きれいになるツボ・やせるツボの方法と効果

生理痛解消のツボ

聞いて、ツボンド先生

ツボンド先生、言いにくいんだけど……生理痛がひどいの。お腹が痛いからあたためなきゃと思うけど、重ね着すると暑い! つらいのにどうしようもないこの苦痛。仕事場でつらくても、ボスに早退願いは出せないし、その場で痛みを和らげられるツボはないかしら?


まかせなさい!

生理痛の東洋医学的発生メカニズムは「熱」にあり! 東洋医学では気(き)が滞ると血も滞ると考えられており、気の「熱」のバランスをうまくコントロールすることで血流が改善される。

しかし、昔と違って現代の女性は自身の「熱」をコントロールしにくい時代に生きている。過度のクーラー、日常はストレスに満ち、トレンドを追ったファッションをするなら薄着も我慢しちゃうし、毎晩の晩酌も止められない!! というのが君達だ。この「熱」をコントロールしにくい現代の生活環境が、生理痛を辛くしているモトなんだよ。

そこで、各個人の「熱」のバランスが崩れる原因を4つのタイプに分け、それぞれの生理痛を和らげるツボを処方してみた。君の症状はどれかな? 薬局でゲットできる千年灸で温めてみるのもいいと思うぞ! 服を脱ぐから温かい部屋で、体を冷やさないようにね。


1.毎日をがんばりすぎる人の生理痛

仕事、運動などの肉体疲労で体の火照った状態が続き、気の「熱」の部分が強くなってしまう人は、気を冷やす力が弱くなっているんだ。その熱のバランスの悪さが、血液の循環を悪くしているよ。

名称
腎喩(じんゆ)

取穴方法
骨盤はアーチのような曲線を描いている。そのアーチの頂点を探してみよう。おじぎをしてみて指で探ってみるとわかりやすい。お尻の上部に二つ、特にでっぱった骨盤の高い部分を見つけられるかな? 次に、その二つの頂点を結んだ横線と、背骨が交差した部分を指でなぞってみてくれ。その位置から背骨の関節二つ分、上に上がったところが腎喩。

指圧方法
親指で優しく押そう。


名称
照海(しょうかい)

取穴方法
足の内くるぶしの下に指一本下がったところ。押して響くところがあるはず。

指圧方法
親指で、くるぶしの骨に向かって押そう。


名称
関元(かんげん)

取穴方法
おへそから指四本分下がったあたり。

指圧方法
マッサージするように優しく押します。


名称
足三里(あしさんり)

取穴方法
脚の骨を触りながら上がっていくと、膝下あたりに骨がステッキの柄のようにポコッと出ているところがある。そこから外側にある1つ目の筋肉の端が足三里。

指圧方法
親指で筋肉を引っ掛けるように押します。


2.大酒飲みの生理痛

大酒飲みで肝臓の血液循環が悪くなっている人や、体質的に熱病(扁桃炎など)になりやすい人がこのタイプ。このタイプの生理痛は、頭痛、肩凝り、便秘を伴うことが多い。

名称
照海(しょうかい)

取穴方法
足の内くるぶしの下に指一本下がったところ。押して響くところがあるはず。

指圧方法
親指で、くるぶしの骨に向かって押そう。


名称
膈喩(かくゆ)

取穴方法
左右の肩甲骨の下を結んだ横線と、背骨が交差する位置。背骨とそれを両側から挟む筋肉の間。

指圧方法
左右の筋肉で硬い方は強く、柔らかい方は優しく押して。


名称
肝喩(かんゆ)

取穴方法
左右の肩甲骨の下部を結んだ横線と、背骨が交差する位置(つまり膈喩)から背骨二つ分下にあります。背骨と、両脇から挟む筋肉の間が肝喩。

指圧方法
親指で柔らかく押そう。


3.最低最悪に生理痛が重い人の生理痛

下腹部が張ったように痛む人。大酒のみタイプがさらに悪化するとこの状態になるんだ。傷つけられている熱が体のどこかにたまってしまっているから、「気」の流れを良くしていこう。三陰交と血海は押してみて、痛い方があなたに必要なツボです。

名称
三陰交(さんいんこう)

取穴方法
足の内くるぶしから指四本分上がったところ。骨とその後ろ側の筋肉の間が三陰交。

指圧方法
親指で筋肉を引っ掛けるようにして、優しく押そう。


名称
血海(けっかい)

取穴方法
ひざの皿の内側から指三本分上がった筋肉のあたりで、一番ひびくところ。

指圧方法
親指で優しく。


名称
天枢(てんすう)

取穴方法
おへそから横に指四本分外側の位置から、指一本分下に下がったところ。

指圧方法
マッサージするように押そう。


名称
気海(きうみ)

取穴方法
おへそから指二本分下。おへそと「1」で紹介した関元の間。

指圧方法
マッサージするように押そう。


名称
大腸喩(だいちょうゆ)

取穴方法
「1」の腎喩の取穴方法のプロセスと同様、左右の骨盤上部の出ている骨を見つけたら、その骨を結んだ線と背骨が交差したところ。

指圧方法
背骨に向かって、両側の際から親指で優しく押してみよう。


4.薄着、クーラー、雨季の寒さで生理痛

今時へそだしルックをしている人はいないと思うが、薄着の女性は日頃からご注意。これからの季節、冷たい物を食べ過ぎたり、プールで下半身を冷やすこともあるだろう。そういった環境であり続けると、気、血液ともに不足し、生理通が発生するのだぞ! ツボも第一に温めることが大事。「1」で紹介した腎喩を押し、さらに次リョウも押してみよう。

名称
次リョウ(じりょう)

取穴方法
痛みの強い時に効果的。腎喩で見つけた骨盤上部の出ている骨がある。女性のヒップで、いわゆる「ビーナスのえくぼ」と言われているところだ。その骨の内側の側面に、指が入りやすいところがあるはず。

指圧方法
硬い筋肉を和らげるように押そう。


名称
血海(けっかい)

取穴方法
ひざの皿の内側から指三本分上がった筋肉のあたりで、一番ひびくところ。

指圧方法
親指で優しく。




今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ