救命具AEDとは? 音声ガイド付きだから安心して使用できる

AED(自動体外式除細動器) はあなたでも使えます

救急車が来るまでの間、1分でも早い救命活動を

電気ショックで心臓のリズムを回復させるAED

 ここ数年、駅やデパートなどで「AED」と表示された卓上電話ほどの大きさの救命装置を見かけるようになりました。AED(自動体外式除細動器)とは、「心室細動」を起こした心臓に強い電気ショックを与え、心臓の動きを回復させるための医療機器です。

 心室細動とは、心臓病の発作などで心臓の筋肉がけいれんを起こし、全身に血液が送れなくなった状態を起こす不整脈のことで、心臓突然死のほとんどがこれによって起こっています。また、野球のボールが胸に強く当たるなど、心臓が強い衝撃を受けて起こすこともあるなど、心室細動はだれにでも起こる可能性があります。

 心室細動が自然に治まることはまずありません。強い電流を心臓に流して電気ショックを与える「除細動」が唯一確実な治療法です。それも、時間がたてばたつほど成功率は低下し、1分経過するごとに10%の割合で生存率が下がることがわかっています。
 119番通報から救急車が到着するまで平均6分、都市部ではもっとかかると言われます。その間何もしないでいるとなかなか救命できませんが、除細動を行うことで多くの命を救うことができます。このとき活躍するのがAEDです。

使い方は音声でガイドしてくれる

 倒れている人に電気ショックを与えるなんて、専門家にしかできないと思っていませんか? 実際、以前は日本でAEDを使えるのは医師や救急救命士などに限られていましたが、2004年7月から、一般の人でも使えるようになりました。
 その後AEDの普及が急速に進み、現在は役所や保健所、学校、消防署、駅、空港、球場などの公共的な施設のほか、ショッピングセンターやホテルなど人がたくさん集まる場所に設置されるようになりました。自治体でも、学校に設置したり、スポーツ大会などのイベントにAEDの無料貸し出しを行ったりしています。
 AEDの普及によって、一般の人の使用例も増え、救急車が来るまでにAEDの処置を受けて命が助かった人が増えています。

 AEDは、使い方を音声で指示してくれるので、それに従って簡単な操作を行うだけでよく、誰でも使うことができます。
 実際には、まず電源を入れたら心臓をはさむように胸に2枚の電極パッドを貼ります。するとAEDが心電図を測定して電気ショックが必要か否かを判断し、必要ならボタンを押すよう指示が出ます。誤ってボタンを押してしまっても、必要がなければ通電されないようになっているので安心です。また、通電時の感電を防ぐために、患者に触れないようにという注意なども音声で流れるなど、安全に使用できるようになっています。

万が一のとき使用する勇気をもって

 このようにAEDは、医療知識がなく器具を使ったことがない人でも使用できるようさまざまな配慮がされています。それでも一刻を争うとき、落ち着いてできるかどうか不安に思わない人はいないでしょう。

 自信をもって使用するためには、講習を受けることをおすすめします。日本赤十字社や消防署が全国で救命講習会を開いており、AEDの使用法や心臓マッサージの方法を学ぶことができます。心臓マッサージは、AEDが届くまで、また電気ショックは不要だが脈拍がないときなどに必要で、この二つを行うことで救命率をかなり高めることができます。倒れている人がいたらすぐに119番通報するとともにAEDを手配し、届くまで心臓マッサージなどを行う、というのが救命法の基本です。

 AEDは一度操作してみると、誰でも簡単に操作できることがわかります。講習会などで体験してみるのが一番ですが、一度も触れたことがない場合も、突然倒れた人がいたら、ぜひAEDを使用して手助けを! 多くの人がAEDの存在と役割を知り、万一のときに使う勇気をもつことが、少しでも多くの命を救うことにつながるのではないでしょうか? 

(「すこやかファミリー」法研より)

【監修】
三田村秀雄先生


東京都済生会中央病院 副院長
昭和49年慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。昭和56〜59年米国留学。平成4年慶應義塾大学内科講師、平成7年同助教授、平成11年心臓病先進治療学教授を経て、平成16年より現職。慶應義塾大学客員教授、日本心電学会理事、日本不整脈学会理事。日本循環器学会AED検討委員会委員長として、自動体外式除細動器AEDの普及・啓発に尽力。主な著書に『不整脈エッセンシャル』(中外医学社)、『心臓突然死は救える』(三省堂)など。

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

いざというときのために!知っておきたいAEDの基礎知識

最近、駅や商業ビル、公共施設などの街中でAEDを目にすることが増え、実際にAEDのおかげで命が助かった人の話もよく聞きます。AEDは使い方を知らなくても、音声ガイダンスに従えば操作できるようにつくられていますが、いざというときに慌てない... 続きを読む

まずは心臓マッサージから習得! いざというときの為の応急処置

あるとき、近くにいた人が突然倒れ、呼吸がおかしくなってしまっていたら、あなたのすべきことは救急車の手配と心臓マッサージ(胸骨圧迫)――。
こう言われて、自信をもってうなずける人はそう多くはいないでしょう。救急車の手配はともかく、心臓マッ... 続きを読む

職場で急病人が出たときの対処法-確認した4つのこと

「職場」での急病人発生。本人は意識がなかったり、苦しんでいたりして、電話ができませんから、同僚、部下、上司、総務の方など、立場はどうあれ誰かが救急車を呼ぶべく119番に電話をしなければなりません。
はたして、救急車はすぐに職場に来てくれ... 続きを読む

勇気

「食べ物を残したらバチがあたるわよ。最後までキチンと食べなさい」。 私は小さいときから母にそう言われて育ちました。もちろん、それがまちがっていたとは思っていません。でも、正直言って、母が用意してくれた食事を完食するのは... 続きを読む

救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して

緊急性がないのに救急車を呼ぶ人が増えているそうです。そういった人が多いと本当に必要な人への到着時間が遅れることになります。救急車を呼ぶべきか迷うことがあったら相談できる窓口があるので是非、活用してください。 「眠れない」「靴ずれで足が... 続きを読む

寒いので外に出れません。家やデパート、スーパーでうろうろでも運動したことになる?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 寒いので外に出れません。家やデパート、スーパーでうろうろでも運動したことになる? A. YES……少しでも代謝を上げるべし。あったかい屋内でのウォーキングがお... 続きを読む

美容に悪いだけじゃない!睡眠時のよだれは命に関わるって本当?

よだれは普段通常の状態で垂れるとだらしがないと思われますが、実は人間によだれはかなり重要な役割をしています。ですが、寝ている間によだれが出ていると、命にまでリスクが及ぶという説があります。どういうことなのでしょうか?美容に悪いだけじゃな... 続きを読む

1日6分でダイエット

ボディブレード
ボディブレードダイエットは、1日わずか6分でダイエットすることが出来る、お手軽なダイエット方法です。
テレビなどで見ると、左右にしなる棒を両手で握って、上下や左右に振っているだけなので、楽そうに見えるのですが、実際にや... 続きを読む

冬の運動不足解消に温水プールがおすすめ-冬太りを予防しよう

通学も通勤も買い物も、電車やバス、車、自転車など何かの乗り物を利用していることが多いはずです。どんどん便利になっていく今の時代は、いくらでも楽ができてしまい、運動不足を自覚している人も少なくありません。
きっと多くの方が、「運動しなけれ... 続きを読む

衝撃 アザで発覚する白血病の恐怖

そもそも白血病とは

血液のがんの一つ。かつては不治の病と言われたが、治療法の進歩によりタイプによっては完治が期待できるようになった。血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる細胞を造血幹細胞と言う。造血幹細胞は一定の決... 続きを読む