アマニ油 (ω3=αリノレン酸)

私が注目している栄養成分は油

 油のことを書き出すととめどなく続きます。

 実は、私は油にはかなり思い入れが強く、始めて仕事に就いたのが女子栄養大学付属診療所栄養クリニック(現 女子栄養大学 栄養科学研究所)でした。高脂肪血症のお客様に対して、栄養を中心に食事や運動などの生活習慣を改善していただきながら血液のコレステロールや中性脂肪の値を改善するサポートをしていました。来る日も来る日も私は栄養価計算と脂肪の細かい成分の脂肪酸の計算機を作り出し、毎日の仕事にプラスして、休日もなく、平日でも早朝から閉門時間ぎりぎりまで計算していました。意味があるだろうと思い込んでしていた仕事でした。結果、油にこだわるようになりました。でも、わからないことが多すぎて、私は栄養学を不審に思えてきたのです。それが大学院の進学につながりました。2年間本当によく大学にいました。あまりに大学が好きで住み着いていました。その結果、「わからないことが多いことが当たり前で、わかっていることのほうが少ないんだ」とわかりました。そしてどこにいても現象を見つめてとらえることを学びました。

 大学院でたくさんの学びを得ましたが、そのひとつに大切な映画を武藤先生の授業で耳にしました。油のはなし……、それを5年前に見つけて、それ以降何十回とさまざまな専門学校の授業で学生にみてもらっています。「ロレンツォの油」という映画です。映画の内容を思いながら食品成分表をじっくり眺めていると、ω(オメガ)3と6という油の系統についての解説が目にとまりました。

 注意深く、意識して読むと、ω3の油はさまざまなカラダの中での不可欠な反応に欠かせない成分である糸口が見つかりました。気になり、図書館にこもったり、東武デパートの旭屋書店を立ち読みして(……他にも数多くの書店で専門誌を立ち読みしました。ごめんなさい)わかったことがありました。

  • これが市販されているω3の油

どうやら、ω3の油は炎症を抑える効果がある

 自分の花粉症対策で実施しました。見事!!! 油を使い始めてくしゃみ・鼻水はストップしました。2年目は魚で行いました。実はこの脂肪は魚の油の脂肪酸のEPAやDHAといった特殊な油をカラダの中で作る基なのです。だから、魚を食べなくてもこの油で結構うまくコンディショニングができるのです。私は魚が大好きで、魚はこのEPAやDHAがたっぷり含まれているから、肌のきめを整え、きれいな状態を作るのに欠かせないというのが持論でした。それを今年はオイルでやってみました。結果はごらんあれ!!

  • 大根の葉とノンオイルツナ、キドニービーンズとアマニ油のサラダ。後ろの赤い包みがプレゼント用のアマニ油

今年はアトピー実験をしました

 授業でダイエットマネジメントを行っている東京メディアアカデミーモデル科の学生にモルモッターズとなっていただき、アレルギーの症状が出て、首や手がかさかさになっているお嬢様方4人に油を薦めました。見事! 1週間で変化を気づきました。2週間で周囲の皆さんも変化に気づきました。「すごい!!」誰もが納得するのです。そして帰省のために2週間口にしなかった学生は、がさがさ肌にもどっていました。「Oh!」「ブラボー!!」

私も実験台になりました

 この夏、訳あって独り暮らしをして、野菜中心の食事をしていました。玄関の草木に水をたっぷりまく役も朝晩おこなっていました。蚊に刺されるのです。痒いです。かきました……はっ……もしや!! 油を2食で飲みました。……楽になりました。不思議なものです。この夏はまた、ω3の油に驚きを与えられました。

 4週間前にイタリアに10日間行ってまいりました。魚をほとんど食べず、食べてもたっぷりの油で揚げた魚……揚げると脂肪酸はその油の成分が入れ替わります。これも私としては常識。結果、ω3系の油不足で、肌の状態は荒れ放題で帰国する羽目になりました。

 日本に帰ってまずしたのは、魚を食べたこと!! 母がサケのハラスを焼いていてくれました。ありがとう。そして、イタリア風サラダを思いっきりω3のアマニ油(フラックスオイル)で食べました。今はきめ細かなお肌!! 目の炎症も少なくなりました。

  • バジルとピーマンのパスタにも、仕上げにアマニ油をささっとかけて

「適量をカラダのコンディションを考えてとる」これが大切なんです

 油は食べ過ぎないように現代人は気をつけています。それも私は間違っていると思います。

 油を意識しないと、アレルギーは起こります。
 油を極力とらない工夫をすると……深いしわができます。
 油を選ばないと……キレやすくなります(この話はまた今度お話します)。
 油は意味がありそうです。もっと勉強します。

ω3の摂取方法

 じゃ、私はどうやって、ω3の油をアマニ油(亜麻仁油・フラックスオイルとも呼ばれます)やエゴマ油でとっているかというと……毎食、小さじ1杯ずつ料理にかけていただきます。特に魚がない食事には必ずです。口をあけたら、必ず冷蔵保存。食べる直前に冷蔵庫から出して、かけてすぐしまう。高い油なのでもったいないから必ず野菜やパンやごはんでふき取って食べきる……なんてこともしています。(ビンボー症ですが、天然の食材から生まれた油をありがたくいただく……これが本当のところです。)お昼のまかないがこんな感じの食事です。油をさっと小さじ1杯かけていただきます。

 ちなみに、この記事のために作ったサラダと大切な人々へのプレゼント用の油の包み。ささっと大根の葉とノンオイルツナ缶とキドニービーンズをボールにあわせて、塩コショウ。オイルをかけて、レモン汁を絞ったらサラダになりました。常時、我が家には数本のストックがあります。でも、気前よく差し上げすぎて、実は結構大変なのが本音です。でも皆さんが良くなって下さって、そしてまた分けてくださいっておっしゃられると……ついまた一本差し上げたくなるものです。私、ω3の業者になろうかしら。どなたか輸入をサポートしてくださいませんか? ……あまりの反響に本気で考える今日この頃です。

  • なんとラーメンにも、上からかけて食べてしまいます



この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

亜麻仁油(アマニ油)の美容だけじゃない様々な効果とは

亜麻仁油(アマニ油)とは、最近になってブームの兆しを見せているスーパーフードに仲間入りを果たしている油です。しかし、亜麻仁油のことはあまり詳しく知らないという人は多いようです。美容に良いと言われている亜麻仁油ですが、美容以外にも効果が期... 続きを読む

【レシピ】すりおろしにんじんとアマニ油のドレッシング!サラダをよりヘルシーにしよう♪

美容と健康のために野菜をいっぱい食べようと思っている方は多いはず。色とりどりの旬の野菜を盛ったサラダは見た目もきれいで美味しいですよね。せっかく野菜をたくさん摂るのならドレッシングにも気を配ってよりヘルシーサラダにしてみませんか?すりお... 続きを読む

白菜ダイエットコラム 豊富に含まれる「n‐3 系列のα‐リノレン酸」が、肥満を予防する

みずほ先生コラム
旬!の野菜、カラダにちょっとイイ話 白菜は東洋を代表する野菜のひとつです。加熱すると体内の余分な熱を冷ます作用があるため風邪で熱があるときに効果があるといわれています。さらにビタミン類やミネラル類がバ... 続きを読む

好意を寄せられている女性からきてドン引きするメールのフレーズランキング

なんで返信くれないの?私って嫌われちゃったの?(`;ω;´) 今日わたし誕生日なんですぅ(pェ・q)チラリンコ♪ おやChu(((*・ω・(ε・* )))uuh! みぃ★ ... 続きを読む

フラックスシード

αリノレン酸を豊富に含んだフラックスシード
連載第2回で紹介しました「アマニ油」の原料であるフラックスのタネ、フラックスシードを紹介します。アマニ油(フラックスオイル・フラックスシードオイル)は、オメガ3系の脂肪... 続きを読む

簡単!カラフル!寒天メニュー

ダイエット中もきれいで元気をキープ
最近はまったもの、寒天。実はNHK「ためしてガッテン」の「計るだけダイエット」、21日分の夕食レシピを作ったのです。特徴が毎食180cc分の寒天を食べる、ということ。それに... 続きを読む

クリスマスに女の子が作ってくれたら惚れそうな手作り料理ランキング

牛肉の赤ワイン煮 ローストビーフ パイ包み焼き クリームシチュー グラタン ... 続きを読む

思わずひいてしまう好きな異性からのメールランキング

ギャル文字を多用している 「〜にゃあ」「〜わん」など動物ことばの甘え口調を使っている 下品な発言が多い 名前を間違われている 誤... 続きを読む

岡田斗司夫先生に聞く!レコーディングダイエット

2007年の夏に登場した「食事メモを取るだけでやせる」という驚きのダイエット方法。しかも、実践・開発したのはまんまるい体がトレードマークでさえあったオタク学の権威。またたくまにブームとなり、雑... 続きを読む

平野美由紀のプロフィール

わたしは……こんな人
平野美由紀 ダイエットデザイナーズ主催 管理栄養士・健康運動指導http://diet-designers.com/ 「食」が「人」を「良」くすることを信じて、食を道具に一人ひとりのミカ... 続きを読む

今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ