女性の排尿トラブルは骨盤底筋群が原因? 恥ずかしくても早めの受診を

女性特有の臓器や構造による排尿トラブルなどに対処

泌尿器科のお医者さんを必要とする女性がますます増加。女性が安心して泌尿器科にかかれるしくみを!

女性の泌尿器科医は全医師の0.5%、ゼロの県も

 排尿トラブルなどの泌尿器にかかわるトラブルや病気は年とともに増えてきますが、女性の場合、尿道の構造や、妊娠・出産などが原因で起こる排尿トラブルなどが若いうちからみられます。

 この泌尿器のトラブルを診てくれるのは泌尿器科ですが、泌尿器科を専門とする医師は、全国の医師数全体の2.3%しかいません(*)。また、泌尿器科の領域である腎臓・尿管は男女共通ですが、尿を排出する臓器(膀胱~尿道)やその周辺の生殖器などは、構造が男女で大きく異なるため、性差に基づいた医療が必要です。

 また、これらの領域のトラブルは恥ずかしさが先に立って受診しづらいもの。「男性の先生ではちょっと……」という女性も当然いることでしょう。このような課題を解消するには、女性特有の泌尿器科のトラブルや病気のことがわかる、女性の医師を増やすことが必要です。医師として女性泌尿器科を専門とするのに男女差はありませんが、女性泌尿器科医のほうが患者さんと気持ちを共有しやすい面もあります。

 しかし現実には、泌尿器科を専門とする女性医師は、全国の医師数全体の0.5%に過ぎません(*)。また、2007年度中に(社)日本泌尿器科学会に入会していた7584人中、女性は304人(約4%)にとどまり、他の診療科と比べても最低レベル。これを都道府県別にみると、女性泌尿器科医ゼロという県もあり、半分以上の県が5人以下でした。

 このような現状を何とかしようという動きも出てきています。2006年1月、(社)日本泌尿器科学会のなかに「女性泌尿器科医の会」が誕生したのです。同会は女性泌尿器科医の増員・育成を通して、女性泌尿器科疾患の予防・治療が円滑に行える社会を目指し、学会内外で活動しています。

(*)厚生労働省/2006年『医師・歯科医師・薬剤師調査』より

骨盤底筋群のゆるみから子宮、膀胱、直腸が腟から出てくる骨盤臓器脱

 泌尿器科を受診する女性の多くは、排尿トラブル、すなわち「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなりがまんできない」「尿がもれる」「尿が出にくい」「排尿後も尿が残っている感じがする」といった症状がきっかけになっています。

 その原因の一つに、「骨盤底筋群のゆるみ」があります。骨盤底筋群はおなか側の恥骨とお尻側の尾骨との間にある複数の筋肉や靭帯で、ハンモック状にその上部の子宮、膀胱、直腸といった臓器を受け止め、支えています。

 この骨盤底筋群は妊娠や出産、肥満や年をとることで損なわれ、ゆるみによって尿道を支えきれなくなると、咳やくしゃみなどおなかに力が入ったときに尿がもれてしまう腹圧性尿失禁を招きます。また、子宮、膀胱、直腸が腟の中に下がったり、さらには腟から体の外に出てきてしまうことがあります。それぞれ子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤と呼ばれ、総称して骨盤臓器脱(性器脱)といいます。いずれも膀胱や尿道に影響を及ぼすために排尿トラブルを伴うことになります。

痛みを伴いやすい間質性膀胱炎はまだ原因不明

 女性に多い泌尿器科の病気はこのほか、頻尿や切迫性尿失禁をともなう過活動膀胱、細菌性尿路感染による膀胱炎、心因性頻尿、そして原因不明の間質性膀胱炎などです。
 更年期前後から増えてくる病気が多いものの、若い人にも多い、また若いころから予防やケアが必要な病気を含んでいることも女性の泌尿器の病気の特徴といえるでしょう。

 なかでも最も訴えの多いのは前述の腹圧性尿失禁です。それを予防するための骨盤底筋群のケアはとても重要です。次いで多いのが切迫性尿失禁。トイレに行きたいと思ったら、がまんできずにもれてしまうのが主な症状で、こちらに対しても骨盤底筋訓練は有効といわれています。

 膀胱炎は多くが細菌感染によるもの。細菌が尿道に侵入した場合、尿道が約4cmしかない女性はすぐに膀胱にまで達してしまうのです。同じ膀胱炎でも、間質性膀胱炎では尿中に菌を認めません。尿がたまってくると下腹部・尿道・腟のあたりに強い痛みを伴い、排尿すると楽になるため何度もトイレ通いをする結果、頻尿となります。患者さんにとって大きなストレスとなりますが、まだ原因がよく分かっていません。

 以上のようなトラブルをかかえていても、どこを受診したらよいのかわからない人も多いでしょう。最近は「女性泌尿器科外来」を開設する医療機関が増えてきました。インターネットやガイドブック(『女性泌尿器科外来へ行こう』法研 など)で最寄りの女性泌尿器科を探してみましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
巴 ひかる先生


(社)日本泌尿器科学会「女性泌尿器科医の会」委員長
東京女子医科大学東医療センター泌尿器科講師
1983年東京女子医科大学医学部卒業、1987年同大学院修了。同大学泌尿器科学教室に入局し、2001年より現職。専門分野は女性泌尿器科。尿失禁・骨盤臓器脱などの診療にあたる。日本泌尿器科学会専門医、指導医。2006年社団法人日本泌尿器科学会に設立された「女性泌尿器科医の会」の初代委員長。女性泌尿器科医の増員・育成や復職などの支援を行うほか、女性泌尿器科疾患の予防・治療が円滑に行える社会作りを目指す。著書に『尿もれ治療のわかる本』(築地書館)、『膀胱炎がわかる本』(マキノ出版)。

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

骨盤底筋を鍛えるメリハリボディダイエット

使わずにボケてしまった筋肉は、体全体をだらーんと不恰好に見せるだけでなく、腰痛やねこ背の原因になってしまいます。お尻の筋肉を効果的に鍛えれば、下半身だけでなく、つんと上向きのバストも、くびれて美しいウエス... 続きを読む

女性に多い膀胱炎-再発しやすいのは何故? 注意したい9つの習慣

膀胱(ぼうこう)炎は女性にたいへん多い病気で、特に10代後半から20~30代の女性によくみられます。再発をくり返す人も多く、「自分は膀胱炎になりやすい体質では」と悩んでいる方もいるかもしれません。
膀胱炎にはいくつかのタイプがありますが... 続きを読む

女性のセックスの痛みの原因は? 病気の場合の心理的な問題の場合

女性にとってセックスのときの痛み(性交痛)は、近しい人や当のパートナーにすら言い出しづらく、苦痛をがまんするあまりパートナーとの関係自体にも影響することがあります。
性交痛の原因は本当にさまざまですが、一般に多いのは、女性側に「体の準... 続きを読む

女性の病気|こんな症状はすぐに病院へ|不正出血など5つの症状

何となく気になる症状があっても、忙しい毎日の中でついつい取り紛れて見過ごしてしまうことがあります。どんな症状に注意すべきなのか、何に気を配っておくといいのかを知っておくと、病状が進んでしまう前にスムーズに対処できるでしょう。
とくに婦人... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

3月1日から8日は「女性の健康週間」 健康管理や早期治療のために

3月1日から8日は「女性の健康週間」です。それに先立ち開催された記者説明会で、女性の健康週間委員会委員長である清水幸子氏により趣旨説明が行われ、引き続き堀口貞夫氏(主婦会館クリニック院長・元愛育病院院長)により「現代女性のための基礎体温活... 続きを読む

女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。
骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
骨... 続きを読む

要注意!こんな肌荒れは臓器のトラブルかも

大人にきびは腸が弱っている証拠
大人になってもにきびを「若さの象徴」などと思っていてはいけません。実は便秘が原因でも肌荒れを起こしてしまうのです。


便秘をそのままにしていると、肌荒れや肩こり、頭痛などの症状を引き起こしたり、長... 続きを読む