ダイエットの成功のカギは記録すること? モチベーションUPの方法

記録+仲間との励まし合いが成功への近道

運動や食事などの生活習慣を改善する。そんな地道な努力を継続するには……

成功のかぎは毎日の記録にあり

 夏までにウエストを3cm減らしてビキニを着たい、お気に入りのジーンズをもう一度はきたいなど、ダイエットする理由はさまざまでも、目標を決めたら実行あるのみ! しかし、ダイエットはすぐに結果が出るものではありません。健康的にダイエットするためには、運動を続けたり、食事に気をつけたりといった、地道な努力を毎日続けていくことが必要ですし、効果が出たからとそこでやめてしまっては元の木阿弥に。頭ではわかっていても、続けていくのは結構大変、三日坊主が多いのもわかる気がします。

 そこで継続していくためのアドバイスを。それは、毎日記録をつけること。ダイエット日記をつけるのです。体重を量ったら、量りっぱなしにせずに記録します。そうすることで客観的に現状が把握でき、変化があればすぐに確認できます。効果を認識できればモチベーションが高まるというわけです。
 目的によって、体重、ウエストや二の腕のサイズ、体脂肪など毎日チェックして記録しましょう。グラフにすると、変化が目に見えるから一層励みになります。

 体重やサイズだけでなく、その日食べたもの、運動内容や時間・回数なども記録しましょう。そうすれば、体重が増えてしまったのは外食で食べすぎたからとか、お休みで間食しながらゴロゴロしてたからとか、太る原因がわかります。理屈じゃなく実感として、どうすればやせられるのかが理解できるのです。

 また、その日実行すべきこと、「1日7,000歩歩く」とか、「腹筋20回が実行できた、できなかった」を記録します。毎日寝る前に1日をふり返って記録することで、「今日はよくやった」、「今日はできなかったから明日はがんばるぞ」など、明日のやる気につながります。

 そして、目標はできるだけ短期に達成できるようにハードルを低めに設定して、徐々にステップアップしていきましょう。低めの目標でも達成できればうれしいものです。うれしいから明日もと、続けようという気持ちをもち続けることができますが、目標が高すぎると、「なかなかやせられなくてイライラする」ということにもなりかねません。

仲間をつくって記録を公開、楽しく気楽に

 もう一つの継続のコツは、仲間をつくることです。運動、食生活の改善など、ダイエットや健康への取り組みは普通一人で行いますが、それだけに精神的につらくなることもあるでしょう。そんなとき、同じ目標・悩みをもつ仲間がいて、悩みを聞いてくれたり、叱咤激励してくれたら、またがんばれるのではないでしょうか。
 つらくてやめたくなることがあっても、共感してもらえ、「でも、一緒にがんばろう」と励まされたら、うれしくなって、もうちょっと続けてみようと思ったり……。

 また、ブログなどで記録を公開すれば、誰かが見ると思うから手が抜けません。他人の目を意識することも、モチベーションを保つことにつながります。

 さらに、長く続けていくには無理をしないことも大切です。つらかったら運動もたまにはサボって、明日からのやる気を養いましょう。長く続けていくためには、1日くらい誘惑に負けても落ち込んだりしないことです。もし、はめを外してお酒を飲んだり、好きなだけ甘いものを食べてしまったら、次の1週間でバランスをとりましょう。

 さてダイエットを成功させるためのコツを紹介してきましたが、毎日記録をつけてデータをグラフにするのはめんどうくさいし、やり方もわからないという人や、仲間をつくるといってもどうすればいいのかわからない、という人も多いでしょう。

 そんな人のために、goo では5月27日から新しいサービスをスタートさせました。

 その名も 【gooからだログ】

 【gooからだログ】なら、面倒な記録の管理も簡単。パソコンから体重やウエストサイズを入力するだけで、一瞬にして見やすいグラフができ上がります。
 コミュニティも簡単につくれるので、仲間と励まし合ったり情報交換したり、きっとダイエット継続の強い味方になります。

 さらに【gooからだログ】ではダイエットだけでなく、「禁煙したい」、「むくみを解消したい」、「外食が多くて気になる」などといった人の健康管理のためのプログラムも数多く用意しています。

 今度こそダイエットを成功させたい、もっと健康になりたいあなた、
 【gooからだログ】に参加してみませんか?

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    発達障害と共に現れやすい障害|ADHD・解離性障害の症状とは?
    発達障害と併存が多い障害(ADHD、運動能力障害、解離性障害、適応障害…
  2. 2
    乳首がかゆくなる原因とは?乳がんの可能性もある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと たま…
  3. 3
    更年期障害ってどんなことがおこるの?つらい症状は薬で改善できる?
    つらい「更年期障害症候群」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 気を巡…
  4. 4
    かぜを早く治すには?|食欲がないなら食べなくてもいいってホント?
    つらい「風邪」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 早めの対処で、悪化…
  5. 5
    【発達障害の特徴】幼児期に視線があわないことがあったー理由と対処法
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  6. 6
    発達障害の小学生|クラスの問題児『困った子を何とかして』という教師
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…
  7. 7
    手作りケーキの生クリームに注意!安価な植物性ホイップは体に悪い?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 張り…
  8. 8
    目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因と改善法
    つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡…
  9. 9
    めまい、立ちくらみ…女性に多い貧血の症状。鉄分が摂れる食材とは?
    つらい「貧血」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 鉄分をとり、血を補…
  10. 10
    背中の肉がつまめるのは太っている証拠?スッキリ後姿の作り方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気づ…
  11. 11 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  12. 12
    実年齢より『若くみえる人』と『老けてみえる人』の違いはどこにある?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    やる気が出ない・落ち込みがち・息苦しいなど…うつ症状の改善方法
    「気分が落ち込みがち」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 ストレスを…
  14. 14
    【発達障害の特徴】こだわりが強い子どもの場合ー理由と対処法
    特定のものや習慣に異常に固執する 出典:株式会社法研「子どもの発…
  15. 15 ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    ムシ歯予防には"うがい"も大事。歯磨き後のうがいは何回が正解?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと むし…
  16. 16
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  17. 17
    朝食を変えれば『ヤセ体質』になれる!食べてヤセる食事法
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  18. 18
    カロリーゼロはヘルシーでも健康的でもない?人口甘味料の落とし穴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  19. 19 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  20. 20
    発達障害の支援ー医療・福祉・教育機関の連携『浜松方式』とは?
    出典:株式会社法研「子どもの発達障害 家族応援ブック」 著者:高…

一覧