大皿のコース料理は進んで取り分けるが勝ち!

自分でやれば少な目に盛れる

 その日にあれこれオーダーできる宴なら、ダイエッター向きのメニューをリクエストすることができるけれど、忘年会でいちばん頭が痛いのは、それすらかなわないコース料理かもしれません。

 ひとりひとりに1品ずつ運ばれる和食の場合は、高カロリーの代表選手でありながらコース料理の定番、揚げ物に手をつけないようにすればなんとかセーフ。

 といっても、場合によっては、取り分け皿のそばに座っている人が、気を利かせてほかの人の分を盛ってくれるなんてパターンも考えられます。盛られた分をすべて完食してしまったら、それこそアウト!

 とくにイタリアンや中華などの大皿料理はその可能性が大なので、そんなときは自ら進んで取り分けてしまいましょう。 そうすれば、自分の分を少な目に盛ることができるうえに「気が利く!」なんて思われて一石二鳥です。

メイン料理までに空腹感をならしておこう

 コース料理の忘年会をじょうずに乗り切るためには、低カロリーで栄養素の整ったものをきちんと見分けることが大事。脂肪分、塩分、油の多いメニューはすべていただくのではなく、残すという選択も必要です。

 コース料理では、基本的に味の薄いものから順々に運ばれてきます。脂肪分、塩分、油の多いメニューは、たいていメインディッシュとして宴もたけなわな頃に出されるもの。

 それを回避するためには、前菜として出てくるサラダや野菜のつけあわせなどをたくさん食べること。味の薄い前菜は、総じてカロリーも低いもの。最初の段階でそれなりに空腹感を抑えておいて、メインのときには食指が動かないようにするのがいいでしょう。


和食なら鍋物など野菜がたくさん摂れるものを中心に。
揚げ物は御法度で


和食のコース料理 カロリー目安表

寄せ鍋コース:820kcal
しゃぶしゃぶコース:790kcal
鶏の水炊き:330kcal

中華料理 カロリー目安表

棒棒鶏:400kcal
白菜のクリーム煮:350kcal
エビチリ:330kcal
鶏肉のピリ辛炒め:311kcal
回鍋肉:394kcal
中華スープ:30kcal
卵スープ:30kcal

韓国料理 カロリー目安表

石焼ビビンバ:684kcal
カルビクッパ:820kcal

洋食 カロリー目安表

パエリア:970kcal
スパゲッティペスカトーレ:870kcal
ブイヤベース:490kcal
ミックスピザ:1020kcal
チキンのトマトソース煮:390kcal
シーフードリゾット:510kcal
ミックスドリア:960kcal
スパゲッティミートソース:968kcal
スパゲッティカルボナーラ:712kcal
スパゲッティボンゴレ:820kcal



今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ