救命具AEDとは? 音声ガイド付きだから安心して使用できる

AED(自動体外式除細動器) はあなたでも使えます

救急車が来るまでの間、1分でも早い救命活動を

電気ショックで心臓のリズムを回復させるAED

 ここ数年、駅やデパートなどで「AED」と表示された卓上電話ほどの大きさの救命装置を見かけるようになりました。AED(自動体外式除細動器)とは、「心室細動」を起こした心臓に強い電気ショックを与え、心臓の動きを回復させるための医療機器です。

 心室細動とは、心臓病の発作などで心臓の筋肉がけいれんを起こし、全身に血液が送れなくなった状態を起こす不整脈のことで、心臓突然死のほとんどがこれによって起こっています。また、野球のボールが胸に強く当たるなど、心臓が強い衝撃を受けて起こすこともあるなど、心室細動はだれにでも起こる可能性があります。

 心室細動が自然に治まることはまずありません。強い電流を心臓に流して電気ショックを与える「除細動」が唯一確実な治療法です。それも、時間がたてばたつほど成功率は低下し、1分経過するごとに10%の割合で生存率が下がることがわかっています。
 119番通報から救急車が到着するまで平均6分、都市部ではもっとかかると言われます。その間何もしないでいるとなかなか救命できませんが、除細動を行うことで多くの命を救うことができます。このとき活躍するのがAEDです。

使い方は音声でガイドしてくれる

 倒れている人に電気ショックを与えるなんて、専門家にしかできないと思っていませんか? 実際、以前は日本でAEDを使えるのは医師や救急救命士などに限られていましたが、2004年7月から、一般の人でも使えるようになりました。
 その後AEDの普及が急速に進み、現在は役所や保健所、学校、消防署、駅、空港、球場などの公共的な施設のほか、ショッピングセンターやホテルなど人がたくさん集まる場所に設置されるようになりました。自治体でも、学校に設置したり、スポーツ大会などのイベントにAEDの無料貸し出しを行ったりしています。
 AEDの普及によって、一般の人の使用例も増え、救急車が来るまでにAEDの処置を受けて命が助かった人が増えています。

 AEDは、使い方を音声で指示してくれるので、それに従って簡単な操作を行うだけでよく、誰でも使うことができます。
 実際には、まず電源を入れたら心臓をはさむように胸に2枚の電極パッドを貼ります。するとAEDが心電図を測定して電気ショックが必要か否かを判断し、必要ならボタンを押すよう指示が出ます。誤ってボタンを押してしまっても、必要がなければ通電されないようになっているので安心です。また、通電時の感電を防ぐために、患者に触れないようにという注意なども音声で流れるなど、安全に使用できるようになっています。

万が一のとき使用する勇気をもって

 このようにAEDは、医療知識がなく器具を使ったことがない人でも使用できるようさまざまな配慮がされています。それでも一刻を争うとき、落ち着いてできるかどうか不安に思わない人はいないでしょう。

 自信をもって使用するためには、講習を受けることをおすすめします。日本赤十字社や消防署が全国で救命講習会を開いており、AEDの使用法や心臓マッサージの方法を学ぶことができます。心臓マッサージは、AEDが届くまで、また電気ショックは不要だが脈拍がないときなどに必要で、この二つを行うことで救命率をかなり高めることができます。倒れている人がいたらすぐに119番通報するとともにAEDを手配し、届くまで心臓マッサージなどを行う、というのが救命法の基本です。

 AEDは一度操作してみると、誰でも簡単に操作できることがわかります。講習会などで体験してみるのが一番ですが、一度も触れたことがない場合も、突然倒れた人がいたら、ぜひAEDを使用して手助けを! 多くの人がAEDの存在と役割を知り、万一のときに使う勇気をもつことが、少しでも多くの命を救うことにつながるのではないでしょうか? 

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
三田村秀雄先生


東京都済生会中央病院 副院長
昭和49年慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。昭和56〜59年米国留学。平成4年慶應義塾大学内科講師、平成7年同助教授、平成11年心臓病先進治療学教授を経て、平成16年より現職。慶應義塾大学客員教授、日本心電学会理事、日本不整脈学会理事。日本循環器学会AED検討委員会委員長として、自動体外式除細動器AEDの普及・啓発に尽力。主な著書に『不整脈エッセンシャル』(中外医学社)、『心臓突然死は救える』(三省堂)など。

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    野菜ジュースは飲んでも意味がない? 野菜ジュースでとれる栄養とは
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  2. 2
    批判されても挫けない!『心が折れない』強いメンタルの作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  3. 3
    脳は疲れない? 酷使することで能力を高める方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  4. 4 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  5. 5
    【医師が教える】夏まで90日!リバウンドなしダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  6. 6
    腸内環境の改善で”性格”まで変わる?!心の安定を得るための方法5つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 腸内…
  7. 7
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  8. 8
    あの人うつ病かも? うつを見分ける症状のポイント|接し方のヒント
    【執筆】住本吉章カウンセラー 誰でもが陥りやすいうつ状態 …
  9. 9 ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    ストレスに強い人と弱い人の違い|ストレス耐性を高める6つの要素
    環境の変化にストレスを感じる人と感じない人がいる 日々、暖かくなって…
  10. 10
    体はストレスや疲労のサインを出している―年度替わりのストレス対策
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 3~…
  11. 11
    【足のむくみを解消するストレッチ】座ったまま、仕事の合間でOK!
    (編集・制作 (株)法研) デスクワーク中でも座ったままできる運動で…
  12. 12 痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    痩せたい人が食べるべき食材|“脂肪を燃やす栄養素”の最新情報
    知らなきゃ損! 微量でも体内で大きな力を発揮する。 微量栄養素が欠乏…
  13. 13
    足がむくむ、足がダルい…女性に多い『下肢静脈瘤』かも? 原因と症状
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  14. 14
    寝起きスッキリ! 朝すぐに起きられる人になる11個の方法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 早朝…
  15. 15
    女性に多い『痔』原因と症状|こんな人は要注意!痔になりやすい7つの習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 男性…
  16. 16 仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    仕事や家事がしんどい、やる気がわかない…心が疲れたときの対処法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  17. 17
    家庭でできる食中毒予防|心がけて欲しい8つのポイント
    (編集・制作 (株)法研) 「わが家では起こるわけがない」と思ってい…
  18. 18
    意外と知らない食べ合わせが悪い食品―知らずに食べているかも!?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 何気…
  19. 19
    快眠でパフォーマンスアップ! しっかり噛んでセロトニンを分泌
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 睡眠…
  20. 20
    太りやすい・肌老化・免疫力ダウン…『腸体温』の低下が招く体調不良
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …

一覧