筋トレダイエット 胸の筋肉編の方法と効果

筋肉トピックス gooダイエットユーザー100人のバストアンケート 結果発表!

 女性らしさを象徴するバスト。けれど、ひとりひとりの顔や体型が違うように、バストも人それぞれです。また、ダイエット中はサイズをキープできるかが大きな問題に。そこで、今回はgooダイエットユーザー100人のバストの実態を調査しました!
調査期間:2005年11月17日~12月5日

Q1.ずばり、あなたは何カップ?

円グラフ

gooダイエットユーザーはBカップが優勢

 Bカップとの回答が、全体の約1/4を占める結果になりました。次点はDカップ。注目したいのがBとDの間に位置するCカップです。経験上ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ブラジャーの種類によっては1サイズ上や下のサイズが合うということはよくあること。ですから、Bカップ寄りの小さめのCカップさん、Dカップ寄りの大きめのCカップさんがそれぞれ存在すると思われます。この結果から、Cカップを境に「小さめさん」「大きめさん」がほぼ半々に分かれていると言えそうです。ブラのカップに関して、エピソードをひとつ。
「母が産後の姉のためにブラを買ってきたのですが、姉は『こんなのつけられません』とのこと。どんなのを買ってきたかと思えばFカップのブラ。姉はCカップなのですが、母は『Fってフリーサイズの事でしょ?』だって! ブラにフリーサイズなんてないだろぉ!!!」(てんてん・24才)


Q2.ダイエットでバストが小さくなったことがありますか?

円グラフ

約7割が、ダイエットでのサイズダウン経験あり!

 グラフのとおり、半数以上のユーザーがダイエットでバストが小さくなったと答えています。ダイエットを始めると上半身から痩せていくという話を良く聞きますが、これは女性にとって由々しき問題。
「ダイエットで13キロやせたけど、バストも減ってしまいました。CカップからAカップに…。今は若干リバウンドしてBカップになりましたが、ぜい肉もついてしまいました…」(なっち・24才)
「ダイエットをしてBMIを19台まで落としたら、胸が“乳首だけの付いている壁”状態になってしまった。とりあえず、2サイズアップブラというのを付けて周囲の目をごまかしている」(サラジェーン・40才)

  このような体験談は、短期間に5キロ以上やせたというユーザーから特に多く寄せられました。無理なダイエットは健康のためにもバストのためにも禁物です!


Q3.あなたのバストの悩みは?

円グラフ

悩みはボリュームの少なさに集中

 Q2の「ダイエットでバストが小さくなったことがある」という回答が7割もあったように、バストの小ささを悩みとして挙げる人が最も多いことがわかります。反対に「大きすぎる」といった悩みは、7人とごくわずか。けれども、「垂れている」と答えた人のカップを別集計したところ、25人中22人がCカップ以上の大きめさんということが判明しました。大きめさんの悩みはサイズそのものより、その大きさゆえ抗うことの難しい重力にあるよう。そのほか「悩みはない」と答えた(うらやましい!)美乳の持ち主が9名ほどいらっしゃいました。

 選択肢以外の自由記入欄には、「固い」「離れている」「乳輪が大きい」「乳輪に太い毛が生えている」「鳩胸」「大きいので肩が凝る」などの回答が寄せられています。また、サイズの大小に関わらず男性の目を気にするといった悩みも多く見受けられました。


Q4.どんなバストケアをしていますか?

円グラフ

特に何もせずが約半数

 Q3では100人中94人がバストになんらかの悩みを抱えているという結果が出たものの、ケアは特に何もしていないと答えた人が約半数! gooダイエットはダイエット専門サイトなので、バストのケアよりも体重管理やひきしめがユーザーの最重要課題であるのは間違いありませんが、効果の出そうなものにはとりあえずチャレンジしてみる、といった傾向の強いgooダイエットユーザーらしからぬ意外な結果となりました。

「ケアをしている」という回答で一番多かったマッサージやトレーニングですが、今月のテーマでもある胸の筋肉(大胸筋)にはたらきかけるトレーニングは、継続的に行えばバストアップやバストの垂れ防止に効果があります。また、毎日身につける下着も今後のバストの形を左右する重要なもの。全ての人にバストのケアが必要とは言えませんが、女性らしいボディラインを保ちながら、健康的に美しくやせられるのが理想ですね。


gooダイエットユーザーのバストに関するエピソード

「小さめ」さんのエピソード

「大きくしたくて一回掃除機で吸ってみたら、吸い付きすぎて、跡はつくし痛いし最悪でした(>_<)もう一生しません…」(まき・19才)

「結婚式の衣装で『当日はパット入れればいいね』と衣装さんが言ってたのに、忘れられて、ブカブカに浮いたままで式をしました(*TдT*)」(もも・27才)

「ブラがパットで重いので洗濯で干してあると物干がブラのほうに傾きます」(くみあす・31才)

「Dカップの友人のブラを借りて詰め物をして着けてみた時、二の腕の内側に胸が当たるのを発見。友人に『胸が腕に当たる!』と報告したら『何いってるの当たり前じゃん』と呆れられた。そりゃそうだとは思ったけど、自分では面白い体験でした」(みき・27才)


「大きめ」さんのエピソード

「学生時代の体育の時のランニングで、胸が揺れ、毛細血管が切れて、青い内出血ができた…」(くまたろう・26才)

「中学校の頃、スポーツテストで斜懸垂をやったのですが、鉄棒の高さの基準が“バストの位置”。自分のバストは人より少し低い位置にあるのでいつも斜懸垂のできる鉄棒がないと先生を困らせていました。今もそのトラウマがあってブラジャーでバスト位置をしっかり上げないと気がすみません~」(よっち・30才)

「会社の先輩に言われて恥ずかしくなった話。当時私はEカップあり、割とぴたっと服を着ていました。ある日休憩していると『お前のオッパイ机に乗っかってるよー。いやー、ありがとうありがとう』と感謝されてしまいました。いつも下ネタで笑わせてくれてた先輩なので悪い気はしませんでしたが、みんなの前で言われたので恥ずかしかった!」(ぷにまる・25才)


偉大なる母(出産経験者)のエピソード

「まだ赤ちゃんが生まれたばかりのときに、なかなか母乳がでなくて、絞りまくった。結果、志村けんのおばあちゃんばりに乳が垂れた(涙)」(★りょう♪☆・32才)

「妊娠前の体型に戻りたくて、ダイエットしたら胸がなくなってしまった。子どもにお乳をお風呂に流して失敗だったね。と言われた。搾乳した母乳を捨てていたのでそのままバストも流してしまったと思っている様子です…」(四十路・36才)

「母乳で二人育てた友人が、『私のバストは長い!』と自慢していた」(もっちゃん・36才)

「三人も授乳するとしぼんだ風船のようになって、お風呂で浮くんです(。>0<。)ビェェン」(友紀・38才)

「ダイエットで12キロ減量できたのですが、娘に胸をみられて、『母さんのブラは、すごいちからだね…』と。それに、吉本新喜劇の桑原和子さんみたいだと」(ブーフーウー・46才)


バストアップ体験談

「少林寺拳法を高校生の時にしていました。しかし、引退してからバストがサイズが変わっていないのに小さく見えるようになったんです。ある時、気付いたんです。垂れたのだと!! 少林寺拳法では何回も合掌礼をするのですが、引退して合掌礼をする習慣がなくなったので、バストの上の肉が下に落ちてしまったんです!! それ以来、本やまくらなどを手に挟んで合掌礼をするバストアップ(綺麗に見える方法?)を実践しています。まだ大きな効果はありませんが、垂れはなくなってきた気がします」(ダイエッターさや・22才)

「ダイエットを始めたとき、バスト維持にテレビで良いと言っていた豆乳とトロロ昆布を毎日欠かさず摂取していたら、体重は9キロ減ったのにバストに変化はありませんでした」(ヴェア・18才)

「中学のときに“バストを大きくするには豆がいい”と聞いて、給食のときに友達と豆ばかりおかわりしていました」(けねり・18才)


バストの悩みは自分に合ったブラ選びで解消しよう!

自分にぴったり合ったブラを選べば、悩みも吹き飛び見た目も気持ちもハッピーに。ブラジャー研究家 青山まりさんに悩みタイプ別のブラジャーを紹介していただきました。

 ブラのタイプは、おもなタイプにプッシュアップ型、フルカップ型、リフトアップ型があります。小さいバストを大きくしたい人は、プッシュアップ型のブラで脇に流れたお肉をカップの中に集めます。このブラは、美しい谷間をつくり、デコルテラインが盛り上がるのを手伝ってくれます。大きいバストの人は、フルカップ型のブラを使えば、大きいバストをしっかりとバスト全体を包み込んで目立たなくさせることができます。下垂を気にしている人は、リフトアップ型のブラを使えば、しっかりとバストを高い位置にキープすることができます。人間の体型は、十人十色です。胴の形にしても丸胴、扁平胴など、いろいろな形があります。バストの形にしても同じです。ですので、同じC75サイズのバストサイズだからといって、C75サイズ表示の同じブラが合うとは限りません。ブラは必ず試着をし、サイズ表示がたとえ違うサイズを示していても、身体に合うもののほうを選ぶということを心がけましょう。

  • プッシュアップ型ブラ
    モテブラ \4,095~/イマージュ コレクション

  • フルカップ型ブラ
    BISBIS 癒しのブラ \6,615~/木屋


  • リフトアップ型ブラ
    コレール #9475 \10,290/ヒグレ インターナショナル

青山まりさん

ブラジャー研究家、講演・テレビ・女性誌で活躍中。朝日カルチャーセンター講師。日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2005」受賞(キャリアクリエイト部門)著書に「ブラの本」(サンマーク出版)ほか多数。
青山まりさんのHP「ミモザクラブ」はこちら→



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ