早川義修のほぐしボディーワークの方法と効果

本当の自分を隠している人は太ももが太い

体の中でもっとも大きな筋肉が集まっている太もも。進みたい方向へ体を運ぶという役割を持つ太ももは、本当の自分が望む生き方や方向性をコントロールするという役割があります。理想の自分を隠して現実に不満がつのると、ストレスから機能が低下して脂肪をためこんでしまうのです。 太ももの前面をよくもみほぐして、自分を守るために硬く縮こまった筋肉にしなやかさを取り戻し、代謝をアップさせましょう。根気よくケアをすれば、セルライトも消えて、スラリとした脚を作ることができます。

  1. イスに軽く座り、両足を楽に開く

  2. 左足の太ももの付け根(そけい部)に、両手の親指を重ねるようにして置く

  3. 痛気持ちいいくらいの軽い圧を加えながら、付け根から膝頭まで親指を滑らせる

  4. 膝のお皿の形が出るように、親指でぐりぐりと膝頭をもみほぐす。これを5回繰り返す。同様に右足でも行う

早川義修から あなたへ

あなたの体の言い分をちゃんと聞くことからはじまる

はじめまして。早川義修です。実を言うと私はダイエットのプロではありません。えー!では、なぜこのコーナーを担当するのかって? どうかご心配なく。私は美しいスタイルをつくるプロ中のプロですから。みなさんがダイエットをなさるのはきれいになりたいからでしょう。その願いを叶えるために私の「マジック」を学んでほしいのです。さて、その「マジック」のタネや仕掛けは実に簡単。ほぐして柔らかくすること。簡単でしょ。誰にでもすぐにできます。ただ、簡単だからこそ奥が深いのです。初心者のみなさんはとにかく自分の体を直に触ってみることから始めてください。触ってあげて初めてわかることがたくさんあるはずです。現在のあなたの体の形には必ず意味があって体には体の言い分があります。自分の体に向き合って体の声なき声を聞いてあげましょう。体はあなたにとってかけがえのない一生のパートナーなのですから。



この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ほぐしボディワークで手に入る キレイな体とキレイな心

『心』をおろそかにしていては、ダイエット成功はありえない
どんなダイエットをやってもやせない、効果が出ない、リバウンドしてしまう……。それもそのはず。体ばかりを酷使してダイエットしても、心の疲れが... 続きを読む

真面目で誠実な自分を装う人ほど二の腕が太くなる

二の腕がたるんで見えるのは、筋肉がねじれて、本来持っている腕の長さを使いきれていないから。二の腕の筋肉をねじらせ固まらせる原因は姿勢の悪さです。肩を前に出した猫背姿勢や、脇を締め付ける「気をつけ」の姿勢が、筋肉を収縮... 続きを読む

寝たまま腸もみでがんばり過ぎる自分をリセット

腹筋は本来、誰にでも備わっているもの。それなのに見えないように思えるのは、自分を守るために蓄えたお腹の脂肪に隠れてしまっているからです。がんばり過ぎてストレスが溜まったお腹は、脂肪で固くガードされ緊張状態に。横になる... 続きを読む

理想の自分との葛藤に悩む人は、足首・ふくらはぎがむくんで太い

体重を支える足首と、着地の衝撃を受け止めるふくらはぎは、のしかかるプレッシャーや理想どおりに進まない自分への葛藤を受け止めて、踏ん張る力の象徴です。 頭から足元へ、重力に従って降りてくるストレスは足首にたまると、む... 続きを読む

頭に溜め込んだストレスを吐き出して小顔にみせる

体の中に溜め込んだストレスが、最後にたどり着くのが頭。吐き出せないモヤモヤした感情や行き場のなくなったイライラで、頭はむくんで重たくなり、それを支える首まで緊張して凝り固まってしまいます。我慢強く不器用な人ほど、スト... 続きを読む

早川義修のほぐしボディーワーク体験談


20代後半は体重90kg、ウエスト90cmで、あだ名は「クマちゃん」。キングサイズのTシャツに、ウエストにゴムが入ったスエットパンツばかりでしたが、男性だったこともあって、そんなに気にしていなかったのです。
と... 続きを読む

早川義修のほぐしボディーワークQ&A

どんな風にほぐせばいいの? ほぐし方にこれといったルールはありません。ぎゅっと指で掴んでもよし、さする程度でもよし、拳でぐりぐりと押しつけてもよし、です。ただし、強さは「気持ちいい」がベスト。慣れてきたら「痛気持ち... 続きを読む

欲しい物を掴み取るスレンダーな腕は自由さの象徴

ひじから先の腕は、欲しい物を自由に掴み取る、積極的な自分の表れ。ところが、いつもこぶしを握り締めて自分を抑えている人は、手首が硬く固定されて、自由な動きができなくなってしまいます。 手を広げて伸ばすだけで、先端がす... 続きを読む

キュッと引き締まったヒップは心が安定している証拠

身体の土台である骨盤は、心の土台でもあります。心配事や悩み事を抱えて頭がうなだれていたり、腰が引けてふらふらと揺れ動いていると、骨盤も下向きになってお尻が垂れてしまいます。まず不安のモトを自覚するだけでも気持ちが落ち... 続きを読む

自分を棚に上げたワガママ女はくびれがない

一見大人のようでも中身は子供。いつでも他人と比較して優位にいないと気がすまないワガママな人は、常に内に矛盾を抱えていてお腹が張っているためウエストにくびれがありません。本当の意味で自分に素直になって自然体を心がけまし... 続きを読む

今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ