こんにちは、コラムニストの愛子です。体重は変わらないのに、何故か20代の頃とシルエットが違う。つい数年前の自分がやけに輝いて見え、今の自分が嫌になる、なんてことありませんか?それはもしかすると、体がたるみつつあるからかも。そこで、中でもたるみを感じやすい部位「二の腕」を引き締める方法をご紹介します。

ジム並みの効果!二の腕の「ブヨブヨ感」撃退エクササイズ

二の腕引き締めエクササイズ

安定していて丈夫な椅子をご用意ください。

(1)椅子の前に立つ。
(2)椅子に両手を着き、両膝を90度に曲げる。 

二の腕引き締めエクササイズ

(3)両肘を曲げ、それに合わせてしゃがむ。 

二の腕引き締めエクササイズ

(4)両肘を伸ばし(2)に戻る。

(3)(4)を、10回ずつを目安に繰り返す。

ポイント&効果

~ポイント~
・肘を外に開くと、上腕二頭筋(力こぶ)が鍛えられ、上腕三頭筋(二の腕のたるみやすい方)にはあまり効きません。二の腕を引き締めたい場合は、脇を締めて肘を縦に曲げるようにしましょう。
・回数はあくまでも目安です。辛い場合は減らし、余裕が出てきたら回数やセット数を増やしていきましょう。

~効果~
・二の腕を引き締める。

普段の姿勢にも気を付けて!

背中が丸まり肩が内に入った姿勢をとっていると、背中や二の腕の筋肉が使われにくいのでたるみやすくなり、脂肪もつきやすくなります。せっかくエクササイズに取り組むのなら、ぜひ普段の姿勢にも気を付けてみてください。

ふとしたとき、窓や鏡に映る自分の姿をチェックし、姿勢を正すくせをつけましょう。また仕事や家事などで前屈みの姿勢が続くときは、合間に肩を回したり軽くストレッチしたりして体をほぐしましょう。体を柔軟にしておくと、悪い姿勢が定着してしまうのを防げます。

姿勢

正しい姿勢を保っていると二の腕や背中の筋肉が使われやすくなるので、エクササイズと併せて姿勢に気を付けることで、さらなる効果が期待出来ますよ♪

愛子
コラムニスト/ダイエットアドバイザー
提供記事をもっと読む

関連記事

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ