お風呂でリンパマッサージの方法と効果

主なリンパの位置と症状をチェック

主なリンパの位置と症状をまずCHECK!

首のつけ根(頸部リンパ節)
全身にある約800個のリンパ節のうち、なんとおよそ300個が首の周辺に集中。ここが滞ると肩や首のこり、頭痛、自律神経の乱れなどが起こる。

鎖骨(鎖骨リンパ節)
すべてのリンパは、最終的に鎖骨付近にある太いりんぱ幹に合流し静脈に流れ込んでいる。ここが滞ると倦怠感、肌トラブル、老化などが起こりやすくなる。

わきの下(腋窩リンパ節)
腕や胸元からのマッサージは、わきの下へ向けて流していくのが基本。ここが滞ると、二の腕がたるむ、手指がむくむなどの症状があらわれる。

足のつけ根(鼠径リンパ節)
首の周辺の次にリンパ節が集中しているのが足のつけ根。ここが滞ると腰痛や下半身太りのほか、生理痛、内臓機能の低下も起こりやすくなる。

膝の裏(膝窩リンパ節)
足に流れるリンパの中継点。ここが滞ると、膝痛、足のむくみ、冷えなどが起こる。足やせを期待する場合は、ここを刺激してからマッサージするとよい。


ドロドロリンパからさらさらリンパへ リンパ管の流れぐあいで健康度がわかる

 リンパ管は、動脈や静脈といった血管が体じゅうに分布しているのと同様に、私たちの体じゅうに張りめぐらされています。リンパ管のなかを流れているのは、細胞と細胞の間にある組織間液という液体が集まった、リンパ液と呼ばれるものです。
 長時間すわっていたり、血行が悪くなることで起こるむくみは、本来リンパ管へと流れていくはずの組織間液が細胞間にどんどんたまってしまった状態のこと。リンパ管がスムーズに流れていれば、むくむことはないのです。

 では、むくみをそのまま放置するとどうなるのでしょうか? 組織間液には、アルブミンというタンパク質の一種が含まれています。このアルブミンには、各細胞に栄養を送り届けるとともに、細胞で生じた老廃物や疲労物質をリンパ管へと運ぶ働きがあります。
 そのため、組織間液がたまり、アルブミンが循環できなくなってしまうと、細胞は栄養不足になるばかりか、老廃物や疲労物質がそのまま蓄積されてしまいます。これを放置すれば、細胞は老化し、体は疲れていくいっぽうです。むくんでふくれた手足、顔は見た目だってよくありません。
 老廃物がたまり、流れが悪くなったドロドロリンパをスムーズに流れさせる方法、それが今回のテーマ、リンパマッサージなのです。

(編集・制作 (株)主婦の友社)


ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ