女性の排尿トラブルは骨盤底筋群が原因? 恥ずかしくても早めの受診を

女性特有の臓器や構造による排尿トラブルなどに対処

泌尿器科のお医者さんを必要とする女性がますます増加。女性が安心して泌尿器科にかかれるしくみを!

女性の泌尿器科医は全医師の0.5%、ゼロの県も

 排尿トラブルなどの泌尿器にかかわるトラブルや病気は年とともに増えてきますが、女性の場合、尿道の構造や、妊娠・出産などが原因で起こる排尿トラブルなどが若いうちからみられます。

 この泌尿器のトラブルを診てくれるのは泌尿器科ですが、泌尿器科を専門とする医師は、全国の医師数全体の2.3%しかいません(*)。また、泌尿器科の領域である腎臓・尿管は男女共通ですが、尿を排出する臓器(膀胱~尿道)やその周辺の生殖器などは、構造が男女で大きく異なるため、性差に基づいた医療が必要です。

 また、これらの領域のトラブルは恥ずかしさが先に立って受診しづらいもの。「男性の先生ではちょっと……」という女性も当然いることでしょう。このような課題を解消するには、女性特有の泌尿器科のトラブルや病気のことがわかる、女性の医師を増やすことが必要です。医師として女性泌尿器科を専門とするのに男女差はありませんが、女性泌尿器科医のほうが患者さんと気持ちを共有しやすい面もあります。

 しかし現実には、泌尿器科を専門とする女性医師は、全国の医師数全体の0.5%に過ぎません(*)。また、2007年度中に(社)日本泌尿器科学会に入会していた7584人中、女性は304人(約4%)にとどまり、他の診療科と比べても最低レベル。これを都道府県別にみると、女性泌尿器科医ゼロという県もあり、半分以上の県が5人以下でした。

 このような現状を何とかしようという動きも出てきています。2006年1月、(社)日本泌尿器科学会のなかに「女性泌尿器科医の会」が誕生したのです。同会は女性泌尿器科医の増員・育成を通して、女性泌尿器科疾患の予防・治療が円滑に行える社会を目指し、学会内外で活動しています。

(*)厚生労働省/2006年『医師・歯科医師・薬剤師調査』より

骨盤底筋群のゆるみから子宮、膀胱、直腸が腟から出てくる骨盤臓器脱

 泌尿器科を受診する女性の多くは、排尿トラブル、すなわち「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなりがまんできない」「尿がもれる」「尿が出にくい」「排尿後も尿が残っている感じがする」といった症状がきっかけになっています。

 その原因の一つに、「骨盤底筋群のゆるみ」があります。骨盤底筋群はおなか側の恥骨とお尻側の尾骨との間にある複数の筋肉や靭帯で、ハンモック状にその上部の子宮、膀胱、直腸といった臓器を受け止め、支えています。

 この骨盤底筋群は妊娠や出産、肥満や年をとることで損なわれ、ゆるみによって尿道を支えきれなくなると、咳やくしゃみなどおなかに力が入ったときに尿がもれてしまう腹圧性尿失禁を招きます。また、子宮、膀胱、直腸が腟の中に下がったり、さらには腟から体の外に出てきてしまうことがあります。それぞれ子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤と呼ばれ、総称して骨盤臓器脱(性器脱)といいます。いずれも膀胱や尿道に影響を及ぼすために排尿トラブルを伴うことになります。

痛みを伴いやすい間質性膀胱炎はまだ原因不明

 女性に多い泌尿器科の病気はこのほか、頻尿や切迫性尿失禁をともなう過活動膀胱、細菌性尿路感染による膀胱炎、心因性頻尿、そして原因不明の間質性膀胱炎などです。
 更年期前後から増えてくる病気が多いものの、若い人にも多い、また若いころから予防やケアが必要な病気を含んでいることも女性の泌尿器の病気の特徴といえるでしょう。

 なかでも最も訴えの多いのは前述の腹圧性尿失禁です。それを予防するための骨盤底筋群のケアはとても重要です。次いで多いのが切迫性尿失禁。トイレに行きたいと思ったら、がまんできずにもれてしまうのが主な症状で、こちらに対しても骨盤底筋訓練は有効といわれています。

 膀胱炎は多くが細菌感染によるもの。細菌が尿道に侵入した場合、尿道が約4cmしかない女性はすぐに膀胱にまで達してしまうのです。同じ膀胱炎でも、間質性膀胱炎では尿中に菌を認めません。尿がたまってくると下腹部・尿道・腟のあたりに強い痛みを伴い、排尿すると楽になるため何度もトイレ通いをする結果、頻尿となります。患者さんにとって大きなストレスとなりますが、まだ原因がよく分かっていません。

 以上のようなトラブルをかかえていても、どこを受診したらよいのかわからない人も多いでしょう。最近は「女性泌尿器科外来」を開設する医療機関が増えてきました。インターネットやガイドブック(『女性泌尿器科外来へ行こう』法研 など)で最寄りの女性泌尿器科を探してみましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
巴 ひかる先生


(社)日本泌尿器科学会「女性泌尿器科医の会」委員長
東京女子医科大学東医療センター泌尿器科講師
1983年東京女子医科大学医学部卒業、1987年同大学院修了。同大学泌尿器科学教室に入局し、2001年より現職。専門分野は女性泌尿器科。尿失禁・骨盤臓器脱などの診療にあたる。日本泌尿器科学会専門医、指導医。2006年社団法人日本泌尿器科学会に設立された「女性泌尿器科医の会」の初代委員長。女性泌尿器科医の増員・育成や復職などの支援を行うほか、女性泌尿器科疾患の予防・治療が円滑に行える社会作りを目指す。著書に『尿もれ治療のわかる本』(築地書館)、『膀胱炎がわかる本』(マキノ出版)。

その他のZoomヘルスケア

アクセスランキング一覧

100件中 1件~20件を表示

  1. 1
    スマホの操作はトイレでやってはいけない
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 昔は…
  2. 2 洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗濯物が雨に濡れちゃった…こんな時もう一度洗うor洗わない?
    洗ったばかりの洗濯物、干して出掛けたら急な雨が…。雨に濡れてしまった洗…
  3. 3
    乳がんになりやすい人の特徴|月に一度のセルフチェックのやり方
    (編集・制作 (株)法研) 早期発見のため毎月の自己検診と定期的な乳…
  4. 4
    首にできた小さなブツブツ。イボを自分でキレイに取る方法があった!
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 一度…
  5. 5 自律神経のダメージも防ぐ【スッキリ消臭術】
    家の中のくさい臭いの消臭法-イヤな臭いは自立神経を乱す?
    「ウチのニオイ」には慣れてしまうので気づきにくい 「家の…
  6. 6
    トイレでおしりを拭くときは『こすってはいけない』理由
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと トイ…
  7. 7
    わたしも当てはまるかも?『コミュ障』の人に多い5つの特徴
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと コミ…
  8. 8
    運動ゼロで筋肉をつける!たるみ・ぜい肉の引き締め術
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 加齢…
  9. 9
    捨てないで!使わない・残った化粧品の意外な使い道
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと シー…
  10. 10
    孤独は体に悪い|科学的に証明された、深刻な孤独のリスク
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 核家…
  11. 11
    本当はからだに良くない健康ドリンク6選
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  12. 12
    頭皮が臭いのはシャンプーのせい?芸能人もやってる『湯シャン』の効果
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと …
  13. 13
    辛いものをたくさん食べたらヤセるの?ダイエットのウソとホント
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 汗を…
  14. 14
    ヘルプマーク、ハートプラスマークなど、見えない障害を持つ人のためのマーク
    (編集・制作 gooヘルスケア) 外見からはわからない障害を抱え…
  15. 15 心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    心理カウンセラーが語る、絶望的な気持ちから抜け出す方法
    絶望的な気持ちの状態 誰でも人生の中で何度かは、「もう、どう…
  16. 16 みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    みぞおちの辺りの腹痛 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?
    お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛? それとも、ほかの病気? …
  17. 17 太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    太らないおやつの食べ方-おすすめの低カロリーおやつ
    おいしく賢いおやつの楽しみ方。小腹が空いたときのエネルギー補給、時間は…
  18. 18 「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    「そこ気持ちいい!」相手が喜ぶ“手の指・甲マッサージ”-イラスト解説付
    多くのツボが集まる手をマッサージすれば、自然にツボを刺激できる パー…
  19. 19
    ヤセる秘訣は睡眠の質にある!? 寝るだけダイエットのやり方
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 眠り…
  20. 20
    年収が少ない人ほど肥満が多い現実…節約と健康は両立しないの?
    執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと 健康…

一覧