やせた人に学ぶ:体重計に乗るのを楽しむ

体重計を自分の味方にしてしまおう

 どうも最近、洋服がきつくなったみたい……。

 そんなときは体重計に乗るのもつい敬遠してしまいますが、「毎日、朝夕の2回、体重計測。0.5kgでも減っていると勇気百倍。目にみえる結果ってマンネリ打破に絶対必要」と体験談に記しているのは33才の主婦、千春さん。41才の主婦、みつ江も「低インシュリンダイエットを始めた日は、体重が63kg。そして次の日は67.2kg。3日目は66.8kgと、1日に400〜600gずつ、確実に減っていきました。毎朝トイレに行ったあと、『きょうはどのくらい減っているのかな』と体重計に乗るのが楽しくなってきました」と言っています。

 4.1kgの減量に成功した34才の主婦、亜紀子さんもまた、体重が毎日100gずつ減っていくのを楽しみにダイエットを続けた1人。100gと聞くと少ない気がしてしまうけれど、豚肉の100gを想像してみれば、けっしてそうでもありませんよね。

 見た目や自分自身でも実感はしにくいけれど、数字としてあらわれれば、たとえ100gだってマイナスはマイナス。太っているときには乗るのもコワイ体重計ですが、毎日の大きな励みになるのも、また体重計(数値)なのです。少しでも数字が減りはじめて、体重計に乗るのが楽しみになったら、もうこっちのものです!



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ