3月1日から8日は「女性の健康週間」 健康管理や早期治療のために

産婦人科医が、女性の健康を生涯にわたって総合的に支援

母から娘、さらにその娘へとつなげる健康のバトン。女性の元気を支える産婦人科医を健康パートナーに持とう

女性が健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすために

 3月1日から8日は「女性の健康週間」です。それに先立ち開催された記者説明会で、女性の健康週間委員会委員長である清水幸子氏により趣旨説明が行われ、引き続き堀口貞夫氏(主婦会館クリニック院長・元愛育病院院長)により「現代女性のための基礎体温活用術」、北出真理氏(順天堂大学医学部産婦人科学講座准教授)により「若年層に増えている子宮内膜症の病態と治療法」と題した講演が行われました。

 「女性の健康週間」は、産婦人科医が女性の健康を生涯にわたり総合的に支援することを目指して、2005年に(社)日本産科婦人科学会および(社)日本産科婦人科医会が提唱したものです。3月3日の「ひな祭り」、3月8日の「国際女性の日」を含む1日から8日までの8日間を「女性の健康週間」と定め、支援・啓発活動をスタートしました。
 2008年からは厚生労働省も活動に加わり、女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援するために、「女性の健康週間」を国民運動として、国や地方公共団体、関連団体が一体となり、さまざまな活動を展開していくことにしました。

女性の元気が、社会の元気の源

 「女性の健康週間」のシンボルマークは、“women”の“w”をモチーフに、上部に「マル」を3つ並べることで母と娘、さらにその娘の3代を意味し、また、女性の「体」、「頭」、「心」の3つのテーマを示すことにより、産婦人科医による女性の「生涯の健康」を「総合的」にサポートする姿勢を表しています。

 家庭にあっても、職場にあっても、地域社会にあっても、健康を守るキーパーソンは女性であるといっても過言ではありません。その女性自身が生涯を通じて元気であることが、社会全体の元気の源といえます。
 しかし近年、女性を取り巻く環境が大きく変化し、女性のライフタイルも大幅に変化してきたことで、女性が生涯を通じて元気でいることが容易ではなくなってきたことも事実です。

 仕事を持つ持たないにかかわらず、何らかの形で社会参加している女性が増え、忙しく動き回る女性を多く見かけるようになりました。男性と同じような働き方をしている女性も増えました。
 それに伴って、心身に受けるストレスも単純ではなく、複合的になっています。また、食生活の欧米化、体格の変化などもあり、女性の病気や悩みも複雑・多様化しています。

 もともと女性は、一生のうちに思春期、性成熟期、更年期、老年期といった大きなライフサイクルがあるため、女性特有の心身の変化が起こりやすく、それに伴って心身の不調を感じる女性も多くなっています。
 何か大きな病気が疑われて初めて受診するというよりは、こういった心身の不調をがまんせずに、気楽に産婦人科を訪れ、健康管理や早期治療につなげてほしいものです。

 この「女性の健康週間」をきっかけに、女性の皆さんが自分の健康への関心を高め、体の状態や仕組みについての知識を得、より健康で幸せになっていただきたいと、産婦人科医たちは願っています。
 自分の健康を見直すと同時に、かかりつけの産婦人科医を持っていない人は、ぜひこの機会に、女性の生涯にわたる健康パートナーとして、産婦人科医をかかりつけ医に持つことをおすすめします。

「女性の健康週間」に健康手帳の配布やセミナー開催が

 「女性の健康週間」の期間中には、ポスターや女性の生涯健康手帳の配布が行われるほか、市民公開講座や産婦人科医による健康相談などが開催されます。
 市民公開講座は「女性の健康週間」の期間に限らず、年間を通じて全国各地で開催される予定です。詳しくは、(社)日本産科婦人科学会のホームページでご確認ください。

【期間中の主な配布活動】
●『女性の健康週間ポスター』2010年版の配布
●『女性の生涯健康手帳』2010年版(A6サイズ)の配布
 自分の健康状態をセルフチェックし記入することで、健康管理の意識を高めるとともに、産婦人科を受診する際に提示することで医師とのコミュニケーションツールとして役立てることができます。女性の健康週間中のイベントで配布されるほか、3月から産婦人科を訪れる女性に配布される予定です。

【期間中の主なイベント】
●丸の内キャリア塾 女性の健康週間特別セミナー
会場:東京ステーションコンファレンス(サピアタワー5階)サピアホール
(1)3月1日(月)18時45分から20時30分
 テーマ「更年期はコワクない! 女性ホルモンのすべてを知って輝こう!」
(2)3月3日(水)18時45分から20時30分
 テーマ「子宮頸がんは100%予防できる! 最新情報を知って自分を守ろう」
(注:いずれも2月24日申し込み締め切りました。席にゆとりがあれば、当日参加も可)

●女性の健康広場in名古屋
会場:テレピアホール
3月7日(日)14時から16時(開場13時30分)
テーマ「結婚も、子どもも、仕事も! 欲張りな人生は健康から。」
(注:2月21日申し込み締め切りました。席にゆとりがあれば、当日参加も可)

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
清水 幸子先生


亀田メディカルセンター 主任産婦人科部長
女性の健康週間委員会委員長
医学博士、産婦人科専門医。昭和大学医学部卒。1990年米国留学などを経て2002年、医療法人鉄蕉会亀田メディカルセンター主任産婦人科部長に就任、現在に至る。2005年の「女性の健康週間」活動スタート時より委員を務め、委員長として3年目となる。社団法人日本産科婦人科学会総会副議長。

その他のZoomヘルスケア

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

母の存在が重い…【母娘クライシス】を抜け出す6つのコツ

年末年始に帰省したものの、母親との関係にどっぷり疲れて……。そんな、実母との確執に悩む女性が増えているようです。“母娘クライシス(危機)”はどうすれば乗り越えられるのでしょうか。 良妻賢母だった母が
特に娘を苦しめる! 多くの女性た... 続きを読む

生理が長い、8日以上は要注意!量が多すぎるのも病気の疑いが?

毎月訪れる生理。いっそ1日で終わってくれたら……と思うことはありませんか。そもそも、なぜ生理は何日にもわたって続くのでしょうか。また、生理期間が短い場合や長い場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。 20~140ミリリットルの... 続きを読む

美肌には禁煙が必須-非喫煙者より5倍もシワができやすい

最近、若い女性にニコチンやタールの少ないタバコが人気をよんでいるそうです。そして、「ニコチンの含有量が少ない軽めのタバコなら、健康への害が少ない」と思っている人がいるようです。
しかし、常習的にタバコを吸う人の場合、1日に一定量のニコ... 続きを読む

超高齢社会を迎えて-長寿が喜びになる社会、健康と生きがいが大切

日本は現在、世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えています。2011年版『高齢社会白書』によると、2010年10月1日時点で、65歳以上の高齢者人口は2,958万人で、総人口に占める割合を示す高齢化率は23.1%。このうち、75歳... 続きを読む

合コンの席にいても恋愛対象にならない人の特徴ランキング

食べ方が汚い 話は面白いが、人の話はあまり聞かない 酔うと絡んでくる 部屋が汚い 噂話が大好き ... 続きを読む

今年こそマラソンを完走したい! 記録を伸ばす2つのエクササイズ

空前のマラソンブームといわれるなか、10月5日、「東京マラソン2008」の出場者の抽選が行われました。当選者3万3千人に対して、なんと15万人を超える申し込みがあり、当選倍率4.7倍という盛況ぶり。東京マラソンだけでなく、全国各地で市民マ... 続きを読む

女性の排尿トラブルは骨盤底筋群が原因? 恥ずかしくても早めの受診を


排尿トラブルなどの泌尿器にかかわるトラブルや病気は年とともに増えてきますが、女性の場合、尿道の構造や、妊娠・出産などが原因で起こる排尿トラブルなどが若いうちからみられます。
この泌尿器のトラブルを診てくれるのは泌尿器科ですが、泌尿器... 続きを読む

カラーパワーを上手に取り入れよう! プレゼンには赤、接待には茶色

たとえば赤やピンク色のセーターを着ると気分が明るくなったり、ブルーのトーンで統一された部屋にいるとなんとなく落ち着いたりと、“色”は、日頃から私たちの心理にさまざまな影響を与えています。
それぞれの色によって、活気づいたりクールダウン... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む

妊娠検査薬の上手な使い方-妊娠してても陰性の結果が出ることも

そろそろ月経が来るはずなのに来ないときには、どんな可能性があるのでしょうか?
卵巣の働きの一時的な不調、過度のダイエット、ストレスなどが原因で起こるホルモン分泌の異常などで月経が遅れることもありますが、性交経験があれば、たとえ避妊していて... 続きを読む