バストアップマッサージの方法と効果

バストアップマッサージの効果

リンパや経絡が多くあるバストを刺激すれば、バストアップできるばかりか、女性疾患の改善も!

銀座ナチュラルタイム総院長 渡辺佳子先生

バストのマッサージは若返りやダイエットにも効果を発揮する

 私たちの体には、リンパ管と呼ばれる管が網の目のように張りめぐらされています。このリンパ管の中を流れているのがリンパ液です。そこには、細胞と細胞の間にある組織間液が含まれています。リンパ液には、各細胞で生じた老廃物や疲労物質を体外へ排泄する働きと免疫の機能があります。
 したがって、なんらかの原因でリンパの流れが悪くなると、体内に余分な水分や老廃物がとどこおってしまい、体のむくみやこり、冷え、便秘など、さまざまな不調を招くことになってしまいます。さらには、お腹や足だけが太る、二の腕がたるむ、顔が大きく見えるなど、部分的な肥満となってあらわれることもあります。
 マッサージによってリンパの流れをよくするというのは、健康で若々しい体を維持するために、とても有効な手段です。そして、胸の周辺には、健康にかかわるリンパやツボが多く集まっているのです。とくに、胸の外側からわきの下のくぼみあたりは、リンパ管が多く集まっていて、腋窩リンパ節と呼ばれています。つまり、バスト周辺をマッサージすれば、リンパの流れがよくなってさまざまな不調をとり除くことができるというわけなのです。

刺激しないのはもったいない!

胸とわきの周辺には、リンパ節が集中し、さらには、多くの経絡が通っている。マッサージでリンパと経絡の流れをよくすれば、不快症状を改善することが可能


女性ホルモンの分泌を促して張りのあるバストをつくる

 バスト周辺にあるのは、リンパだけではありません。生命エネルギーの通り道である経絡も多く通っています。皆さんが鍼灸の治療でよく耳にするツボというのは、この経絡上の反応点のこと。ツボを押して刺激すると、体調がよくなるのは、経絡を流れる「気血」(東洋医学でいう、生命エネルギーのようなもの)の流れがよくなるからです。
 私たちの体には、14本の経絡が通っているのですが、その多くが胸の周辺を通り、全身に伸びています。胸やわきからスタートしている経絡もあるほどで、ツボの数も非常に多くあります。
バストを通る代表的な経絡は、腎経と胃経です。「腎」は、生命維持に欠かせない元気や精気をつかさどる経絡で、発育や生殖に深くかかわっています。腎経の流れが滞ると、無気力や不眠、不妊になったり、髪や骨が弱くなったりするとされています。
 一方、「胃」は、消化器系と関係の深い経絡で、食物を消化して、「気血」を作り出し、全身に行き渡らせる働きがあります。したがって、健康であるためには、胃経の流れが正常であることが重要になります。
 バストマッサージは、もちろん美容面でも効果が期待できます。というのも、腋窩リンパ節の周辺を刺激すると、経絡やツボの効果だけでなく、女性ホルモンの分泌を促すので、バストアップにもなります。年齢とともに、トップバストが下がってしまった、更年期障害が気になるというかたには、とくにおすすめで、アンチエイジングにも効果を発揮します。
 さらに、自分の手でバストにふれて、さすることで乳ガンの早期発見につながるなどのメリットもあります。健康なうちから、自分でバストマッサージを行って、乳ガンを早期発見されたケースも少なくありません。
 バストというのは、治療院やエステなどでマッサージしてもらうには、抵抗を感じる部位だと思います。できる範囲でもきょうからセルフケアを行い、美と健康を保つために、恥ずかしがらずに、ぜひ試してみてください。

渡辺佳子先生PROFILE

銀座ナチュラルタイム総院長。経絡リンパマッサージ協会会長。
経絡リンパマッサージの第一人者。鍼・灸・按摩マッサージ指圧師の資格を持ち、そのプロを養成する教員資格を持つ。すべての女性が元気でキレイに輝ける人生の応援のためにスクールやセミナー、雑誌、TVなどで活躍中。
最新刊「1分リンパダイエット」(大和書房)。著書は、32冊を超え海外翻訳本も多数。

http://www.naturaltime.jp/



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ