バラエティーミートでダイエットの方法と効果

バラエティー豊かな内臓肉

バラエティー豊かなWorld of バラエティーミート

バラエティーミートは焼肉屋で食べられるものだけがではありません。バラエティーミートは牛だけで28種類もあり、煮込んだり、だしに使用する方が向いているものもあります。また、牛だけでなく、豚や鶏のバラエティーミートにも、栄養があっておいしいものがたくさんあるので、見かけたらぜひ食べてみてください!  そこで、ここでは焼肉屋であまりお目にかかれないバラエティーミートや、牛以外のバラエティーミートをご紹介していきます。


マメ

マメとは腎臓のことです。そら豆のような形をしていることから、この名前がつけらました。

●主な栄養素
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、鉄分

●豆知識
バター焼き、もつ焼き、みそ煮など、炒め物や煮物などの料理に向いています。

131kcal(100gあたり)


ハチノス

牛には胃が4つありますが、ハチノスはそのうちの2番目の胃袋のことです。その名の通り、形状が「蜂の巣」に似ているため、この名前がつけられました。

●主な栄養素
特に注目すべき栄養素はありませんが、ビタミン・ミネラルが少量ずつ含まれています。

●豆知識
固いので焼肉よりも、煮込み料理などの方がおいしくいただけます。

200kcal(100gあたり・ゆでたもの)


ヒモ

ヒモとは小腸のことです。よく大腸と合わせて市販されています。脂質がほかのバラエティーミートに比べて多めです。

●主な栄養素
ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンCを多く含む

●豆知識
焼肉よりも煮込み料理や串焼きなどに使われます。

287kcal(100gあたり)


シマチョウ

シマチョウは大腸のことで、別名「テッチャン」とも呼びます。その昔、財津一郎がCMしていた「〇てっちゃん」でも有名!? 脂質が少し多めなので、ダイエット中は避けた方がベター。

●主な栄養素
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12を少量ずつ含む。

●豆知識
一般的には、ゆでてから、ぶつ切りにされたものが市販されています。煮込みや炒め物の料理に適しています。

162kcal(100gあたり)


コブクロ

コブクロとは子宮のことです。ほかのバラエティーミートに比べて、脂質が少ないのでダイエット中の方にオススメです。

●主な栄養素
(少量ではあるが)ビタミンB2、ビタミンB12、亜鉛など

●豆知識
煮込みなどでいただくのが一般的ですが、新鮮であれば、焼くだけで充分おいしくいただけます(焼肉屋においてある場合は、だいたい豚です)。焼いているときに、はねることがあるので注意してください。串焼きにしても◎。

70kcal(100gあたり・ゆでたもの)


ガツ

ガツとは、豚の胃のことです。それほど臭わないので比較的食べやすいでしょう。ビタミンB2、鉄分を多く含んでいるので、貧血や肌荒れに効果があります。

●主な栄養素
ビタミンB2、鉄分

●豆知識
もつ焼き、煮込料理、酢の物にして食べるとおいしいでしょう。

121kcal(100gあたり)


スナギモ

スナギモとは、鶏のバラエティーミートで、胃を覆っている筋肉の部分です。低脂肪で胃液の分泌を促し、消化をよくする働きがあります。

●主な栄養素
(各栄養素とも少量だが)ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC

●豆知識
一般的には焼き鳥として見かけることが多いでしょう。新鮮であれば生でも食べられます。コリコリとした食感で、軟骨のように弾力があります。

94kcal(100gあたり)




今月のおすすめ【PR】

ダイエットなら、最先端のメソッドを持つティップ.クロス TOKYOへ