自宅でトレーニングをするなら、手軽に負荷をかけることができるバランスボールでのトレーニングがおすすめです。お腹をキュッと引き締めるなら、バランスボーツを足に挟んで、下腹をしっかり鍛えましょう♪

バランスボールダイエット|下腹をギュギュっと絞るトレーニング

下腹を絞るバランスボール・トレーニングの方法

1.下腹を凹ませるように力を入れ、ヨガマットなどの上に仰向けになる
※上半身をしっかり伸ばして姿勢を正しましょう
2.両足の先でバランスボールを挟む
3.床と直角になるように、両足をあげる
※両手は少し開いて腰の横に置き、身体を支えます
4.脚を伸ばしたまま、ゆっくりと下ろしていき、バランスボールが床につかないギリギリのところまで下ろす
5.ゆっくりと床と直角になるように両足をあげる
6.息を吐きながら下ろし、吸いながら上げるを繰り返し1分間上下運動をする

【注意点】
姿勢を崩さないように、息を止めないように意識しておこないましょう。足腰を痛めている場合は、おこなわないでください。ゆっくり、ギリギリまでおこなうことで、運動強度を高めることができます。

バランスボール・トレーニング

レベルアップ! 太ももの間に隙間をつくる

下腹と同時に太ももにもアプローチすることが可能。1回のトレーニングでくびれと美脚を実現しましょう。

1.両足にバランスボール挟んだ状態で、両膝をくっつけるイメージで内側に向けて力を入れる
2.上述のトレーニングをおこなう

バランスボールの上下運動で下半身がスッキリ!

最初のうちは1分間続けることが難しいかもしれません。筋力が衰えたるみが起こっているサインかも!?

まずは3回から挑戦し、5回、10回、20回…と増やしていきましょう。筋肉痛になる場合は、1〜2日トレーニングをおやすみする日を設けてから再開してください。

筋肉は回復することで、鍛えられていくため疲労回復もトレーニングの一つ
。痛くても続けるのではなく、休養期間をつくるようにしましょう。

バランスボール

ダンベルがなくても筋トレは可能。ふわふわ弾むボールなのに負荷が高いトレーニングをすることができるのが魅力です。筆者は寝る前に、回数を決めて取り組むことが多いです。

くびれのある、美しいボディラインを実現するために。ぜひ一緒に実践しましょう!

Nao Kiyota
美容・健康ライター
提供記事をもっと読む

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ