炭酸風呂ダイエットの方法と効果

炭酸風呂がダイエットにオススメのワケ

ガマンなし、ストレスなし! 疲れやすい時期だからこそ 炭酸ダイエット

身近に存在する炭酸は、実はダイエットの強い味方! 話題の炭酸水を飲むことでももちろん、
炭酸風呂に入って、気泡を皮膚から取り入れるのも効果的なのです!
疲れがたまりやすい時期だからこそ、疲れをオフするパワーもある”炭酸”で、
この機会にダイエットしてみませんか。

炭酸パワーがダイエットにオススメなワケ

1.エネルギー消費をUP

炭酸ガスが血管内に入ると酸素不足になり、血流が増加します。これが、走っているときと同じような体の状態を生み、代謝を上げダイエットに役立つのです。

2.体内環境を改善

人間の体は、普通に生活しているだけ酸性に傾いていき、老化していきます。炭酸ガスには、これを中和し、体内環境を改善する働きがあります。

3.飲めば食欲コントロール

炭酸水を飲むと炭酸ガスが胃の中でふくらみ、満腹感が得られます。また、炭酸ガスには、腸のぜん動運動を促し、デトックス効果もあります。

Profile 平石クリニック院長 平石貴久先生

有名スポーツ選手も多く通う、東京都港区の平石クリニック院長。テレビや講演などでも活躍中で、昨今の重曹や炭酸ブームの火つけ役でもある。著書に『「美」炭酸ライフ始めよう。』(ベースボール・マガジン社)、『炭酸ガス入浴健康法』(主婦の友社)ほか多数。
http://www.hiraishiclinic.com/

出典 主婦の友社『mina』 撮影/美穂 イラスト/渡辺優子



この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

効果的な炭酸風呂の入り方ルール

1 炭酸風呂DE エネルギー消費をUP 炭酸ガスを皮膚から吸収 炭酸ガスを体内にとり入れる方法は、炭酸水を飲むことだけでなく、炭酸ガスが溶けた湯につかることで、皮膚から吸収することができます。炭酸ガスの濃度が高い... 続きを読む

休みに行きたい!炭酸水の温泉

2 炭酸風呂DE 体内環境を改善 炭酸風呂に入ると体の中で起きるコト 体内環境を改善 人間の体は、運動をしたり普通に生活しているだけでも酸性に傾いていくもの。血液の酸化は、老化や病気を招く危険性も!
炭酸ガスに... 続きを読む

ただ飲むだけ、ストレスなし!炭酸水ダイエット

「3週間で3kgやせた!」の声続出! もともと炭酸ガス(二酸化炭素)入りの「ガスウォーター」は西洋では水同様にポピュラーな飲み物。炭酸には「血管の拡張」「代謝アップ」「便秘解消」「疲労回復」「ダイエット... 続きを読む

もっと手軽に炭酸足浴もオススメ

3 炭酸水を飲めば食欲コントロール もっと手軽に炭酸足浴もオススメ! 炭酸風呂よりも手軽な足浴。足だけでも血行促進には効果的です。 冷え性やむくみやすい人はぜひトライしてみてください。 ... 続きを読む

「炭酸美容」はなぜ良い?ツルふわ肌になれる簡単美容法!

はじめまして。炭酸美容科家の高橋弘美です。もうすでに「炭酸が美容にいい」ということを聞いている人も多いのではないでしょうか?でも、どういいのか、なぜいいのか答えられない方も多いのでは?炭酸美容は夏のイメージがありますが、実は一年中取り入... 続きを読む

コンドームだけで性病は予防できない? 予防できる病気とできない病気

正しく使用することで、感染を防ぐ確率をアップさせることができるコンドーム。ただし、残念ながら完璧に予防するのは不可能です。注意すべきポイントをまとめてご紹介します。 コンドームで防げない感染経路とは? コンドームは避妊と性感染症の予... 続きを読む

炭酸水ダイエットの理論

食欲のコントロールに炭酸が役立つ!炭酸が健康維持やダイエットに関して薬理的な効能を持つことは有名ですが、今回の「炭酸ダイエット」でのカギは炭酸が持つスッキリ感と満腹感。自分で炭酸水を作って飲んでいくだけで、食生活にひそむ... 続きを読む

「一食抜き」ダイエットが成功しないワケ

食事で摂取するカロリーを調節するため「1日2食」におさえているのに、どうしてやせないの?そんな場合は、“低代謝”に陥っている可能性があります。 「一食抜き」ダイエットが成功しないワケ 「一食抜き」の落とし穴 食べ過ぎてしまったときのリセ... 続きを読む

ダイエットレシピ グレープフルーツの炭酸ゼリー

あさりとキャベツのぺペロンチーノに合うラクラクサブおかず グレープフルーツの炭酸ゼリー ビタミンが詰まった大きめ果肉で美人度上昇! 81kcal(1人分) 材... 続きを読む

炭酸水ダイエットのやり方

こんなに簡単!
炭酸ダイエット 重曹 小さじ1/2(約1g)と 重曹は掃除用ではなく、「医薬品」と表記のあるものを。薬局で指定のうえ買ってください。なお、ナトリウムを含むため、1日5g以上摂取しないのが重要。... 続きを読む

今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ