BOOCSダイエットの方法と効果

BOOCSダイエットのポイント

好きなだけ食べていい! カロリー計算不要! ストレスも解消できる
成功率95%以上のBOOCSダイエットなら、今度こそやせられる!

九州大学健康科学センター教授/藤野武彦 先生

●解説してくれる人
九州大学健康科学センター教授/藤野武彦 先生
●先生のプロフィール
医学博士。循環器が専門で、心臓病患者の肥満治療を研究した結果、BOOCSダイエットを開発。先生の指導で、2万人以上の人が成果を上げている。

あなたが太ってしまったのは、“脳疲労”が原因です

人づきあいや仕事……私たちはストレスを抱えて生きています。この現代病ともいえるストレスは、脳にどんな影響を与えているのでしょうか。
たとえば、あなたにとってイヤなご近所の方や上司がいたとします。本能をつかさどる脳は「つきあいたくない」というシグナルを発しますが、理性をつかさどる脳は「お世話になっている人だから、つきあうべき」と命令を出し、本能と理性がぶつかり合います。こんなときほとんどの人は理性に従い、本能をおさえつけているもの。ところがこのことが、本能にとって苦痛になり、大きなストレスを抱える原因となっているのです。
「こうしたストレスが積み重なってくると、脳が疲れきってしまいます。これが“脳疲労”です」とおっしゃるのは、心臓病や高血圧などの循環器専門医として、肥満治療も行っている藤野武彦先生です。
「脳疲労が起こると、感覚をコントロールしている場所にさまざまなトラブルが生じて、味覚が鈍ってきます。そうすると、脂っこいものや甘いものがむしょうに食べたくなる、食べる量も普通の量では満足できなくなる、といった食行動異常を引き起こしてしまいます」
つまり、太る原因は“脳疲労”にあったのです。
しかし、一般的には食べすぎで太っている人がやせようと思ったとき、まず頭に浮かぶのはカロリー制限や運動によるダイエットではないでしょうか。
「食事制限や運動といった方法はたしかに効果的なのですが、その一方で“食べたいのに食べられない”“運動したくないのに運動しなくてはいけない”という、より大きなストレスをつくってしまいます。ただでさえ日常的に過剰なストレスで息がつまりそうだというのに、“つらいダイエット”という大きなストレスがさらに加わることで、脳疲労がいっそう増すことになります」
こうした状態が続くと、“食べたい”という欲求がますますふくれあがり、つらさは増す一方。ついには挫折して、前以上に食べすぎてしまうのです。これが、数々のダイエットで失敗するメカニズムです。

好きなものを好きなだけ食べて、心から満足する。

それが脳疲労解消の第一歩です。
「カロリー制限や運動療法といったダイエットは理論的には正しいのですが、脳疲労のある人にはがまんを強いられるダイエットは向きません。まずは、太る原因になっている脳疲労を解消してあげることが先決です」
脳疲労を解消して、美しく健康的にやせるダイエット法。それが、BOOCS(Brain・Oriented・Obesity・Control・System=脳指向型肥満調整システム)ダイエットです。
「脳疲労を解消するには、“心地よいこと”をして本能を満足させてあげることが一番。そのてっとり早い方法が、“おいしいものをおなかいっぱい食べる”ことです」
「嫌いだけど、ダイエットのためにこれを食べなきゃ」はやめて、せめて一日1回は心からおいしいと思うものを、楽しく食べましょう。「おいしい・楽しい」といった食べる喜びをとり戻すことで、しだいに脳疲労が解消されていきます。
「一日1回、楽しい食事で満足でき、純粋に食の喜びをかみしめること。これが、“一日1快食”です」
一日1快食で満足感を得て、徐々に脳疲労が解消されていくと、今まで大好きだった甘いものや脂っこいものが欲しくなくなってきます。これは、味覚が正常に戻ってきた証拠。続けるうちに、健康にも美容にも理想的な和食が「おいしい」と感じられるようになって、体重が減っていくはずです。しかも、このダイエットを行った多くの人たちは、体重が減っていくだけでなく、日常的なストレスと上手に取り組んでいく方法までも積極的に見つけられるようになっているのです。
それでは、一日1快食の具体的な内容を紹介していきましょう。

さまざまなストレスからくる“脳疲労”が、あなたを太らせていた!

あなたは大丈夫?脳疲労度テスト

1.夜中に目が覚めたり、用もないのに朝早く目が覚める
2.食事がおいしいと思わない(習慣で食べるか、無理に食べている)
3.便秘する
4.体を使わないのにヘトヘトだ
5.気持ちが沈んで暗い
6.希望がもてない
7.考えがまとまらない
8.イライラする
9.不安だ
10.自分は価値のない人間だと思う

【診断】

週に2~3回以上続いているものがひとつでもある人……
脳疲労の状態です。BOOCSダイエットで効果が期待できます。

週に2~3回以上続いているものがいくつもある人……
脳疲労度が強いので、ひとりで実行するよりまず電話で相談してから行ったほうが成功しやすいでしょう。



この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

BOOCSダイエットとは

BOOCS
BOOCSダイエットとは、九州大学名誉教授で医学博士である藤野武彦氏が提唱する、「脳疲労」仮説に基いたBOOCS法をもとにしたダイエットです。1日の朝、昼、夜のうちの1回だけしか食事ができないのですが、その1食は食べたい物を... 続きを読む

BOOCSダイエットのやり方

“食べる喜び”を満喫する、一日1快食のやり方はコレ! 「一日1快食」とは、朝、昼、夜のいずれかで、好きなものを好きなだけ、心から満足する食事をとるということ。 あなたの生活パターンに合わせ、3食どこで「快食」... 続きを読む

お腹いっぱい、ストレス知らず!BOOCS(ブックス)ダイエット

挫折をした人に、超おすすめ!成功率は95%以上! 脳疲労を解消して、美しく健康的にやせるダイエット法。それがBOOCSダイエット=脳指向型肥満調整システムです。“おいしいものをお腹いっぱい食べること... 続きを読む

BOOCSダイエット成功体験談(1)

朝は黒砂糖と紅茶、昼はおにぎり1個。 そして、お待ちかねの夕食には焼き肉のバイキングなんてことも。 毎晩おいしくて、幸せなダイエットライフです。 悦子さん(39才) -体験者DATA- 身長:160... 続きを読む

BOOCSダイエット成功体験談(2)

おなかがすいたときは、黒砂糖をポリポリ。 気づけば一日1袋なんてことも……。 甘いものを楽しみつつ、こんなにやせられたダイエットは初めてです。 万美子さん(50才) -体験者DATA- 身長:1... 続きを読む

BOOCSダイエットQ&A

Q.ホントに夕食をお腹いっぱい食べてもいいの? A.たくさん食べても大丈夫。大切なのは、「満足感」です。 「朝よりも、夜食べるほうが太りやすい」といわれていますが、BOOCSダイエットは、食事の満足感によって脳疲... 続きを読む

BOOCSダイエット成功体験談(3)

お酒が大好きだから、仕事のあとは毎晩居酒屋へ直行。 お酒も料理も思いっきり楽しんで、1年間でマイナス16kg! K・Kさん(42才) -体験者DATA- 身長:155cm

年齢:42才

減量体重:... 続きを読む

「脳疲労」を癒してやれば、自然に【太る脳】が【やせる脳】に

「脳疲労」を癒してやれば、自然に【太る脳】が【やせる脳】に変わり、無理なく、らくにダイエットができる ●解説してくれる人 鈴木内科クリニック院長/鈴木秀樹 ●先生のプロフィール 1... 続きを読む

今のライフスタイルのままでOK!夜食べても太らないダイエット

「夜ごはんを食べる時間が遅くて・・・・・・。でも夜食べると太るし・・・・・・」。いいえ、そんなことはありません!
夜ごはんを食べてもヤセ体質になれる方法はあるんです!
ここで紹介する6つの原則とダイエ... 続きを読む

タイプ別食事法&アドバイスをCHECK!

STEP1
タイプ別食事法&アドバイスをCHECK! 夜遅くに食べがちタイプ 夕飯が高カロリータイプ 食べる時間が不規則タイプ 一人暮らしで夕飯は1品タイプ 夜ごはんは減らすタイプ ... 続きを読む

今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ