花粉が原因で突然肌荒れする女性もいるようです。実際、今まで花粉症なんて他人の絵空事のように思っていたのに、突然始まるのが花粉症です。自分の中のキャパシティーオーバーによることで花粉症は発症しますから、いつ何時花粉症になってもおかしくないのです。そんな花粉症で起こる肌荒れはどうすれば治るのでしょうか?

その肌荒れの原因、花粉による影響かも!

花粉症とは一体どんな症状なの?

花粉症は花粉が肌につくことでアレルギー反応が起こり、カサついたりかゆみが出ることです。粘膜にもこびりついて、目がかゆくなったり鼻水が止まらない、くしゃみばかりする、という症状が起こります。また肌のバリア機能を低下させるので、乾燥肌が起こります。

花粉症になったらどうしたらいい?

まずは体についた花粉を自宅に持ち込むわけにはいきませんから、玄関先でいったん全身をはたきましょう。その後、部屋へ戻ったら、メイクを落としますが、最も重要なのは肌荒れしているのに洗顔をがっつりするのはどうか、という点です。

ここで登場するのが固形石鹸です。マイルドな洗浄力でありつつ、しっかり汚れを落としてくれます。美白成分や保湿成分の入っているものなど、色々ありますから、自分の好みを見つけましょう。

肌荒れした場合のスキンケアは?

肌荒れした場合のスキンケアは慎重に行う必要があります。固形石鹸の話をしましたが、肌荒れが酷い時には洗顔も痛いと感じる女性もいるようです。スキンケアなどは当然色々な成分が入っているので敏感になっている肌には厳しいかもしれません。

しかしスキンケアしなければもっと酷くなりますから、化粧水や美容液を敏感肌専用のものに変えて、しっかりクリームも塗り、完全に保湿をしましょう。保湿をしっかりしていると、肌荒れも徐々にましになっていきます。

関連記事

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

どうして花粉症になるの? 花粉でくしゃみや鼻水が出る理由とは

毎年悩む、目のかゆみや鼻のグズグズは根本解決できるのか?
花粉症とは、花粉に対して免疫が過剰に反応して起こるものです。その発症のメカニズムをくわしく解説します。 免疫が働き過ぎたり、間違った働きをするのがアレルギー 免疫は私達の体を... 続き を読む

肌にも花粉症があった!花粉に強い肌をつくるために重要なこと3つ

花粉の季節到来と同時に、体もかゆくなる季節だと思われた方、もしかしたら、それは皮膚の花粉症かもしれません。花粉症は、鼻や目だけでなく皮膚にも関係があります。かゆみが出て、掻くことにより、皮膚は黒ずみ、または、シミになることがあります。思... 続き を読む

花粉の季節に!心と身体に優しいハーブはいかが?

ドイツでは花粉症対策に、ハーブを使った『春季療法』というものが実践されています。この時期に役だつハーブをご紹介します。花粉の季節に!心と身体に優しいハーブはいかが? 春季療法って知ってる? ドイツではハーブを使った春季療法が取り入れられ... 続き を読む

春の肌トラブルは花粉が原因かも? アトピーが悪化する原因と対策

皮膚に、かゆみや湿疹が起こるアトピー性皮膚炎。春は特に症状が悪化しやすい条件がそろっているのを知っていますか? 春の肌トラブル予防法をご紹介します。 花粉症とアトピー性皮膚炎は密接な関係が アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因とわかって... 続き を読む

花粉症対策は早めがベスト-花粉が飛んできてから飲むのでは遅い

花粉症の持病がある人には、憂うつな季節が近づいてきました。民間の気象予報会社の予想によると、一部の地域では2月上旬からスギ花粉が徐々に飛び始め、2月中旬になると飛散開始の地域が一気に拡大しそうだとか。
今季を特に憂うつなシーズンにしそ... 続き を読む

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続き を読む

女性ができないフリをしてそうなことランキング

早食い・大食い 重いものを持つ 虫退治 キャップ開け 日曜大工 6位以降... 続き を読む

どうして太ってしまうの?その原因は「寝不足」にあった!?

毎日、しっかり睡眠時間を確保していますか?美活の一つに良質な睡眠が挙げられるほど重要視されている「睡眠」。不足すれば、こんなにも大きな影響を身体に及ぼすのです…!どうして太ってしまうの?その原因は「寝不足」にあった!? 睡眠不足が太りや... 続き を読む

ナリンゲニンカルコン

花粉症の季節になってきました。今年の花粉の飛散率は例年の中では少ないと報道されていますが、すでに「鼻はグチュグチュしてきた」という人もいるでしょう。そこで今月紹介するのはナリンゲニンカルコン(=NGC)です。聞き慣れない成分ですが、知る人ぞ... 続き を読む

花粉症は早期対策で予防を-こんな症状は花粉症|6つの予防のコツ

年が明け、お正月の華やいだ雰囲気とは反対に、だんだん気が滅入っていくというのは花粉症の人たちでしょう。花粉症は、体の免疫機能がスギ花粉などを異物とみなしておこるアレルギー症状です。残念ながら、一度発症すると、自然にはなかなか治りません。そ... 続き を読む

今月のおすすめ【PR】


ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ