[4グループ・お腹の筋トレ]

パソコンの操作をしながら 上体後ろ倒し腹筋 [4グループ・お腹の筋トレ]

●1分間の消費カロリー:7.8kcal
●1度に行う目安:6秒×10回または10秒維持×3回
●ながらチャンス度:★★★

お腹のたるみが気になっても、腹筋運動は面倒で長続きしません。でもあきらめることはありません。腹筋は仰向けの姿勢にならなくてもできます。座って行う腹筋運動は、ほとんど腹筋だけに集中して鍛えられるため、お腹シェイプに最適な方法です。

  • 姿勢

    両足をそろえて、椅子に浅く座りなおす(座面の3分の1くらい)。背中を少し丸めて、あごを引き、お腹にギュット力を込めてへこます。

  • 動作

    上体を後ろへゆっくり4秒かけて倒し、ゆっくり戻す。さらに背もたれにつく直前で止め、10秒キープする。腰を反らせると腰椎に負担がかかり、腰痛になることがあるので注意。

  • 余裕があれば

    上体ねじりぎ
    元に戻すときに、上体を左右に大きくねじるとわき腹の引き締めにもなる。

■ココに効く!!

・お腹の引き締め
・わき腹の引き締め
・基礎代謝アップ

■どこでもながらチャンス

・テレビを見ながら
・電話をしながら



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ