ダイエットの成功のカギは記録すること? モチベーションUPの方法

記録+仲間との励まし合いが成功への近道

運動や食事などの生活習慣を改善する。そんな地道な努力を継続するには……

成功のかぎは毎日の記録にあり

 夏までにウエストを3cm減らしてビキニを着たい、お気に入りのジーンズをもう一度はきたいなど、ダイエットする理由はさまざまでも、目標を決めたら実行あるのみ! しかし、ダイエットはすぐに結果が出るものではありません。健康的にダイエットするためには、運動を続けたり、食事に気をつけたりといった、地道な努力を毎日続けていくことが必要ですし、効果が出たからとそこでやめてしまっては元の木阿弥に。頭ではわかっていても、続けていくのは結構大変、三日坊主が多いのもわかる気がします。

 そこで継続していくためのアドバイスを。それは、毎日記録をつけること。ダイエット日記をつけるのです。体重を量ったら、量りっぱなしにせずに記録します。そうすることで客観的に現状が把握でき、変化があればすぐに確認できます。効果を認識できればモチベーションが高まるというわけです。
 目的によって、体重、ウエストや二の腕のサイズ、体脂肪など毎日チェックして記録しましょう。グラフにすると、変化が目に見えるから一層励みになります。

 体重やサイズだけでなく、その日食べたもの、運動内容や時間・回数なども記録しましょう。そうすれば、体重が増えてしまったのは外食で食べすぎたからとか、お休みで間食しながらゴロゴロしてたからとか、太る原因がわかります。理屈じゃなく実感として、どうすればやせられるのかが理解できるのです。

 また、その日実行すべきこと、「1日7,000歩歩く」とか、「腹筋20回が実行できた、できなかった」を記録します。毎日寝る前に1日をふり返って記録することで、「今日はよくやった」、「今日はできなかったから明日はがんばるぞ」など、明日のやる気につながります。

 そして、目標はできるだけ短期に達成できるようにハードルを低めに設定して、徐々にステップアップしていきましょう。低めの目標でも達成できればうれしいものです。うれしいから明日もと、続けようという気持ちをもち続けることができますが、目標が高すぎると、「なかなかやせられなくてイライラする」ということにもなりかねません。

仲間をつくって記録を公開、楽しく気楽に

 もう一つの継続のコツは、仲間をつくることです。運動、食生活の改善など、ダイエットや健康への取り組みは普通一人で行いますが、それだけに精神的につらくなることもあるでしょう。そんなとき、同じ目標・悩みをもつ仲間がいて、悩みを聞いてくれたり、叱咤激励してくれたら、またがんばれるのではないでしょうか。
 つらくてやめたくなることがあっても、共感してもらえ、「でも、一緒にがんばろう」と励まされたら、うれしくなって、もうちょっと続けてみようと思ったり……。

 また、ブログなどで記録を公開すれば、誰かが見ると思うから手が抜けません。他人の目を意識することも、モチベーションを保つことにつながります。

 さらに、長く続けていくには無理をしないことも大切です。つらかったら運動もたまにはサボって、明日からのやる気を養いましょう。長く続けていくためには、1日くらい誘惑に負けても落ち込んだりしないことです。もし、はめを外してお酒を飲んだり、好きなだけ甘いものを食べてしまったら、次の1週間でバランスをとりましょう。

 さてダイエットを成功させるためのコツを紹介してきましたが、毎日記録をつけてデータをグラフにするのはめんどうくさいし、やり方もわからないという人や、仲間をつくるといってもどうすればいいのかわからない、という人も多いでしょう。

 そんな人のために、goo では5月27日から新しいサービスをスタートさせました。

 その名も 【gooからだログ】

 【gooからだログ】なら、面倒な記録の管理も簡単。パソコンから体重やウエストサイズを入力するだけで、一瞬にして見やすいグラフができ上がります。
 コミュニティも簡単につくれるので、仲間と励まし合ったり情報交換したり、きっとダイエット継続の強い味方になります。

 さらに【gooからだログ】ではダイエットだけでなく、「禁煙したい」、「むくみを解消したい」、「外食が多くて気になる」などといった人の健康管理のためのプログラムも数多く用意しています。

 今度こそダイエットを成功させたい、もっと健康になりたいあなた、
 【gooからだログ】に参加してみませんか?

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1 女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    女性は40代から肥満の人がどんどん増えていくーその理由とは
    中高年女性は内臓脂肪型肥満が増え、生活習慣病になりやすい。 基礎代…
  2. 2
    女性も油断できない!加齢臭を生み出す悪習慣4つ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと おじ…
  3. 3
    肩こりの原因はスイーツの食べすぎかも?その意外な関係性
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 慢性…
  4. 4
    女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状
    地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 …
  5. 5
    それはやらないで!白髪が増える7つのダメ習慣
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ほん…
  6. 6
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱…
  7. 7
    使い古した『ゴワゴワタオル』をふんわりさせる蘇り洗濯術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと ふん…
  8. 8
    女性が一番キレイに見えるメガネの色は何色?選び方の大事なポイント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 老眼…
  9. 9
    電車の中で居眠りしてはいけない。寝不足を解消するコツ
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 朝起…
  10. 10
    老化スパイラルにハマるあぶない食生活とは?5つの心がけで予防
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 気に…
  11. 11
    眠気・だるい・むくみ…成人女性の10人に1人が橋本病|注意したい症状は
    不定愁訴のような症状が起こる、橋本病を知っていますか? 女性がかかり…
  12. 12 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パ…
  13. 13 アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    アスペルガー症候群(広汎性発達障害)とは? 疑いのある12の症状
    広汎性発達障害のひとつ、アスペルガー症候群。大人になってから気づく人…
  14. 14
    冷え・むくみを撃退したいなら『シナモン紅茶』がおすすめ!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 毛細…
  15. 15 頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    頭痛には3つのタイプがある-症状からタイプを見極めて予防を
    「片頭痛」と「緊張型頭痛」。女性に多い慢性頭痛の対処方法。まず自分の…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気?…
  17. 17
    納豆パワーを最大限に引き出す食べ方。ひきわりと粒、栄養価が高いのは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 日本…
  18. 18 大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    大人の発達障害の特徴とは? 15の自己診断チェック
    社会生活を送るのには、暗黙のルールや仕事上で細かなチェックが必要だっ…
  19. 19
    ニオイの原因は『足の角質』。やりがちな間違ったケア方法とは?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと タイ…
  20. 20
    文字が読みにくいのは『老眼』の症状?…ヤセ我慢してると痛い目にあうかも
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと もと…

一覧