッサージをするのも効果的。水分補給も忘れずに。

(「すこやかファミリー」、法研より)

【監修】
大森隆史氏


銀座サンエスペロ大森クリニック院長
1954 年大分県生まれ。79 年九州大学工学部大学院合成化学専攻修士課程終了。石油会社勤務後、医師を志し 83 年九州大学医学部入学。89 年同大学卒業。福岡徳洲会病院、大分医科大学、大分県立三重病院などで、主に呼吸器内科、神経内科などを経験。2002 年 4 月より「銀座サンエスペロ大森クリニック」の院長として就任。西洋医学、補完・代替療法の区別をなくした統合医療を基本に、機能性食品などを用いたデトックス診療に取り組んでいる。また、各種講演会活動を通じ、デトックス ( 体内浄化) 療法という新しい医療の流れを広げる活動をしている。

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    使うほどお尻にダメージが…ウォシュレットでお尻が悲鳴を上げている
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  2. 2 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  3. 3
    知りたくなかったかも…身の周りにあるトイレよりも不潔なものたち
    見た目では意外とわからない、トイレより不潔なもの。実は、自分の体の一部…
  4. 4
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  5. 5
    おデブサラダになっていませんか?太るサラダと痩せるサラダの大きな違い
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…
  6. 6
    【女性に多い貧血】体がだるい・動悸…鉄分が足りないサインとは?
    (編集・制作 (株)法研) 【取材協力】澤田 賢一先生 秋田大学医学…
  7. 7
    コンビニ弁当を食べ続けると早死にする? その理由は…
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 忙し…
  8. 8
    知っておきたい女性の『アソコ』5つの真実|大事な場所の正しいケア方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと デリ…
  9. 9
    1分で寝落ちしちゃう!? 気絶するように眠りにつける呼吸法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ベッ…
  10. 10 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  11. 11 ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    ブラジャーを外すと跡がくっきり! この原因はなに?
    下着売り場でブラジャーのサイズを測ってもらったのはいつ? 実はサイズが…
  12. 12
    たくさん食べてないのに太るのは『モナリザ症候群』かも?原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  13. 13
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  14. 14
    お風呂の入浴剤はもう不要!?キッチンのある物を入れるだけでOKの入浴法
    (編集・制作 (株)法研) 自宅でのバスタイム、天然温泉、クアハウス…
  15. 15
    【女性の病気】こんな症状がでたら婦人科へ!注意してほしい8つの症状
    (編集・制作 (株)法研) 信頼できる婦人科医が決まっていると、毎日…
  16. 16 年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    年齢よりおばさん臭く見えてるかも?見た目年齢を左右する体内老化度診断!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 街中…
  17. 17
    顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 顔が…
  18. 18
    目のかすみ・ぼやけ・近くのものがみえづらい…眼精疲労のタイプと症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 【監…
  19. 19 無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    無性にスイーツが食べたくなるのは砂糖中毒?砂糖依存症度チェック
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 疲れ…
  20. 20
    “座り続けること”は体にも脳にも悪影響…死亡リスクも増加!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…

一覧